アンリ・ワロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンリ・ワロン(Henri Wallon, 1879年6月15日 - 1962年12月1日[1])はフランス精神科医発達心理学者、教育者。

フランス・パリ生まれ。1908年パリ大学医学部卒業。精神病院で障害児の治療と研究に従事し、精神障害は生物学的原因だけでなく、環境的原因、特に社会的欠陥も大きく作用していることを明らかにした。このことは、環境の改善、特に教育の力で障害を克服しうることを確信させることとなった[2]。その後、児童精神生物学研究所を創設し、児童相談などの臨床に従事しながら、唯物弁証法の観点から、子供の性格や思考の起源について研究した[3]

1937年から1949年までコレージュ・ド・フランス教授を務め、国立科学研究センターで研究を行なった。ナチスの侵攻によって職を追われ、レジスタンスに参加、1944年復職[4]パリ解放後は文部大臣や国会議員を務めた。フランスの教育改革に尽力[5]し、物理学ポール・ランジュバンとともに作成した改革案は、ヒューマニズムに満ちた先進的内容であり、教育史上高く評価されている[3]

1948年にはパリ大学の心理学研究所の所長となった。人間の成長・発達(個の歴史)を歴史(共同の歴史)とともに全体としてとらえようとし、ヨーロッパで500年以上積み重ねられてきたあらゆる哲学・心理学、そして精神医学を吸収しようとした。

脚注[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “ワロン”. コトバンク. 2018年3月17日閲覧。
  2. ^ 平凡社 世界大百科事典 第2版. “ワロン”. コトバンク. 2018年3月17日閲覧。
  3. ^ a b 滝沢武久/小学館 日本大百科全書(ニッポニカ). “ワロン”. コトバンク. 2018年3月17日閲覧。
  4. ^ 平凡社 百科事典マイペディア. “ワロン”. コトバンク. 2018年3月17日閲覧。
  5. ^ 三省堂 大辞林 第三版. “ワロン”. コトバンク. 2018年3月17日閲覧。