アン・ロネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アン・ロネル
Ann Ronell
Ann Ronell NYWTS edit.jpg
アン・ロネル
基本情報
出生名 Ann Rosenblatt
生誕 (1905-12-25) 1905年12月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネブラスカ州オマハ
死没

1993年12月25日(1993-12-25)(88歳)


アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
職業 作詞家作曲家

アン・ロネル (Ann Ronell) として知られた、アン・ローゼンブラット(Ann Rosenblatt、1905年12月25日 - 1993年12月25日)は、アメリカ合衆国作曲家作詞家で、代表作はジャズスタンダード曲柳よ泣いておくれ (Willow Weep for Me)」(1932年)。

生涯[編集]

ロネルは、ネブラスカ州オマハに生まれ、ウォルター・ピストンの下で音楽を学んだ。また、ラドクリフ・カレッジ (Radcliffe College) を卒業した[1]

ロネルは、ドロシー・フィールズダナ・スウィースケイ・スウィフトとともに、女性の作曲家、リブレット作家としては、最初期にハリウッドティン・パン・アレーで成功を収めたひとりとなった。ロネルは、カートゥーン映画『三匹の子ぶた (Three Little Pigs )』のために、ディズニー最初のヒット曲「狼なんか怖くない (Who's Afraid of the Big Bad Wolf?)」をフランク・チャーチルとともに書いた。

ロネルは、ブロードウェイ・ミュージカル『Count Me In』(1942年)の歌詞と音楽を手がけた。彼女が楽曲に歌詞を提供した映画作品には、『シャンパン・ワルツ (Champagne Waltz)』や『封鎖線 (Blockade)』などがあり、映画音楽のスコアを担当した映画には『G・I・ジョウ (The Story of G. I. Joe)』(1945年)や、クルト・ヴァイル/オグデン・ナッシュ (Ogden Nash) のミュージカルを映画化した『ヴィナスの接吻 (One Touch of Venus)』(1948年)、マルクス兄弟の『ラヴ・ハッピー (Love Happy)』などがある。『ブロードウェイへの道 (Main Street to Broadway)』(1953年)では音楽監督を務めた。第18回アカデミー賞では、『G・I・ジョウ』の楽曲「リンダ (Linda)」でアカデミー歌曲賞にノミネートされ、また、この映画のスコアに対して、ルイ・アームストロングとともにアカデミー作曲賞にもノミネートされた。.

ロネルは、一時期ジョージ・ガーシュウィンと恋愛関係にあり、当時彼女が作詞した有名な曲が、「柳よ泣いておくれ (Willow Weep for Me)」であり、ニューヨークの作曲家たちの間では、この曲を実際に書いたのはガーシュウィンで、その著作権を彼女への贈り物としたのではないかという憶測も流れた。しかし、この説は実証されていないが、この曲が、ブルースの影響を受けていたガーシュウィンのスタイルと非常に良く似ていることは確かである。

家族[編集]

ロネルはプロデューサーのレスター・コーワン (Lester Cowan) と結婚した。夫妻の間には子どもはできなかった。

おもな楽曲[編集]

ブロードウェイ作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]