アンリエット・ド・フランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンリエット・ド・フランス
Henriette de France
Jean-Marc Nattier 003.jpg
アンリエット・アンヌ王女(ジャン=マルク・ナティエ画)

出生 (1727-08-14) 1727年8月14日
フランス王国ヴェルサイユ宮殿
死去 (1752-02-10) 1752年2月10日(24歳没)
フランス王国ヴェルサイユ宮殿
埋葬 フランス王国サン=ドニ大聖堂
家名 ブルボン家
父親 フランスルイ15世
母親 マリー・レクザンスカ
テンプレートを表示

アンリエット・アンヌ・ド・フランスHenriette Anne de France, 1727年8月14日 - 1752年2月10日)は、フランス国王ルイ15世と王妃マリー・レクザンスカの第2王女。双子の姉にルイーズ・エリザベートがいる。

ルイ15世ルイーズ・エリザベートとともに一番可愛がった王女である。肖像画に残されているように、音楽をとりわけ好んだ。

アンリエットは天然痘によって、未婚のまま24歳で死去した。遺体はサン=ドニに埋葬され、双子の姉ルイーズ・エリザベートが1759年に死去した際には一緒に葬られた。彼女の墓は、フランス革命の際に他の王族の墓とともに荒らされた。

エピソード[編集]

王太子ルイは、何人もいた姉妹の中で、アンリエットと特に親しかった[1]。 ルイは最初の妻を早くに亡くし、後妻としてマリー=ジョゼフを迎えた。 最初の妻マリー=テレーズの死から立ち直れなかったルイは、結婚当初マリー=ジョゼフのことを非常に嫌った。そんな弟に対してアンリエットは、最初の妻の死による悲しみをマリー=ジョゼフに背負わせるのは不当であると弟を諭し、弟夫婦の仲を取り持った。[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Broglie、P38
  2. ^ Broglie、P118-120

参考文献[編集]

  • Emmanuel de Broglie(1877). Le fils de Louis XV, Louis, dauphin de France, 1729-1765. Paris: E. Plon.