アンネローゼ・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンネローゼ・シュミット
Annerose Schmidt
基本情報
出生名 Annerose Boeck
生誕 1936年10月5日
出身地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 ルターシュタット・ヴィッテンベルク
学歴 ライプツィヒ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
活動期間 1945年 -
レーベル EURODISC

アンネローゼ・シュミット(Annerose Schmidt, 本名:アンネローゼ・ベック (Annerose Boeck) 1936年10月5日 - )は、ドイツルターシュタット・ヴィッテンベルク出身のピアニストである。

略歴[編集]

演奏歴とその音楽[編集]

父がヴィッテンベルク音楽院の院長であったため、英才教育を受け、幼少時に正式にデビューした。

1955年ショパン国際ピアノコンクールへの参加後から積極的に旧共産圏を中心としたコンサートツアーを行う。1958年からは北欧イギリスオランダオーストリアルクセンブルクでも演奏を行い、アメリカにも訪れている。日本には1973年から数回訪れている。

主な録音[編集]

参考[編集]

音楽之友社編『名演奏家事典 ≪中≫』音楽之友社、1982年1月、ISBN 4276001323