アンヌス・ホッリビリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Annus horribilis(アンヌス・ホッリビリス)は、「ひどい年」あるいは「恐怖の年」を意味するラテン語の言いまわしである。これは「素晴しい年」を意味するAnnus mirabilis英語版というラテン語との対比となっている。

エリザベス2世[編集]

オックスフォード英語辞典では1985年より前に使用されていると掲載されているが、この言い回しを有名にしたのは、1992年11月24日にギルドホール英語版で行われたイギリス女王エリザベス2世の戴冠40周年を記念したスピーチである。エリザベス2世女王はこの年を"annus horribilis"と表現した。

1992 is not a year on which I shall look back with undiluted pleasure. In the words of one of my more sympathetic correspondents, it has turned out to be an Annus Horribilis.

この言い回しは1666年の出来事に関するジョン・ドライデンの詩「Annus Mirabilis英語版」をほのめかしている。"Sympathetic correspondent" は彼女の前秘書官補佐であったエドワード・フォードであると後に明らかにされた。

  • 1992年3月、彼女の次男であるヨーク公が妻のサラと別居することが発表された。この年内には、トップレスのサラが彼女の友人のジョン・ブライアンから足にキスされているスキャンダラスな写真がタブロイド誌に掲載された。
  • 4月、娘のプリンセス・ロイヤルが夫であるマーク・フィリップス英語版大佐と離婚した。
  • 6月、プリンセス・オブ・ウェールズの暴露本「ダイアナ妃の真実 Diana, Her True Story」が発売された。
  • 11月、ギルドホールでのスピーチのわずか4日前、女王の居城の一つであるウィンザー城が火事にあった。ウィンザー城はひどい損傷を受け、いくつかの貴重な工芸品が失われた。首相のジョン・メージャーは当初、(政府が所有するバッキンガム宮殿と同様に)政府がウィンザー城の修理費を負担することを示唆していた。慣習によって君主は国王あるいは女王の首相の助言を受諾しなければならないが、この計画には一般市民の相当な抗議があった。納税者のみに頼る計画の代替案として、政府は夏季の間いくつかの公有の王宮を女王が不在の時は観光客に公開し、その入場料をウィンザー城の修理費に当てることを決定した。
  • 12月、プリンス・オブ・ウェールズと妻のプリンセス・オブ・ウェールズ・ダイアナとの別居が発表された。

コフィー・アナン[編集]

当時国連事務総長であったコフィー・アナンは、2004年12月21日に行われた年末記者会見で、"There's no doubt that this has been a particularly difficult year, and I am relieved that this annus horribilis is coming to an end" と述べた[1]。彼の発言は、国連によるイラクでの石油食料交換プログラムにおける汚職に対して続いている疑惑をほのめかしていると広く解釈された[2]。彼の発言のわずか数日後、12月26日にこの年の最悪の災害であるスマトラ島沖地震が発生した。

フアン・カルロス1世[編集]

2007年、スペイン王室英語版、特にフアン・カルロス1世は困難な年に直面した。王室の悲劇と一連の論争から、スペインの新聞はこの年が王の「annus horribilis」であると言及した[3]

脚注[編集]

  1. ^ New York, 21 December 2004 - Secretary-General's year-end press conference (unofficial transcript)”. The Secretary-General Off the Cuff (2004年12月21日). 2012年2月15日閲覧。
  2. ^ Associated Press (2004年12月22日). “UN chief welcomes end of 'horrible' year”. NineMSN. オリジナル2005年9月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20050913182910/http://news.ninemsn.com.au/article.aspx?id=23293 2012年2月15日閲覧。 
  3. ^ “El “annus horribilis” del Rey Juan Carlos”. La Nación. (2007年11月15日) 
  4. ^ “Spanish royal sex cartoon banned”. BBC. (2007年7月20日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/6909047.stm 2012年2月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]