アンネリーゼ・ミシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンネエリーゼ・ミシェル(ミハエル)
Gravestone Anneliese Michel.jpg
生誕 アンネ・エリザベート・ミハエル
(1952-09-21) 1952年9月21日
ドイツ連邦共和国バイエルン州、ライプルフィング
死没 1976年7月1日(1976-07-01)(23歳)
旧ドイツ連邦共和国、バイエルン州、クリンゲンベルク・アム・マイン
宗教 カトリック教会

アンネエリーゼ・ミシェル[注書き 1](:Anneliese Michel ドイツ語読み:アンネリーゼ・ミハエル 1952年9月21日1976年7月1日) は1975年カトリック教会悪魔祓い儀式・エクソシズムを受けたドイツ人の女性で、この年の翌年、1976年に逝去した。

この事件で行われた悪魔祓いの儀式は、400年前の儀式書によるもので、そのいくつかは18世紀以来、滅多に見られないものであり、このようなカトリック教会の異例とも言える決定がマスコミの注目を浴びた。映画 エミリー・ローズ はこの事件をモチーフとして取り入れている。 精神医学の世界ではこの事件を精神障害の誤認、怠慢、虐待、そして宗教的ヒステリーの一例として挙げられている。

なお、儀式の最中アンネリーゼに取り憑いたとされる「悪魔」はカトリック教会の重要な問題について様々なことを語ったとされている。[1]

幼年期・学生時代[編集]

アンネリーゼ・ミッシェルこと、アンナ・エリザベート・ミハエル又はアンネリーゼ・ミハエル[2][3] は1952年9月21日に旧ドイツ連邦共和国、バイエルン州、ライプルフィングのカトリック信徒の家庭に生まれた。アンネリーゼはヨゼフとアンナ夫妻と3人の姉妹たちの元で育った。彼女はとても信心深く、教会のミサに週に2度、通っていた。

ミッシェルは16歳の時、激しい痙攣に悩まされ、側頭葉てんかんであると診断された。1973年、アンネリーゼは高校を卒業し、ヴュルツブルク大学に進学した。後に同級生たちはアンネリーゼについて「引っ込みじあんだが、とても信心深い」と語っている[4][5]

精神医学的治療[編集]

1970年6月、アンネリーゼは、入院していた精神病院で発作を3回起こし、悩まされていた。アンネリーゼは、この時初めてフェニトイン薬を含む痙攣に効く薬の処方をされた。この薬はクロルプロマジンに類似しており、精神分裂症を含む様々な精神病や、精神障害のある行動をする患者に処方されるものである。アンネリーゼは1日の様々な時間帯で「悪魔の顔」が見えると話し始めた[4] 。その同じ月にアンネリーゼはプロペリシアジン薬を処方された。この薬もクロルプロマジンに類似したもので、同じように精神分裂症などの精神病や精神障害行動のある患者に処方される。アンネリーゼの症状は妄想を起こす精神状態だと考えられていた[5]1973年にアンネリーゼは、うつ病の症状になり、アンネリーゼは祈っている間に幻聴がすると訴え始め、彼女が「呪われている」「めちゃくちゃ腐っていく」と言う声が聞こえ、これに悩まされた[6]

精神病院での処置でアンネリーゼの病状は回復に向かうことはなく、ますます悪化して行った。長期治療も何の効果もなく、アンネリーゼは医学的治療にますます失望感を募らせた。信心深いカトリック信徒である彼女は、この症状は悪魔によるものだと考え始めた。アンネリーゼはキリスト教に関する場所や十字架のような聖品に拒否反応を示すようになった[4]

アンネリーゼは親しくしている友人と一緒にサン・ジョルジョ・ピアチェンティーノへ行った。この地はカトリック教会非公認の「聖なる場所」であり、アンネリーゼとこの友人は、ここのような場所を定期的に巡礼していた[7]。 アンネリーゼは、十字架を通り過ぎることができなくなったり、聖なる泉とされる場所からの湧水を飲むのに拒否するようになった。これらの様子から、アンネリーゼと同行したこの友人は、アンネリーゼが悪魔に憑依されていると考えるようになった。アンネリーゼとその家族もそのように確信するようになり、何人かのカトリック教会の司祭に相談し、悪魔祓いをして欲しいと頼んだ[6]

その司祭たちはこれを丁重に断り、医学的治療を続けるよう勧め、家族には悪魔祓いは司教の許可が必要なことを知らせた。カトリック教会における悪魔祓いの公的な許可においては、ある特定の人物が、教会で悪魔が憑依している場合に見られると定めた条件に当てはまった場合に、ここで初めて、カトリック教会は「その人物が悪魔の憑依によって苦しめられ、悪魔に支配されている状態」だと見做す。十字架のような教会関係の物に対する激しい嫌悪や、「超自然的な力」が見られるのは、悪魔に支配されている状態を示すいくつかの初期症状である。

