アンリ・ド・バイエ=ラトゥール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンリ・ド・バイエ=ラトゥール
Le comte Henri de Baillet-Latour
Henri de Baillet-Latour.jpg

任期 1925年1942年

出生 (1876-03-01) 1876年3月1日
死去 (1942-01-06) 1942年1月6日(65歳没)

アンリ・ド・バイエ=ラトゥール伯爵(Le comte Henri de Baillet-Latour, 1876年3月1日 - 1942年1月6日)は、ベルギー人貴族で、第3代の国際オリンピック委員会(IOC)会長を務めた人物。

プロフィール[編集]

アンリ・ド・バイエ・ラトゥール伯爵は1876年3月1日ベルギーブリュッセルで生まれた。3人の子供の中で一番年長だった。 彼の父親はフェルディナン・ド・バイエ・ラトゥール元アントワープ州知事で、母親はカロリーヌ・ダルース伯爵夫人だった。 彼は1895年から1897年の間にベルギーのルーヴェン・カトリック大学で法律を学んだ。 エリザベート・クラリー・アルドリンゲンとの結婚は1904年7月14日に行われた。息子のガイ・シーグフライド・フェルディナンドは1905年5月に生まれ、娘のソフィー・テレス・ギスラン・マリー1908年2月に生まれた。 1903年にIOCメンバーとなり、後にベルギーオリンピック委員会の共同創設者に名を連ねた。アントウェルペン(アントワープ)で開催された1920年夏季オリンピックの組織委員会にも加わっていたが、このオリンピックはわずか1年前の1919年に開催が決定されたものであった。このような短い準備期間に加え、ベルギーにはなおも第一次世界大戦の傷跡が残っていたものの、大会は成功に終わった。

1925年、近代オリンピック運動の提唱者であったピエール・ド・クーベルタンがIOC会長を辞職すると、新会長に選出された。1936年のベルリンオリンピックの際はユダヤ人排除を推し進めるアドルフ・ヒトラーに対して開催地変更をちらつかせるなどヒトラーと対等に戦った人物でもある。心不全で死去する1942年までIOCを率い、後任には副会長だったジークフリード・エドストレームが就いた。

1936年3月には、1940年のオリンピック東京招致を目指していた日本に招かれている。IOCはその年7月の総会で1940年の東京開催を決定したが、その後勃発した日中戦争の影響により日本国内からの返上・日本国外からの不参加の議論が起こり、1938年に日本は開催を返上した。これを受けてヘルシンキに開催地を変更するも、第二次世界大戦の勃発により1916年ベルリン大会以来の開催中止に追い込まれる。第一次大戦からの復興を掲げたアントウェルペン大会とは対照的に、戦争にオリンピック開催を阻まれる苦い経験を味わうことになった。

その他の役職
先代:
フランスの旗 ピエール・ド・クーベルタン
オリンピックの旗 国際オリンピック委員会会長
第3代:1925年 - 1942年
次代:
スウェーデンの旗 ジークフリード・エドストレーム