アンリ・レオナール・ジャン・バティスト・ベルタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルタンの肖像画
(画)アレクサンドル・ロスラン

アンリ・レオナール・ジャン・バティスト・ベルタンHenri Léonard Jean Baptiste Bertin1719年1720年?) - 1792年)は、フランス王国の官僚、政治家。

ペリグーで生まれた。1741年大評議会(グラン・コンセイユ、Grand Conseil)評議員となる。1745年請願審査官(メートル・デ・ルケット、maître des requêtes)、1749年大評議会評議部長兼評議員。

1749年1750年?)にルシヨン1754年リヨン地方総監(アンタンダン、Intendant)を歴任する。1757年パリ警視総監(Lieutenant général de police)に任命される。

1759年財務総監に就任する。1762年(1763年?)、最高国務会議の成員である国務卿(大臣)となる。ベルタンは国王ルイ15世とその寵姫であるポンパドゥール夫人の信任厚く、財政総監辞任後も国務卿としてその地位を維持し、1774年には短期間ではあるが、外務担当国務卿(外務大臣)も務めた。

先代:
エチエンヌ・ド・シルエット
財務総監
1759年 - 1763年
次代:
クレマン・シャルル・フランソワ・ド・ラ・ヴェルディ
先代:
デギュイヨン公
フランス外務大臣
1774年
次代:
ヴェルジェンヌ伯