アンネリーゼの身体的な症状は悪化し、自分自身の尿を飲んだり、昆虫を食べる行動をとるなど自己損傷に向かう攻撃的症状が見られるようになった。1973年11月には、アンネリーゼに対しカルバマゼピン 薬の投与が始められた。これは発作を押さえ、激しい持続的な気分の変化を特徴とする気分障害、典型的な双極性障害の治療に用いられる気分安定薬である。アンネリーゼには彼女が悪魔祓いの儀式を受けている期間にも抗精神病薬の投与がされており、彼女が死亡する直前までそれらの薬を頻繁に服用していた[5][8]

悪魔祓いの儀式とアンネリーゼの死[編集]

ヨーゼフ・シュタング(Josef Stang)司教 ( 1959年5月):アンネリーゼに対する悪魔祓いの儀式を秘密裡に行うことを承認した。

アンネリーゼの両親に会った司祭のエルンスト・アルト(Ernst Alt)神父は、アンネリーゼを見るとすぐに、「彼女は癲癇の患者とは似ていない」とし、そしてアルト神父はアンネリーゼが発作を起こしたところを見ていないと宣言した[7]

アルト神父は アンネリーゼが悪魔に支配されているために苦しんでいると確信し、地元の司教に対して悪魔祓いの儀式を許可してほしいと訴えた。1975年にアンネリーゼが書いた神父宛ての手紙には「私には何でもありません。私に関することはすべて、うぬぼれです。私がすべきこと、私が解決しなければならない。あなたは私のために祈ってくれる。」そしてアンネリーゼは一度、神父にこう言った。「私は、他の人のために苦しむことをのぞみます...しかし、これはとても残酷です。」[9]

1975年7月のある日曜日の午後に、アンネリーゼと恋人のペーター(Peter)が、クリンゲンベルク(Klingenberg)のすぐ東、レルバッハの近くにあるパラディ―ス・ミル(Paradise Mill)と呼ばれる地域を散歩しに、自動車で向かった。1975年のこの時期、アンネリーゼは誰かの手助けなしに歩くことは殆どできなかった。これは、悪魔たちがアンネリーゼの両足をステッキのようにしてしまったからとされている。アンネリーゼは両足を曲げることすら、とても難しくなっていた[10]

2人は散歩するために自動車を止めた。アンネリーゼは痛々しくゆっくりとしか歩くことができなかったが、突然、アンネリーゼは立ち止まり、ガクッと膝を落とした。ペーターはアンネリーゼに何度も話しかけたが、彼女は意識がなく、幻視(ヴィジョン)を視ているかのようだった。数分後にアンネリーゼは立ち上がり、興奮して叫んだ。「私は歩ける!私を見て!私は自由よ!私は自由!」[10]

ペーターはアンネリーゼの体と感情が豹変したので驚愕した。何があってそんなに突然、変わってしまったのかとペーターは尋ねた。するとアンネリーゼは聖母マリアに会ったのだと答えた[10]。2人は興奮を抑えることができず、この良い知らせを両親や姉妹とも分かち合いたかったので、アンネリーゼの自宅へと急いだ。アンネリーゼは階段を駆け上がって見せて母親を驚かせた。「ママ、ママ、見て見て!私はまた歩けるの!跳べるの!ダンスもできるの!聖母が私に現れたのよ!」ペーターはどうしたかというと、彼はアンネリーゼが突然に回復したので呆然とし、しばらくの間、自動車の中に取り残され、起こった出来事に呆れてものも言えなかった[10]

この出来事が起こった後はしばらく何事も起こらなかったが、その2ヵ月後に、アンネリーゼは再び聖母マリアの出現を受けたとされる。それは彼女がエンゲルベルク修道院で祈っている時のことだった。ここはフランシスコ会の修道院で、アンネリーゼはお祈りをするために良くここを訪れていた。この時、聖母マリアはアンネリーゼに次のように訴えたという。

これほどまでに多くの魂が失われていく。このことで、私は心をとても痛めているのです!若者たちと、あなたがたの国のため、司祭たちが罪の償いを行うことが必要です。失われようとしている魂のために、償いを自分から受けてくれませんか? その数がそれほど多くならないようにするために。[10]

