アンリ・エランベルジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンリ・フレデリック・エランベルジェ: Henri Frédéric Ellenberger, 1905年-1993年)は、カナダ精神科医医学史家、犯罪学者であり、ときには精神医学歴史学の創始者とも考えられている[1]。エランベルジェは、1970年に出版した力動精神医学史の百科全書的研究書である『無意識の発見』で主に知られている。

来歴[編集]

1905年11月6日、スイス人宣教師の子息として南アフリカのローデシアに生れる。1914年パリに移住し、フランス語で教育を受ける。パリ大学医学部に学び、1934年に精神科医となる。1941年スイスに移住、ヴァルダウ精神病院を経て、1943年から10年間シャッフハウゼンのブライテナウ精神病院の副院長をつとめる。1953年アメリカに渡り、メニンガー精神医学校の教授となる。1959年カナダに移住、マッギル大学教授を経て、1962年から1977年まで、モントリオール大学教授。カナダが終生の土地となった。1979年に来日している。

名前の発音について[編集]

エランベルジェは、フランス語を話すスイス人の家系の出身であり、出生の地はイギリス領であったローデシア、没したのはフランス語圏カナダである。著述は英語とフランス語で行なった(主著『無意識の発見』の初版は英語である)。Ellenbergerの発音・表記は、フランス語に従えばエランベルジェ、英語に従えばエレンベルガー(あるいはエレンバーガー)となる。みすず書房版著作集の著者略歴によれば、「著者の読みをどうするかは正解のない問題である」。同著作集は『エランベルジェ著作集』の表記をとり、弘文堂刊の邦訳『無意識の発見』ではエレンベルガーとなっている。

著書[編集]

  • エレンベルガー『無意識の発見:力動精神医学発達史』、上下巻、木村敏中井久夫監訳、弘文堂、1980年
  • エランベルジェ『エランベルジェ著作集 1:無意識のパイオニアと患者たち』中井久夫訳、みすず書房、1999年
  • エランベルジェ『エランベルジェ著作集 2:精神医療とその周辺』中井久夫訳、みすず書房、1999年。
  • エランベルジェ『エランベルジェ著作集 3:精神医学/犯罪学/被害者学-西欧と非西欧』中井久夫訳、みすず書房、2000年
  • エランベルジェ(原作)、中井久夫(文・絵)『いろいろずきん』みすず書房、1999年。

脚注[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]