アン・ブラッドストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アン・ブラッドストリート

アン・ブラッドストリートAnne Dudley Bradstreet1612年ごろ - 1672年9月16日)は、アメリカの女性詩人。著書が出版された最初のアメリカ人作家、および著書が出版された最初のアメリカ人の詩人である[1]

父はマサチューセッツ湾植民地総督を務めたトマス・ダドリー、夫もマサチューセッツ湾植民地の最後の総督、サイモン・ブラッドストリート[1]

異端審問を受けた女性聖職者アン・ハッチンソンの友人であったことでも知られる[2]

人物[編集]

イングランドノーサンプトンリンカン伯爵の家令(執事・のちのトマス・ダドリー)の娘として生まれる。16歳でサイモン・ブラッドストリートと結婚し、1610年ピューリタンであった一族とともに迫害を逃れるため、ジョン・ウィンスロップに率いられてマサチューセッツ湾植民地に移住した[1]

詩集『アメリカに生まれた10番目の詩神』は、新大陸における厳しい生活の中で母、妻、主婦としての家族への献身と愛と喪失という普遍的テーマと信仰が歌われており、初期ピューリタンの女性像を伝える貴重な作品となっている[1][2]

8人の子どもを育てながら詩を書いたが[2]、『アメリカに生まれた10番目の詩神』はアンに無断で1650年にロンドンで出版されたものである[1]。アメリカのみならず英文学史上でも最初の女性による詩集とされるが、とくに1678年、アンの死後に発表された新版では神権政治のニューイングランドにおけるピューリタンの女性の、神と信仰に対する大らかさと懐疑、動揺などが赤裸々に歌われている[1]

異端の女性聖職者、アン・ハッチンソンと親交があり、アンの父や夫は追放しようとしたが、友人であり続けた[2]

作品[編集]

  • 詩集『アメリカに生まれた10番目の詩神』(The Tenth Muse Lately Sprung up in America 1650年)
  • わが愛するやさしい夫へ(To My Dear and Loving Husband 1678年)
    ピューリタンの詩で、宗教的なテーマが第一である。夫への愛をきわめて率直に、ユーモラスにうたったもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 瀧田、p.24。
  2. ^ a b c d 女性実力者の系譜-植民地時代「アン・ダドリー・ブラッドストリート」 アメリカンセンターJAPAN日本語版、2018年5月20日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]