聖母はすぐに返事をしなくても良いが、よく考えるようにと教えた。アンネリーゼは母親のアンナに聖母が自分に頼んだことについて話し、母親は父親のヨゼフとこのことについて話し合いに行った。アンネリーゼの両親はこのことについて理解できず、とても心配し、狼狽えた。というのも両親はこの「罪の償い」とは、悪魔たちが再度自由になり、残酷な脅迫をすることに耐えなければならないに違いない、と考えたからである。 そして、アンネリーゼが聖母の頼みを引き受けたとしたら、悪魔たちは以前よりもっと凶悪にふるまうだろうとも考えた。その後、アンネリーゼは十字架の前でお祈りをして過ごした。母親のアンナがアンネリーゼに、聖母の頼みに「はい」と答えることもできないだろうし。こんなことを経験することもできないだろうと教えた。アンネリーゼは「ママ、私はできる。もし私がやらなければ、魂たちが失われる!」と答えた[10]

アンネリーゼは聖母に頼まれたことを引き受けるよう返事をした。その数日後に母親のアンナが家の台所にいる時に、アンネリーゼが「聖母マリア、あなたはとても美しい。」というのを聞いている。母親は何が起こったのかわからなかったが、アンネリーゼが幻視(ヴィジョン)を見ているようであったと明言している。そしてアンネリーゼはペーターに「すぐに悪いことが再び起こる」と伝えている [10]

この時期、司教はアンネリーゼに対する公式な悪魔払いの儀式の実施について、認可することを拒否していたため、事態はとても悪くなって行った。1975年8月3日に司教は悪魔たちがアンネリーゼの中に実際に憑依しているかどうか、それをテストするために「最低限」の悪魔祓いの儀式を実施することを認めた。そのわずか数週間後、司教は悪魔払いの儀式をフルバージョンで実施することに同意した。それは1975年9月24日のことだった[10]

ヨーゼフ・シュタング(Josef Stang)司教は、司祭のアルノルト・レンツ(Arnold Renz)神父がカトリック教会の1614年版儀式書に基づいて悪魔祓いの儀式を行うことを承諾し、但しこれは、秘密裡に行うよう命じた[11][note 1]

レンツ神父は同年9月24日に悪魔祓いの儀式で最初のセッションを行った[6]。アンネリーゼの両親は医学的治療を探すことを止めて悪魔祓いの儀式のみに頼ることとした。悪魔祓いの儀式の67セッションは、1975年から1976年にかけて約10ヵ月間、1週間に1、2回のセッションが行われ、そのセッションは最高4時間かかるものだった[9]

アンネリーゼは「今日の我儘な若者たちや、現代におけるカトリック教会の背教的な司祭たちのために、死んで償うこと」について、話し始め、それは日を追うごとに増えていった。そして最後まで食べることを拒んだ[6]

1976年7月1日にアンネリーゼが自宅で死亡した。 その 検死の結果報告書によると、死因は悪魔払いの儀式が行われたほぼ一年半の間に、アンネリーゼが半飢餓状態となったことによる栄養失調と脱水であり[12]、アンネリーゼの体重は30キログラムで、連続して跪く礼拝をしたことで足の脛は骨折していた。アンネリーゼは誰かの手を借りずに動くことができず、肺炎を病んでいたとしている[8]

起訴[編集]

州の検察官は、この事件の調査をした後に、アンネリーゼの死亡は、その1週前にでも防止することが可能であったと主張した [13]。州当局は、1976年にアンネリーゼの両親と悪魔祓いの儀式を行ったエルンスト・アルト(Ernst Alt)司祭及びアルノルト・レンツ(Arnold Renz)司祭を過失致死傷罪で起訴した[14]

この事件が法廷で争われている間、アンネリーゼの遺体は発掘され、彼女の死因とされた11ヵ月間以上の悪魔祓いについて、この儀式を録音したテープが法廷で再生された[15]。アンネリーゼの両親側の弁護士はエリーヒ・シュミット-ライフネル(Erich Schmidt-Leichner)が担当した。州当局はこの事件の関係者たちを拘留せず、両親は「十分に苦しんだ」ため免罪されるべきとし、同時に2人の司祭に罰金刑を求刑した [14] 。これはドイツ刑法典第60条によるものである。

裁判[編集]

裁判は地方裁判所において1978年3月30日に始まり、大きな関心を呼んだ。この裁判が開かれる前に医師たちは、アンネリーゼが憑依されてはおらず、彼女が厳しいキリスト教のしつけを受けていたことや癇癪が原因となり、それで起こった心理的な効果によるものである、と証言していた。しかしアルト司祭から医学的な方面で援助を求められていたリヒャート・ロート博士( Doctor Richard Roth)は、悪魔祓いの儀式中に「悪魔に効く注射はないんだよ。アンネリーゼ」とミッシェルに話したとされている[6]

