アンリ・ブルイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンリ・ブルイユ

アンリ・ブルイユHenri Édouard Prosper Breuil / 1877年2月28日 - 1961年8月14日)は、フランス考古学者[1]マンシュ・モルタン生まれ。旧石器時代の文化研究のパイオニア的存在として知られる。特に、層位学的に後期旧石器時代の編年体系を確立したことなどは、特筆に値する[2]。ヨーロッパにおける、ラスコーなどの洞窟壁画についても研究したことは著名であり、洞窟壁画を多数調査してスケッチを描いた。パリの化石人類学研究所の教授のほか、コレージュ・ド・フランスの教授などを務めた[3]1961年、セーヌエオアーズ・リラダンで没した[2]。 著書「アルタミラの洞窟」(’06年)、「フォン・ド・ゴームの洞窟」(’10年)、「洞窟美術の4万年」(’52年)。

出典[編集]

  1. ^ PDF
  2. ^ a b 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,世界大百科事典. “ブルイユとは” (日本語). コトバンク. 2020年11月16日閲覧。
  3. ^ 20世紀西洋人名事典. “アンリ・E.P. ブルイユとは” (日本語). コトバンク. 2020年11月16日閲覧。