アンヌ・イダルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンヌ・イダルゴ
Anne Hidalgo
Anne Hidalgo, février 2014.jpg
アンヌ・イダルゴ、2014年
生年月日 (1959-06-19) 1959年6月19日(62歳)
出生地 スペインの旗 スペインサン・フェルナンド
出身校

リヨン第三大学法学部

パリ第十大学法学部
現職 パリ市
所属政党 社会党
配偶者 Jean-Marc Germain
サイン Firma de Anne Hidalgo.svg
テンプレートを表示

アンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo、1959年6月19日 - )は、スペイン出身のフランス政治家パリ市長。出生時の名はアナ・マリア・イダルゴ・アレウ(Ana María Hidalgo Aleu)。

経歴[編集]

1959年6月19日アンダルシア州カディス県サン・フェルナンド出身[1]。父アントワーヌはサンディカリストで電気技師、母マリアはドレスメーカーであった[2]。一家は1962年春、長女マリー4歳、次女のアンヌ2歳を伴い、フランコ政権に反発してスペインから出国し、フランス・リヨンに移住した[3]。アンヌはリヨン市9区ヴェーズ地区で育った。 両親は後にスペインに帰国し、姉のマリーはロサンゼルスで事業を営んでいる。

労働者階級の家庭で育ち、14歳の時にフランス国籍を取得[4]。リヨン9区のリセ・ジャン=ペラン (lycée Jean Perrin) [5]を経て、リヨン第3大学、同大学院で社会法専攻修士課程[5][6]を修了(また後に、職業経験を経てパリ第10大学労働組合法に関する修士号取得 (仏: DEA de droit social)[6][7])。労働監視官として勤務した後、フランソワ・ミッテラン政権時代のマルティーヌ・オブリー雇用・連帯大臣の下で顧問を務めた[4]フランス社会党には30歳を過ぎてからの入党であった。

フランス国籍取得時に当時のスペインの法律により自動的にスペイン国籍は喪失したが、成人後にスペインの国籍法が改正されたことに伴い、改めてスペイン国籍を取得しており、現在はフランスとスペインの二重国籍者である。

2001年にベルトラン・ドラノエパリ市長に就任すると、第一助役に起用された。

2014年、ドラノエの任期切れに伴って新しく選出されるパリ市長選挙に出馬、国民運動連合が擁立したナタリー・コシュースコ=モリゼとの女性候補対決となった[8]。2014年3月30日の決選投票を制してナタリー・コシュースコ=モリゼに勝利し、同市初となる女性市長に当選した[4][9]

2017年2月に来日。

2020年6月28日に行われた統一地方選の決選投票で、共和党候補のラシダ・ダティマクロン大統領率いる与党共和国前進アニエス・ビュザンフランス語版を破って、パリ市長に再選した[10][11][12]

2021年8月に来日。東京オリンピック閉会式に出席し、2024年パリオリンピックに向けオリンピック旗を受け取る[13]

私生活[編集]

イダルゴは1980年代に最初の結婚をし、2子をもうけた[14][15]。2004年、政治家ジャン=マルク・ジェルマンと再婚。ジェルマンとは、2人がマルティーヌ・オブリーの事務所で働いていた時に知り合った[3]。ジェルマンとの間に2001年に男児をもうけている[15]

脚注[編集]

  1. ^ Who is Anne Hidalgo, the First Female Mayor of Paris?” (英語). International Business Times UK (2014年3月31日). 2018年3月13日閲覧。.
  2. ^ Marie-Eve Malouines, PARIS de femmes, Fayard,‎ 2014, p. 41.
  3. ^ a b "Anne Hidalgo, les secrets d'une personnalité clivante". lejdd.fr (フランス語). 2019年11月23日閲覧.
  4. ^ a b c パリ初の女性市長にイダルゴ氏 仏地方選、左派与党は大敗 AFPBB News 2014年3月31日付
  5. ^ a b Une Lyonnaise à l’assaut de Paris MAG2 LYON 23/11/2012
  6. ^ a b Anne Hidalgo Linternaute.com
  7. ^ 修士号取得者が更なるステップアップとして職業経験後等に取得する学位。日本で言う"生涯教育"と似て非なる"修士的な課程"。
  8. ^ パリ市長選女対女の対決 Ovninavi 2013年7月1日付
  9. ^ 仏統一地方選:保守が復調…オランド政権への不満噴出 毎日新聞 2014年3月31日付
  10. ^ フランス地方選でマクロン与党惨敗、求心力低下鮮明に パリ市長選も敗北” (日本語). 毎日新聞 (2020年6月29日). 2020年7月1日閲覧。
  11. ^ AFP (2020年6月28日). “Municipales à Paris: le triomphe d’Hidalgo, le fiasco de Buzyn” (フランス語). Libération.fr. 2020年7月1日閲覧。
  12. ^ Denis Cosnard (2020年6月29日). “Municipales 2020 : à Paris, la victoire d’Anne Hidalgo, la déroute d’Agnès Buzyn” (フランス語). Le Monde.fr. https://www.lemonde.fr/politique/article/2020/06/29/a-paris-la-victoire-d-anne-hidalgo-la-deroute-d-agnes-buzyn_6044515_823448.html 2020年7月1日閲覧。 
  13. ^ 五輪旗が東京からパリへ、小池都知事からイダルゴ市長に引き継ぎ” (日本語). www.afpbb.com. 2021年8月9日閲覧。
  14. ^ Virginie Le Guay, « Anne Hidalgo, une Parisienne à Manhattan », Paris Match, semaine du 5 au 12 juin 2014, page 100.
  15. ^ a b Louise Beliaeff (27 February 2020). "Anne Hidalgo : qui sont Mathieu, Elsa et Arthur, ses 3 enfants ?". Femme actuelle. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)

外部リンク[編集]

先代:
ベルトラン・ドラノエ
パリ市長
2014年 -
次代:
現職