2人の司祭たちにはカトリック教会によって雇われた弁護士がつけられ、アンネリーゼの両親側弁護士であるシュミット-ライフネルは「悪魔祓いの儀式は合法であり、ドイツ民主共和国の基本法により保護される市民が宗教的信条において行う活動は、その制限をされない」と訴えた。弁護側は、ミシェルが悪魔に乗り移られたという彼らの主張を力説するため、悪魔祓いの儀式中に録音されたテープを再生し、時々「悪魔が話している」とされる箇所を取り上げた[13]

レンズ神父の証言によると、アンネリーゼに憑依した悪魔は6体であり[11]、憑依した悪魔たちは自ら、身元を明らかにして、その中から「ルシファー」、「カインとアベル兄弟」の 「カイン」、「イスカリオテのユダ」、「 アドルフ・ヒトラー」、「ネロ」については特定できたとした。アンネリーゼに憑依した悪魔は、彼女の口から低い唸り声と呪いの言葉を発したが、ヒトラーを名乗る霊は、「ジークハイル」を何度も繰り返したので、見分けがついた、と証言した[13]。アルト神父は悪魔祓いの儀式中に、アンネリーゼの身体が危険な状態になったとは一度も考えなかったし、もしそのような状態だと思ったら、直ちに医学的な治療を求めていたと証言し、なぜ医師を呼ばなかったのかとの問いに対し、悪魔祓いの儀式は医学的な諸問題が起きないように行われていることとなっており、そのように進められたと証言した[11]。また、アンネリーゼが悪魔に憑依されていると確信しており、司祭たちに悪魔を追い出すよう求めたとも証言した。司祭らはアンネリーゼがまさに死ぬ直前、悪魔祓いの儀式で完全に自由になったことを取り上げた[6][13]

ヨーゼフ・シュタング司教は、自分が悪魔祓いの儀式を許諾した時、アンネリーゼは健康が危惧される状態だったことを知らなかったと話し、証言をしていない。被告人たちは怠慢による過失致死罪として有罪、6ヵ月の拘留(後に保留となる)、3年の執行猶予とする判決が言い渡された[13][6]

しかしながら検察側の求刑は、2人の司祭たちについては罰金刑のみ、両親は犯罪性のみ認めて、求刑はしないとするものだったが、この判決により言い渡された刑は、それより重い量刑であった。カトリック教会が、このような旧式の悪魔祓い儀式を許諾したことについて、マスコミが注目した。この事件は精神障害の誤認、怠慢、虐待、そして宗教的ヒステリーと位置付けられている[16]

裁判の後[編集]

遺体発掘[編集]

公判後、アンネリーゼの両親は、自分たちの娘の遺体を発掘することについて、当局に許可申請をした。 両親によって当局に提示された表向きの理由は、アンネリーゼの埋葬が不当に早急で、使用した安い棺がものであったためとしていた。埋葬して約2年後の1978年2月25日 、アンネリーゼの遺体は、錫で裏打ちされたオーク材の棺に納め直された。 これは、アンネリーゼの両親が 南バイエルン州のアルゴイ(Allgäu)方面からきたカルメル会 の修道女より、「自分が見たビジョンによると、あなたたちの娘の体は腐敗を免れている状態であり、それはこの事件が超自然的な出来事であることを記すものである。」と告げられたことから行われたものだった。これについて当局は、その遺体には一貫して腐敗が進行している兆候が見られたと発表している。被告とされた司祭たちはアンネリーゼの遺体を見ることを思い止まった。アルノルト・レンツ神父は自分が遺体安置室に入ることを拒否されたと話している[8]

書籍の出版と映画[編集]

このアンネリーゼ・ミシェル事件について、その詳細を描いた本が2冊出されている。一冊はホゼ・アントニオ・フォルテア神父( Fr. Jose Antonio Fortea)、ローレンス・E・J・U・ルブラン(Lawrence E.U. LeBlanc)による「アンネリーゼ・ミシェル:悪魔憑依事件の真相」(A true story of a case of demonic possession)で、もう一冊はフェリチタス・D・グッドマン博士(Dr. Felicitas D. Goodman)による「アンネリーゼ・ミシェルのエクソシズム」(The exorcism of Anneliese Michel)である。また、「エミリー・ローズのエクソシズム」(The Exorcism of Emily Rose)、「レクイエム」(Requiem)「アンネリーゼ:エクソシズムテープ」(Anneliese: The Exorcist Tapes)などの映画やドキュメンタリーも制作されている。これらの映画には制作上の創作が数多く細部に入れられているが、これとは別に、アンネリーゼ・ミシェルの悪魔祓いの儀式中に録音された音声テープが数多くある。これは後年、正規のルートではなくリーク情報として、一般に流通したものである。これらによって事件の詳細がさらに明らかにされていった[10]

事件後の余波[編集]

