アンヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンヴィル
Anvil
Anvil – Headbangers Open Air 2014 01.jpg
ドイツ・ブランデ=ヘルナーキルヒェン公演 (2014年7月)
基本情報
別名 Lips (1978-1981)
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州 トロント
ジャンル ヘヴィメタル
スピードメタル
スラッシュメタル
グラム・メタル
活動期間 1978年 - 現在
レーベル Attic
メタル・ブレイド・レコーズ
Maximum
Hypnotic
マサカー・レコード
ジ・エンド・レコード
SPV/Steamhammer
公式サイト http://www.anvilmetal.com/
メンバー スティーヴ・クドロー
ロブ・ライナー
クリス・ロバートソン
旧メンバー 以下を参照

アンヴィル (Anvil) は、カナダ出身のヘヴィメタルバンド

スティーブ・クドローとロブ・ライナーが1978年に結成し、30年以上にわたり活動を続けている[1]。彼らの演奏は多くのバンドに影響を与えたとされている[2]

現ラインナップ[編集]

  • スティーヴ "リップス" クドロー Steve "Lips" Kudlow - ボーカル/ギター (1978- )
    ヴァイブレーターを使ったギタープレイでも知られる
  • ロブ・ライナー Robb "Geza" Reiner - ドラムス (1978- )
  • クリス "クライスト" ロバートソン Chris "Christ" Robertson - ベース (2014- )
        
スティーヴ・クドロー(Vo/G) 2014年
ロブ・ライナー(Ds) 2014年
クリス・ロバートソン(B) 2014年

旧メンバー[編集]

  • デイヴ・アリソン Dave "Squirrely" Allison - ギター (1978-1989)
  • イアン・ディックソン Ian "Dix" Dickson - ベース (1978-1993)
  • セバスチャン・マリノ Sebastian Marino - ギター (1989-1995)
  • マイク・ダンカン Mike Duncan - ベース (1993-1996)
  • イヴァン・ハード Ivan Hurd - ギター (1995-2007)
  • グレン・ファイブ Glenn "G5" Five - ベース (1996-2012)[3]
  • サル・イタリアノ Sal Italiano - ベース (2012-2014)

ドキュメンタリー映画[編集]

かつてアンヴィルのローディとして働いたことがあるサーシャ・ガヴァシ(映画『ターミナル』脚本)は2005年に彼らに再びコンタクトを取り、彼らのドキュメンタリー映画を撮りたいと要望した。2年間に及ぶ撮影の末映画は完成し、2008年にサンダンス映画祭でプレミア上映された。

日本では2009年10月24日の全国公開に先立ち、同10月20日Zepp Tokyoで一般向け試写会が行われた。本編上映後、スクリーンのうしろにメンバーが控えていて演奏を始めるというサプライズがあり、"Metal on Metal"、"Flying Blind"を演奏した[4]

評価[編集]

前述のとおり、アンヴィルの演奏は現在活躍するヘヴィメタルやハードロックミュージシャン達に影響を与えたとされていて、映画内のインタビューでは以下のような発言がある。

ラーズ・ウルリッヒメタリカのドラマー)
  • アンヴィルが登場したときは衝撃だった。音楽業界をひっくり返すと思ったね。
  • ロブ・ライナーは今まで俺が見た中で、ぶっちぎりで凄いドラマーだよ。最強のメタル・ドラマーだ。
スコット・イアンアンスラックス
  • 挑戦状を叩きつけられた気分だったよ。この音がお前らに出せるか…ってね。
  • あんな奴には勝てねえ、って思ったね。
トム・アラヤスレイヤー
レミー・キルミスターモーターヘッド
  • 才能の塊だった。全員凄い奴らだったよ。
スラッシュガンズ・アンド・ローゼズヴェルヴェット・リヴォルヴァー
  • アンヴィルってのは凄いライブをやる連中だったな。(中略)観客の盛り上がりもハンパなかったし、こんなライブ見たことねえって俺も興奮したよ。
  • 売れてるバンドは世界中に山ほどいる。だけど考えてもみろよ。30年間もロックし続けてるバンドなんて、数えるほどしかいやしないんだ。ローリング・ストーンズザ・フー…それに、アンヴィルだ。

ディスコグラフィ[編集]

  • Hard 'N' Heavy (Attic Records, 1981) 邦題:ヘヴィ・メタル・ドリーム
  • Metal on Metal (Attic Records, 1982)
  • Forged in Fire (1983) 邦題:ヘヴィ・メタル・マシーン
  • Backwaxed (1985) コンピレーション
  • Strength of Steel (1987)
  • Pound for Pound (1988)
  • Past and Present - Live in Concert (1989) ライヴ
  • Molten Masterpieces (1989) Hard 'N' HeavyとMetal On Metalの2 in 1CD(Hard 'N' Heavyからは"At the Apartment"、"Paint it Black"がカットされている)
  • Worth the Weight (1992)
  • Plugged in Permanent (1996)
  • Absolutely no Alternative (1997)
  • Speed of Sound (1999)
  • Anthology of Anvil (1999) コンピレーション
  • Plenty of Power (2001)
  • Still Going Strong (2002)
  • Back To Basics (2004)
  • This Is Thirteen ~夢を諦め切れない男たち~(2007)
  • Juggernaut of Justice (2011)
  • Monument of Metal (2011) コンピレーション
  • Hope in Hell (2013)
  • Anvil is Anvil (2016)

日本公演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]