アンナ・リー (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンナ・リー
Anna Lee
Anna Lee
1936年7月
本名 Joan Boniface Winnifrith
生年月日 (1913-01-02) 1913年1月2日
没年月日 (2004-05-14) 2004年5月14日(91歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドケント州アイタム英語版
職業 女優
活動期間 1932年 - 2003年
配偶者
ジョージ・スタフォード
(m. 1944; 離婚 1964)

ロバート・ネイサン
(m. 1970; 死別 1985)
著名な家族 ヴェネチア・スティーヴンソン英語版(娘)
ジェフリー・バイロン英語版(息子)
主な作品
ジェネラル・ホスピタル
テンプレートを表示

アンナ・リーMBE(Anna Lee, MBE、1913年1月2日 - 2004年5月14日)は[1][2]、「イギリスのボムシェル」と言われた[3]イギリスアメリカ女優[4][5]

生い立ち[編集]

アニー・リー、出生名ジョーン・ボニフェス・ウィニフリス(Joan Boniface Winnifrith)は、ケント州アイタム英語版で校長兼聖公会牧師のバートラム・トーマス・ウィニフリスと彼の2番目の妻であるエディス・モード・ディグビー・ローパーの娘として生まれた[1]。父親は女優になりたいという娘の望みをサポートした。祖父のアルフレッド・ウィニフリス牧師はマリアンズリー英語版の教区牧師、兄のジョン・ウィニフリス卿英語版は、農業省の事務次官になったイギリスの高級官僚であった。またアーサー・コナン・ドイル卿の名づけ子であり、彼の娘のジーン・コナン・ドイル卿英語版は生涯の友人だった[6]

経歴[編集]

イギリス[編集]

リーはロイヤル・アルバート・ホールセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで訓練を受け[3]、19歳の時に『His Lordship』(1932年)の端役で銀幕デビューを果した[4]。1930年代初頭は、多くの映画でクレジットされない端役を演じていた。リーは衰退しつつあるイギリスの映画産業の梃入れを目的とするイギリス議会の法律である、1927年の映画法(Cinematograph Films Act of 1927)を満たすため、より重要な役を演じるようになっていった[7]。上流社会を描いた映画、特にルイス・ヘイワード英語版と主演した『Chelsea Life』(1933年)のミュリエル・マクストン役で知られていた[8]

1934年、当時イギリスで最大の製作会社であったゲインズボロ・ピクチャーズ英語版と契約を結び、コメディスリラー『The Camels Are Coming』、ドラマ映画The Passing of the Third Floor Back』、ホラー映画『The Man Who Changed His Mind』、戦争映画『友情と兵隊英語版』など、さまざまなジャンルで主役を演じた。1935年、ジェシー・マシューズ英語版のミュージカル『First a Girl』に貴族のプレイガールと他にミラノフ王女として出演。スタジオの大規模予算映画の1つである『キング・ソロモン英語版』に出演した[9]

1933年、エジプトのロケ地で『The Camels are Coming』の撮影中に[10]、最初の夫となる監督のロバート・スティーヴンソンに出会う[3]。1937年、ゴーモン・ブリティッシュ映画社の『ノン・ストップ紐育英語版』に主演。1938年、第一子出産のために産休をとった[11]。1939年、リーと夫はゲインズボロのヘッドであったマイケル・バルコン英語版が運営するイーリング・スタジオに移籍した。『Young Man's Fancy』(1939年)で貴族と恋に落ちる19世紀アイルランドのミュージックホールの歌姫を演じ、『Young Man's Fancy』(1939年)で主人公がイギリスに対する外敵の陰謀を阻止することを助けるジャーナリストを演じた[4]

イギリスでの最後の映画は、小さな海辺の町でツアー中に出会ったハリウッドスターに恋をする若いレパートリー・シアターの女優を描いた『Return to Yesterday』であった[12]。夫妻はアメリカ合衆国に移住し、スティーヴンソンはデヴィッド・O・セルズニックと契約を結んだ。彼女は第二次世界大戦中もイギリスの戦争遂行を支援し続け、1943年に他のイギリス人俳優と共に『提督の館ショナ語版』に出演した。これは、イギリスの慈善団体に資金を調達するために作られた映画だった[13]

アメリカ合衆国[編集]

ハリウッドに転居後、ジョン・フォードと懇意になり、『わが谷は緑なりき』、『馬上の二人』、『アパッチ砦』などの映画に出演した[14]。『フライング・タイガー』(1942年年)ではジョン・ウェインジョン・キャロル英語版と共演した[15]