アンネリーゼの墓標には、近隣の人々がお参りに来るようになり、アンネリーゼを巡礼する者たちにとって、この墓標はその目印となった。イエズス会の司祭で、精神科医のウルリッヒ・ニーマン(Ulrich Niemann)神父は、この悪魔祓いの儀式に関する事件について、ワシントン・ポスト紙に次のように話している。「医師として私が言うのは、悪魔に体を乗っ取られるということはない・・・ということです。私の見解では、これは精神障害です。私は悪魔に憑依されたとされる方たちと祈ります。でもそれだけでは助かりません。精神科医として、悪魔に憑依されたとする方たちを扱わなければいけません。しかし同時に、この患者が東ヨーロッパ出身で、悪霊に祟られていると信じている時、その人の信念体系を無視することは間違いでしょう。」ニーマン神父は 自分がエクソシスト・悪魔祓いであるとは思わないし、1614年の儀典書に従って儀式を行うこともないと語った[6]

ヨハネパウロ2世は、1999年に、特殊なケースを除き、悪魔祓いの儀式を行うことをより厳しく規制した。しかしベネディクト16世は、悪魔祓いの儀式を前教皇の時より広く支持した。しかし、これにもかかわらず、ドイツにおいては公式に認可された悪魔払いの儀式の数が、減少している。これはアンネリーゼの事件からのことである [17][18]

エミリー・ローズ」 (これは悪魔祓いの儀式ではなく、法廷に焦点を当てている)、 「レクイエム(2006)」(Requiem 2006) そして「アンネリーゼ」(Anneliese)の3本の映画は、アンネリーゼの話をモチーフとして作られている [4]

2013年、アンネリーゼが住んでいた家が火災で焼け落ちた。地方警察によればこれは放火であるとされているが、地元の人々は、これは悪魔祓いの事件によるものだと考えた[8][19][20]

ノヴェナ(九日間の祈り)[編集]

一日目

親愛なるアンネリーゼ・ミシェル、あなたはイエズス様の苦しみの花に選ばれました。私は心からの信頼をもって、あなたに向かいます。どうか、私のために御恵みをお祈りください...  また、私がこの地上において、天主様とその御栄光とを第一のものとして追い求めることができるよう、御恵みをお取り次ぎください!  地上の生活の必需品は私の人生で第二の場所になければなりません!  親愛なるアンネリーゼ・ミシェル、あなたは十八歳の時に手紙の中にこう書きました:  「私は私の人生の中で天主様を第一の場所に置きます!」  私においてもまた、天主様は第一の場所に置かれねばなりません! 完全なる、また永遠なる幸福の場所「天国」に、私が辿り着けるため、私が他の何物にも増して天主様を愛することができますよう、お助けください。なぜなら、天国こそ私の真の故郷だからです! 主祷文 天使祝詞 栄唱

二日目  わが愛する天国の姉妹アンネリーゼ、私はあなたに乞い求めます。どうか、私のために御恵みを嘆願してください。  また、私が毎日、過ぎ行く人生に伴うすべての十字架と労苦に対する愛の名において、根気よく忍耐するのをお助けください。なぜなら、イエズス様はあなたにこうおおせられたからです:  「わが与えし十字架は恵みの中の恵みである!」  十字架を担うことを可能にする内なる力ばかりでなく、十字架そのものが御恵みである! 今まで担って来たあらゆる十字架によって、私は天国に辿り着くためによりふさわしい者になるのだということを、私がもっと深く理解することができますよう、お助けください。あなたはその若さの盛りに数多の十字架の苦しみと殴打によって損なわれました。地上におけるあなたの茨に満ちた旅が、あなたをその幸福の国に、バラが茨なしで咲き誇るその国に、導いたのでした! ああ、私もまたその国に住むことができますよう、やがて数多の他の霊魂たちと共に、天主様の内に完全に幸福な者となることができますよう、お助けください! なぜなら、私たちの永遠の故郷は天国だからです! 主祷文 天使祝詞 栄唱

三日目  親愛なるアンネリーゼ・ミシェル、イエズス様とマリア様のお気に入りであるあなた、私は心からの信頼をもってあなたに乞い求めます。私のために御恵みを嘆願してください...  服従するため、忍耐強く苦しむため、また自分ではその理由がよく分からぬ日々の苦しみに耐えるため、御恵みを頂けますよう、どうかお祈りください。なぜなら、救い主はあなたにこうおおせられたからです:  「私の苦しみと結ばれるなら、あらゆる苦しみが、もちろん、大いなる実を結ぶのである」  わが愛する苦しみの花アンネリーゼ、どうか、天の御父が定めたもうものは何であれ、イエズス様への愛のため、耐えることができますよう、私のために大いなる御恵みを嘆願してください。この短い苦しみの後、私たちは天国の幸福を期待することができるのだと、私は知っています!  永遠の若さとして知られるその国を、愛が永遠であるその国を、私が切望することができますよう、何卒お祈りください!  ああ、天国はどんなに美しいことでしょう! 主祷文 天使祝詞 栄唱

