アンリ・ルアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンリ・ルアール
(画)エドガー・ドガ

アンリ・ルアール(Henri Rouart または Stanislas-Henri Rouart 、1833年10月2日 - 1912年1月2日[1])は、フランスの画家、美術収集家である。

略歴[編集]

パリで生まれた。父親は軍服を扱う豊な商人であった。有名な画家のエドガー・ドガとは、リセのクラスメートであり、生涯の友人であった。ドガはルアールとその家族の肖像画を何点か描いた。エコール・ポリテクニークに進み、エンジニアとして働いた[2]。画家としては1868年から1872年までのサロン・ド・パリに出展し、1874年に写真家ナダールのスタジオで開かれた「第1回印象派展」にドガとともに出展し、「印象派展」には何度か出展した。印象派展に出展した画家たちの作品を購入することによって彼らの生活を助けた。

ルアールはドガや、画家として教えを受けたジャン=バティスト・カミーユ・コロージャン=フランソワ・ミレーらの作品も集めた。1912年に彼が亡くなった後、家族がルアールのコレクションを競売に出した時、印象派の画家の285点の絵画と、77点のそれ以前の画家の作品が収集されていた[3]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Henri Rouart, gw1.geneanet.org, abgerufen am 30. Mai 2012
  2. ^ Elisa Le Briand, Anne-Laure Cermak, ''Le réseau avant l'heure : la Poste pneumatique à Paris (1866-1984)'', Comité pour l’histoire de La Poste, 2006, p.37
  3. ^ Henri Rouart – Biography auf www.artfacts.net, abgerufen am 3. Februar 2012.

参考文献[編集]

  • Dominique Bona, avec les textes de Léon-Paul Fargue, David Haziot, Jean-Marie Rouart, Paul Valéry, Frédéric Vitoux et Charles Villeneuve de Janti, Les Rouart, de l’impressionnisme au réalisme magique, éditions Gallimard, Paris, 2014. (ISBN 978-2-07-014386-3)
  • Dominique Bona, Deux sœurs : Yvonne et Christine Rouart, muses de l'impressionnisme, Grasset, 2012
  • David Haziot, Le Roman des Rouart (1850-2000), biographie, Fayard, 2012, prix Goncourt de la biographie 2012
  • Jean-Marie Rouart, Une famille dans l'impressionnisme, Gallimard, 2011, (ISBN 9782070759293)
  • Solange Thierry, Daniel Marchesseau, Françoise Heilbrun, Anne Distel (catalogue de l'exposition au musée de la vie romantique, 3 février-13 juin 2004), Au cœur de l'impressionnisme. La famille Rouart, Paris, Paris Musées, 2004, 194 p. (ISBN 2-87900-809-3)