フリッツ・ラング監督のエンスラポイド作戦を描いた戦時スリラー『死刑執行人もまた死す』(1943年)でブライアン・ドンレヴィウォルター・ブレナンと共演[16]ヴァル・リュートン製作のホラー・スリラー映画の『恐怖の精神病院英語版』(1946年)に出演[17]。1940年代から1950年代にかけて、『Robert Montgomery Presents』、『The Ford Theatre Hour』、『Kraft Television Theatre』、『Armstrong Circle Theatre』、『Wagon Train』などのテレビアンソロジーシリーズに頻繁に出演した。『ペリー・メイスン』のエピソード「The Case of the Unsuitable Uncle」(1962年)にクリスタル・ダーラム役でゲスト出演[18]

1958年、イギリスに戻りジョン・フォードの『ギデオン』に出演し、警視ジョージ・ギデオンの妻を演じた[19]。1965年、『サウンド・オブ・ミュージック』で車のエンジン部品を取り外してナチスを阻止し、フォン・トラップ家を脱出させた2人の修道女の1人シスター・マーガレッタ役で出演した[20]。『何がジェーンに起ったか?』(1962年)ではジョーン・クロフォードベティ・デイヴィスが演じる姉妹の隣人ベイツ夫人を演じた[19]。1994年、ウィーラー・ウィンストン・ディクソン英語版監督の長編映画『WhatCan IDo?』で主役を演じた[21][22]

後年、リーは昼ドラの『ジェネラル・ホスピタル』と『Port Charles』のリラ・クォーターメイン役で知られるようになったが、2003年にプロデューサーのジル・ファーレン・フェルプス英語版によって契約を外されたため、フェルプスは昼ドラ界や『ジェネラル・ホスピタル』の出演者たちから抗議された[23]。『ジェネラル・ホスピタル』の共演者の女優レスリー・チャールソン英語版によると、リーは元『ジェネラル・ホスピタル』のエグゼクティブ・プロデューサーであるウェンディ・リッシュ英語版から生涯の仕事として約束されていた。チャールソンは2007年に、「かの女性は彼女の90年代でした。そして新しい権力に引き継がれたとき、彼らは彼女を解雇し彼女の心を壊しました。それは必要なことではありませんでした。」と語った[23]

私生活[編集]

最初の夫であるロバート・スティーヴンソン監督と1933年に結婚し[3]、1939年にハリウッドに移住した。彼らにはヴェネチアとキャロラインという2人の娘がいた。元女優のヴェネチア・スティーヴンソン英語版は、エヴァリー・ブラザースのドン・エヴァリーと結婚し、エダン英語版、エリン、ステイシーの3人の子供がいる。リーとスティーヴンソンは1944年3月に離婚し、ヴェネチアとキャロラインは父親と暮らす選択をした。

リーは第二次世界大戦中のUSOツアーで、2番目の夫となるパイロットのジョージ・スタフォードに出会った。2人は1944年6月8日に結婚し、ジョン、スティーブン、ティム・スタフォードの3人の息子が生まれた[24]。ティム・スタフォードはジェフリー・バイロン英語版の芸名で俳優となった。リーは1945年4月6日にジョアンナ・ボニフェス・スタフォード(#123624)の名前で帰化してアメリカ市民になった。1945年6月8日に証明書(#6183889、カリフォルニア州ロサンゼルス)が発行された。スタフォードとは1964年に離婚。

1970年4月5日、『司教の妻』や『ジェニーの肖像』で知られる小説家のロバート・ネイサンと3度目にして最後の結婚。この婚姻は1985年の彼の死去まで続いた。

1930年代、ロンドンのバンクサイド英語版49にある家を所有していた。後に、この住所について書かれ2006年に刊行された『The House by the Thames』のために著者のジリアン・ティンダール英語版からインタビューを受けた。1710年に最初に建てられて以来、この家は石炭商の家、事務所、下宿、遺棄物集積場を経て、1900年代に再び個人の住居として使用された。この家はツアーガイドに有名な住居として記載されており、セント・ポール大聖堂の建設中にクリストファー・レンが住んでいた可能性があると主張されており、過去に可能性を主張された住人にはキャサリン・オブ・アラゴンウィリアム・シェイクスピアもいた[25]

1981年、交通事故により腰から下が麻痺した[3]

リーは頑固な保守派であり、自身の見解はウィンストン・チャーチル卿の見解と一致していると語っている[26][27]

受賞と栄誉[編集]

1982年、ドーバーの白い崖アイタム・モート英語版で募金活動を行った後、MBEを授与された[3]。1995年、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに彼女の星型プレートが配置された[3]。2004年5月21日、没後にデイタイム・エミー賞生涯功労賞を受賞した。賞を受け取るまで数ヵ月の予定であったが、受賞の数日前に91歳で肺炎により死去した[28]。息子のジェフリー・バイロンが代理で賞を受け取った。2004年7月16日、『ジェネラル・ホスピタル』はリーへのオマージュとしてリラ・クォーターメインの追悼式を放映した。

フィルモグラフィー[編集]