四日目  わが愛する苦しみの花アンネリーゼ、私はあなたに、心からの信頼をもって、私が祈り求める御恵みを嘆願してくださいますよう、お願いいたします...  私がますます進んで犠牲をしますよう、そしてそれはただ一重にイエズス様への愛のため、天主様への愛のためでありますよう、お助けください。なぜなら、愛は天主様と共にあってこそ、愛であるからです。私もまた、地獄へと続く悪い道の上にある人々のため、彼ら自身はハッピーではあるが、その幸福は実は悪魔の幸福であるという、そのような人々のため、償いとして苦しみを受け入れることを望みます。それは、手遅れにならないうちに、彼らが天国への道を辿り始めるためです。あなたは、それら永遠の苦しみに直面している人々の罪のため、苦しみ、償いをするようイエズス様によって選ばれました。なぜなら、救い主はあなたにこうおおせられたからです:  「あなたは今、罪人たちのために苦しみ、償いをしているのである」  私が今、愛の名のゆえに犠牲をするなら、それは天国の幸福を保証します! 天国だけが与えることのできる幸福を、多くの人が、私をも通して達成することができるように、私が勇敢でいることができますようお助けください。 主祷文 天使祝詞 栄唱

五日目  イエズス様とマリア様によって選ばれた苦しみの花、愛すべきアンネリーゼ・ミシェル、どうか私のため、天主様の仲介者となってください。私のため、御恵みを嘆願してください...  二人の全く違った司祭が、あなたの償いの殉教の場にいました。一人は地獄の司祭フライシュマンで、もう一人は天国の司祭ピオ神父様でした。天国と地獄の間で、想像を超えたあなたの苦しみが達成されました。もちろん、あなたは天国を獲得しました。天国と地獄の間のこの苦しみの中で、あなたは司祭の威厳というものを理解しました。  私たちの心を、聖なる司祭たちのために祈りたいとの燃える望みで満たしてください。また、自分の偉大な聖務に不忠実になっている司祭たちのためにも、彼らが天国への正しい道に戻って来ることができるよう、そして彼らの信者たちを異教徒の地獄に導かず、永遠の幸福に導くことができるよう、私たちの心を、それらの司祭たちのために祈りたいとの燃える望みで満たしてください。なぜなら、イエズス様はあなたにこうおおせられたからです:  「私はこれまで、司祭というものが持つ偉大さと威厳を少しも見せて来なかった。だが、今、私はそれを見せたのである。あなたは彼らに対する深い尊敬で震えた」  彼らがキリストの群れを永遠の緑の牧場に、永遠の幸福の輝く高みに導くことができる司祭になれますよう、全ての司祭をお助けください。  想像を絶する永遠の幸福が、天国で我々を待ち受けているが故に! 主祷文 天使祝詞 栄唱

六日目  わが最愛の姉妹アンネリーゼ・ミシェル、あなたは世のプライドの罪のため、ひどい屈辱を償いとして耐えました。  あなたの霊魂は、しばらくの間、地獄の権勢の中で苦しむため、遺棄されました。あなたの体は、若い花が持つ美しさの悉くを剥がれました。それは、残酷な鞭打ちの後、救い主が「この人を見よ」と言われたように、それと似たような有り様でした。だから、親愛なるアンネリーゼ、人々はこう言うことができるでしょう、「この女性を見よ」。  あなたは、最も深い屈辱をもって、他の人々が表わした全てのプライドを、それについて何ら責任のなかった人々に襲いかかったそれを、許しました。それ故、どうか私が謙遜でいることができますよう、御恵みをお取り次ぎください...  私が価値のない司祭たちを非難せず、むしろ彼らのために祈ることができるますよう、お助けください。彼らが、彼らの責任がどれほど重く、彼らが選ばれたことはどんなに重要なことであるかを、悟らせて頂くことができますように。なぜなら、イエズス様はあなたにこうおおせられたからです:  「どんなに価値のない司祭も第二のキリストであることを覚えておきなさい。裁かれないために、誰も裁いてはならない。その仕事は私に取っておきなさい」  聖なる救い主、深く謙りつつ、償いの意向と共に、そして祈りのうちに、私は全てをあなた様に委ねます。信者たちの過ちばかりでなく、あなた様のことを気にかけない者たちの過ちばかりでなく、私自身の同様の過ちをも含めて、全てを、天主なるあなた様の寛大さに委ねます。  最愛なる救い主、何卒私の過ちをご覧にならず、あなた様に対する私の愛、そしてわが同朋に対する私の愛に目をお留めください。それによって、偉大なる愛よ、私が多くの人々が愛の道を辿るための助けとなるためです。永遠の若さが永遠の愛のうちに待ち受けているその祖国を獲得するために、犠牲をする準備をするためです。その祖国とは天国のことです! 主祷文 天使祝詞 栄唱

七日目  アンネリーゼ、天国のために苦しみの中で咲いたバラ! 若き日の過酷な試練はあなたに天主の永遠の大いなる富を積ませました! 私のために天の御恵みをお取り次ぎください... 私はそのためにあなたに熱心に祈ります! 私がイエズス様に完き信頼を置くことができますよう、そして天国の御母マリアの御保護の下に留まることができますよう、お助けください! 私もまた、日々祈りのうちに、イエズス様と完全に結び付くために、マリア様の御保護に与りたいと望む者だからです!  イエズス様と共にあれば、どのような試練も乗り越えられます。苦しみがどんなに大きかろうと、それは過ぎ行きます! - イエズス様はあなたにこうおおせられました:  「あなたは全てのテストを乗り越えるだろう。しかし、あなたはなお多く求められるだろう。私はあなたに恵みを与える。あなたは死に至るまで忠実でなければならない」  親愛なるアンネリーゼ、私が死に至るまで全ての試練において忠実に留まるよう、御恵みをお取り次ぎください!  あなたの人生の最後の日に、あなたの「最後の試験」の日に、あなたはそれに合格しなかったかのような印象を与えました。それはまるであなたが飛んで行ってしまったかのようでした。そうです、親愛なるアンネリーゼ、実際あなたは、救い主と共に、時間から神の永遠へと飛び去ったのでした。あなたはその国に着陸しました。永遠に試みのない国に、喜びだけがある国に、- 天の王国の永遠の喜びに! 主祷文 天使祝詞 栄唱

八日目  親愛なるアンネリーゼ・ミシェル、神を讃える私の祈りが私の救いであるため、私はあなたに乞い求めます。どうか、私に耳傾けてください。  全ての悪魔的な論争において私をお助けください!  多くの人が永遠のゴールに辿り着けますよう、お助けください! 苦しむ人々を、遊んでいる人々を、孤独な人たちを、助けに駆けつけてください。そして彼らに、天国の完全な幸福を望む心を与えてください! 彼らの心を天主様への望みで満たしてください。天主様が命であるからです! 彼らに祈ることを教えてください! 親たちが、真実な深い信仰を持つことができますよう、お助けください。それによって彼らの子供たちが、この世の事物に対してだけでなく天国の幸福にも目を向けるようになるために。  罪と欲望を避けるための若い力を、どうか嘆願してください。短命なもののためにでなく、美しい天国の永遠の若さのために。  奇跡は、そこに天主様の御恵みがある時にだけ可能です。そして天主様の御恵みは、取り次がれなければなりません。それ故、愛すべき救い主はあなたにこうおおせられました:  「絶えず祈りなさい。そして、あなたの隣人のためにも祈り求めなさい。彼らが永遠の祖国に辿り着けるように」  私たちが喜んで祈ることを、罪を避けることを、主日も平日も清く過ごすことを、御聖体の内なるイエズス様を跪拝することを、諸聖人を崇敬することを、清い心をもって御聖体を拝領することを、お助けください。  マリア様、私たちが生涯にわたり、毎日、ロザリオを実践することができますよう、お助けください。  他者に親切であることができますよう、お助けください。  そして、私たち皆を至高の幸福へと、私たちを待ち受けている素晴らしき天国へと、お導きください。 主祷文 天使祝詞 栄唱

九日目  親愛なるアンネリーゼ・ミシェル。九日目の今日、何卒私のために御恵みをお取り次ぎください...  私は、それを通して私がやがてゴールを勝ち取るだろう全ての御恵みに、永遠に感謝します。なぜなら、私に与えられた全ての御恵みが、今も、また永遠にも、私にとっては最大の富であるからです!  ああ、私はどんなに御恵みを望んでいることでしょう。それによって全ての人々と全ての地上の国々が、天主様の御手の中、天主様の子供として、互いに認め合い愛し合うようになることを、そして皆が、何物にも増して天主様を第一に愛するようになることを。 - 御旨の天に行わるる如く地にも行われんことを!  私は全ての人々を天国のエルサレムに、私たちのための永遠の住居が用意されているその場所に、連れて行きたいと望みます。あなたと共に、その場所で、永遠の若さと永遠の愛を生きるために。 主祷文 天使祝詞 栄唱[21]

ノート[編集]

  1. ^ "In Nov '73, exorcism expert Jesuit priest :de:Adolf Rodewyk

脚注[編集]