映画
原題 邦題 役名 備考
1932 Ebb Tide クレジットされず
Say It with Music
His Lordship Scrub Girl Chorine クレジットされず
1933 The King's Cup Minor Role クレジットされず
Yes, Mr. Brown クレジットされず
Mayfair Girl Bit Role クレジットされず
The Bermondsey Kid
Chelsea Life Muriel Maxton
Mannequin Babette
1934 Faces Madeleine Pelham
Rolling in Money Lady Eggleby
Lucky Loser Ursula Hamilton
The Camels are Coming Anita Rodgers
1935 Heat Wave Jane Allison
The Passing of the Third Floor Back Vivian
First a Girl Princess Miranoff
1936 The Man Who Changed His Mind Dr Wyatt
1937 OHMS 友情と兵隊 Sally Briggs
King Solomon's Mines キング・ソロモン Kathleen O'Brien
Non-Stop New York ノン・ストップ紐育 Jennie Carr
1939 The Four Just Men Ann Lodge
Young Man's Fancy Miss Ada
1940 Return to Yesterday Carol Sands
Seven Sinners 妖花 Dorothy
1941 My Life with Caroline かわいい女 Caroline
How Green Was My Valley わが谷は緑なりき Bronwyn
1942 Flying Tigers フライング・タイガー Brooke Elliott
Commandos Strike at Dawn 暁の勝利 Judith Bowen
1943 Forever and a Day 提督の館 Cornelia Trimble-Pomfret
Flesh and Fantasy 肉体と幻想 Rowena 第2話
Hangmen Also Die! 死刑執行人もまた死す Masha Novotny
1944 Summer Storm 夏の嵐 Nadena Kalenin
1946 Bedlam 恐怖の精神病院 Nell Bowen
G.I. War Brides Linda Powell
1947 The Ghost and Mrs. Muir 幽霊と未亡人 Mrs Miles Fairley
High Conquest Marie Correl
1948 Fort Apache アパッチ砦 Mrs Emily Collingwood
Best Man Wins Nancy Smiley
1949 Prison Warden Elisa Pennington Burnell
1958 Gideon's Day ギデオン Mrs Kate Gideon
The Last Hurrah 最後の歓呼 Gert Minihan
1959 The Horse Soldiers 騎兵隊 Mrs Buford
This Earth Is Mine 太陽の谷 Charlotte Rambeau
The Crimson Kimono クリムゾン・キモノ Mac
Jet Over the Atlantic スカイジャック Ursula Leverett
1960 The Big Night Mrs Turner
1961 Two Rode Together 馬上の二人 Mrs Malaprop
1963 The Prize 逆転 American Reporter クレジットされず
1962 The Man Who Shot Liberty Valance リバティ・バランスを射った男 Mrs. Prescott
Jack the Giant Killer ジャックと悪魔の国 Lady Constance
What Ever Happened to Baby Jane? 何がジェーンに起ったか? Mrs. Bates
Mutiny on the Bounty 戦艦バウンティ クレジットされず
1964 For Those Who Think Young 踊れ!サーフィン Laura Pruitt
The Unsinkable Molly Brown 不沈のモリー・ブラウン Titanic Passenger in Lifeboat クレジットされず
1965 The Sound of Music サウンド・オブ・ミュージック Sister Margaretta
1966 7 Women 荒野の女たち Mrs Russell
Picture Mommy Dead 陰謀の屋敷 Elsie Kornwald
1967 In Like Flint 電撃フリント・アタック作戦 Elisabeth
1968 Star! スター! Hostess クレジットされず
1978 Legend of the Northwest    
1979 The Night Rider  Lady Earl
1987 Right Hand Man ライトハンド・マン/禁じられた抱擁 Worn Woman
Beyond the Next Mountain Governor's Wife
1989 Listen to Me 青春!ケンモント大学 Garson's Grandmother
Beverly Hills Brats ビバリーヒルズ・ブラッツ Gertie
1994 What Can I Do Elderly Woman
テレビ
原題 邦題 役名 備考
1950 Robert Montgomery Presents Frances Lawrence 1エピソード
1951 Studio One Anita Derr 1エピソード
1952 Robert Montgomery Presents Ann Hammond 2エピソード
1958 Peter Gunn ピーター・ガン Sister Thomas Aquina 1エピソード
1960 The Barbara Stanwyck Show 1エピソード
1962 Perry Mason ペリー・メイスン Crystal Durham 1エピソード
McHale's Navy Pamela Parfrey 1エピソード
1963 The Alfred Hitchcock Hour ヒッチコック劇場 Roberta Saunders 1エピソード
1964 The Movie Maker テレビ映画
1965 Combat! コンバット! Sister Lescaut 1エピソード
1966 My Three Sons パパ大好き Louise Allen 1エピソード
1967 Gunsmoke ガンスモーク Amy Bassett 1エピソード
1968 Mannix "Edge Of The Knife" マニックス Mrs Harriman 1エピソード
1970 Mission: Impossible スパイ大作戦 Maria Malik 1エピソード
1973 My Darling Daughters' Anniversary Judge Barbara Hanline テレビ映画
1977 Eleanor and Franklin: The White House Years 我が生涯の大統領/ルーズベルト夫人風雪の60年 Laura Delano テレビ映画
1978 The Beasts Are on the Streets 猛獣大脱走/全市民緊急避難せよ Mrs Jackson テレビ映画
1979–2003 General Hospital ジェネラル・ホスピタル Lila Quartermaine 77エピソード
(最後の出演)
1980 Scruples Aunt Wilhelmina 3エピソード
1997 Port Charles Lila Quartermaine