注書き
  1. ^ Michelのドイツ語発音は、「ミハエル・ミヒャエル」だが、このアンネリーゼ・ミシェル事件はアメリカの映画「エミリー・ローズ」の題材となって大きな話題を呼んだ当時、フランス語での発音”ミシェル”として大きく伝えられた。そのため、「アンネリーゼ・ミシェル」が多くの呼び名となっている。


[ヘルプ]
  1. ^ アンネリーゼ・ミシェルのエクソシズムにおける 悪魔の返答 Gaspare Bullinger 編
  2. ^ Wolff, Uwe (2006) (German). Der Teufel ist in mir. Munich: Heyne. p. 56. ISBN 3-453-60038-X. 
  3. ^ Ney-Hellmuth, Petra (2014) (German). Der Fall Anneliese Michel. Würzburg: Königshausen & Neumann. p. 20. ISBN 978-3-8260-5230-9. 
  4. ^ a b c d IL MEGLIO DEL WEB. L’esorcismo di Anneliese Michel. Una storia terribile. VIDEO.” (Italian). Sicilia Informazioni (2012年1月16日). 2013年6月26日閲覧。
  5. ^ a b c Society for Neuroscience (18 February 2011). SfN 2010 - Nano, Theme H, Featured Lectures, Special Lectures, Symposia/Minisymposia, Workshops, Satellites, and Socials. Coe-Truman Technologies. p. 6. ISBN 978-1-61330-001-5. http://books.google.com/books?id=JvDNN9z3PWgC&pg=PT6 2013年6月27日閲覧。. 
  6. ^ a b c d e f g h Hansen, Eric T. (2005年9月4日). “What in God's Name?!”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/09/02/AR2005090200559.html 2009年5月27日閲覧。 
  7. ^ a b Interviews in "Satan lebt – Die Rückkehr des Exorzismus", 2006, wdr, Documentary by Helge Cramer.
  8. ^ a b c d Eric Borsje (2013年6月17日). “Duitslands beroemdste horrorhuis afgebrand [Germany's most famous horror house burnt down]” (オランダ語). Het Laatste Nieuws. http://www.hln.be/hln/nl/960/Buitenland/article/detail/1653480/2013/06/17/Duitslands-beroemdste-horrorhuis-afgebrand.dhtml 2013年6月25日閲覧。 
  9. ^ a b Paris, André (2003年5月31日). “Unreiner Geist, weiche!” (German). Taz.de. 2011年5月15日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i MYSTICS OF THE CHURCH The Exorcism and death of Anneliese Michel--Why did she die? The true story: by Dallaire on July 1, 2015
  11. ^ a b c “Priests convinced woman was possessed”. The Windsor Star. (1978年4月4日). http://news.google.com/newspapers?id=s1s_AAAAIBAJ&sjid=yVIMAAAAIBAJ&pg=1378,1341502&hl=en 2011年5月14日閲覧。 
  12. ^ “Religion: A Phenomenon of Fear”. Time. (1976年9月6日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,918327,00.html 2010年4月25日閲覧。 
  13. ^ a b c d e “Bizarre exorcism draws suspended prison terms”. The Press-Courier. (1978年4月22日). http://news.google.com/newspapers?id=AcJdAAAAIBAJ&sjid=QF4NAAAAIBAJ&dq=anneliese%20michel&pg=5443%2C5231320 2013年6月26日閲覧。 
  14. ^ a b Michael Getler (1978年4月21日). “Cries of a Woman Possessed; German Court Hears Tapes in Exorcism Death Trial”. The Washington Post 
  15. ^ Fryer, Jane (2005年12月8日). “Satan's Schoolgirl; special report / Convinced she was possessed by the Devil, this girl's mother called in a team of exorcists. When she died in agony her parents were both charged with killing her. But who was really to blame for the tragedy?”. Daily Mail. http://www.highbeam.com/doc/1G1-139568266.html 
  16. ^ Duffey, John M. (2011). Lessons Learned: The Anneliese Michel Exorcism. ISBN 978-1-60899-664-3
  17. ^ Planned Polish Exorcism Center Sparks Interest in Germany”. DW. 2013年7月31日閲覧。
  18. ^ “German Catholics bring back exorcism”. The Local. (2008年5月21日). http://www.thelocal.de/society/20080521-12011.html 2013年7月31日閲覧。 
  19. ^ SAT.1 Television (2013年6月12日). “(Video & Text) Klingenberg-Exorzismus: Haben Satanisten dieses Haus angezündet?” (de). SAT.1. 2013年6月12日閲覧。
  20. ^ Helmut Reister (2013年6月16日). “Abgebrannt - Das Exorzisten-Haus” (de). Abendzeitung. 2013年6月16日閲覧。
  21. ^ http://digilander.libero.it/TSCSS/annalisamichel.htm

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]