脚注[編集]

  1. ^ a b Bergan, Ronald (2004年5月18日). “Anna Lee”. The Guardian. https://www.theguardian.com/news/2004/may/18/guardianobituaries.film 2016年9月17日閲覧。 
  2. ^ Leslie Halliwell (1988). Halliwell's filmgoer's companion. Grafton. p. 421. ISBN 978-0246133229 
  3. ^ a b c d e f g Anna Lee”. telegraph.co.uk (2004年5月18日). 2015年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月26日閲覧。
  4. ^ a b c Anna Lee”. BFI.org.uk. 2020年10月26日閲覧。
  5. ^ Anna Lee – Biography, Movie Highlights and Photos – AllMovie”. AllMovie. 2020年10月26日閲覧。
  6. ^ Lee, Anna; Roisman Cooper, Barbara (2007). Anna Lee: Memoir of a Career on General Hospital and in Film. McFarland & Company (Jefferson, North Carolina/London). p. 44. ISBN 978-0786431618 
  7. ^ Chibnall 2007, pp. 40–41.
  8. ^ Chibnall 2007, pp. 117–18.
  9. ^ King Solomon's Mines (1937)”. AllMovie. 2020年10月26日閲覧。
  10. ^ The Unknown 1930s 1998, p. 163.
  11. ^ The Unknown 1930s 1998, p. 173.
  12. ^ The Unknown 1930s 1998, pp. 174-76.
  13. ^ Forever and a Day (1943)”. AllMovie. 2020年10月26日閲覧。
  14. ^ Anna Lee – Movies and Filmography – AllMovie”. AllMovie. 2020年10月26日閲覧。
  15. ^ Flying Tigers (1942)”. BFI.org.uk. 2020年10月26日閲覧。
  16. ^ Hangmen Also Die! (1943) – Fritz Lang – Cast and Crew – AllMovie”. AllMovie. 2020年10月26日閲覧。
  17. ^ Bedlam (1946)”. BFI.org.uk. 2020年10月26日閲覧。
  18. ^ Perry Mason: The Case of the Unsuitable Uncle (1962)”. AllMovie. 2020年10月26日閲覧。
  19. ^ a b Gideon's Day (1958)”. BFI.org.uk. 2020年10月26日閲覧。
  20. ^ The Sound of Music (1965)”. AllMovie. 2020年10月26日閲覧。
  21. ^ What Can I Do? (1994)”. IMDb. 2020年10月26日閲覧。
  22. ^ Wheeler Winston Dixon – MoMA”. The Museum of Modern Art. 2020年10月26日閲覧。
  23. ^ a b Soap Opera Weekly, 13 February 2007, p. 2
  24. ^ Star Diary, 10 October 1954.
  25. ^ “The city's other shore”. The Economist. (2006年3月23日). http://www.economist.com/node/5655051?zid=310&ah=4326ea44f22236ea534e2010ccce1932 2020年10月26日閲覧. ""Things pick up in the 1930s, when the house was briefly occupied by Anna Lee, a starlet. The author tracked her down in 2003; she was living in Beverly Hills, having built a second career on the marathon American soap opera General Hospital. She remembered the house fondly; her sister recalled being escorted home by policemen, as the neighbourhood was thought to be dangerous."" 
  26. ^ Oliver, Myrna (2004年5月18日). “Anna Lee, 91;‘General Hospital’Matriarch”. latimes.com. 2020年10月26日閲覧。
  27. ^ Fitzgerald, Mike. “Interview with Anna Lee”. westernclippings.com. 2020年10月26日閲覧。
  28. ^ Anna Lee, 91: General Hospital Actress”. emmys.com. 2020年10月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • Chibnall, Steve (2007). Quota Quickies: The Birth of the British 'B' Film. British Film Institute. ISBN 978-1844571550 
  • Jeffrey Richards, ed (1998). The Unknown 1930s: An Alternative History of the British Cinema, 1929–1939. I.B. Tauris. ISBN 978-1860643033 

外部リンク[編集]