アンナ・ベッソノバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンナ・ベッソノバ
Anna Bessonova
Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Annabessonova.jpg
選手情報
フルネーム アンナ・ヴラジーミロヴナ・ベッソノバ
愛称 ベス、アーニャ
国籍  ウクライナ
生年月日 (1984-07-29) 1984年7月29日(34歳)
生誕地 ウクライナキエフ
身長 173cm
体重 52kg
種目 新体操
所属 デルギナスクール
 
獲得メダル
新体操
オリンピック
2004 アテネ 個人総合
2008 北京 個人総合
世界選手権
2001 マドリード 団体総合
2002 ニューオーリンズ 5リボン
2003 ブダペスト フープ
2003 ブダペスト クラブ
2007 パトラス 個人総合
2001 マドリード フープ
2001 マドリード ボール
2003 ブダペスト 個人総合
2003 ブダペスト ボール
2003 ブダペスト リボン
2003 ブダペスト 団体総合
2005 バクー 団体総合
2005 バクー 個人総合
2005 バクー ロープ
2005 バクー ボール
2005 バクー クラブ
2005 バクー リボン
2007 パトラス クラブ
2007 パトラス リボン
2009 三重 リボン
1999 大阪 団体総合
2001 マドリード 個人総合
2001 マドリード ロープ
2007 パトラス フープ
2009 三重 個人総合
2009 三重 ロープ
2009 三重 ボール
テンプレートを表示

アンナ・ヴラジーミロヴナ・ベッソノバウクライナ語: Ганна Володимирівна Безсонова[1]ロシア語: Анна Владимировна Бессоноваラテン翻字:Anna Vlodymyrovna Bessonova1984年7月29日 - )はウクライナの元新体操選手。身長173cm。ベッソノワ、ベッソーノワという表記の場合もある。ウクライナの公用語であるウクライナ語名ではハンナ・ヴォロディームィリウナ・ベズソノヴァ[2]だが、ウクライナ語名に沿った日本語表記は使用されていない。

経歴[編集]

ウクライナのキエフ出身。デルギナスクール(DERIUGINA SCHOOL)所属。母は元新体操(団体)選手、父は元サッカー選手のウラジーミル・ベスソノフ。ニックネームは、ベス、アーニャ。尊敬する選手は、アレクサンドラ・ティモシェンコ

近年の大会ではロシアアリーナ・カバエワイリーナ・チャシナとトップを争い「3強」と称されていたが、いずれも3番手に甘んじていることが多かった。しかしながら、ハイキックをはじめ長い手足を活かした芸術性への評価は高く、演技の美しさよりも技の難易度の高さを重視する現在の採点方法とプレイスタイルがかみ合っていないためだとする見方も出来る。その逆境の中、ついに2007年の世界選手権では、ロシア勢を抑えて念願の個人総合1位となった。

北京オリンピックの金メダル候補として迎えた2008年だが、ヨーロッパ選手権で成長著しいロシアエフゲニア・カナエワに敗れ、個人総合2位となる。北京オリンピックでも、カナエワ、ベラルーシインナ・ジュコワに敗れ、アテネオリンピックに続き銅メダルに終わる。

競技成績[編集]

  • 2002年
  • 2003年
  • 2004年
  • 2005年
    • ワールドゲームズ ロープの部 1位
    • 第23回ユニバーシアード 個人総合1位
    • イオンカップ2005 シニアの部 総合3位
    • ヨーロッパ選手権 個人総合3位
    • 世界新体操選手権 個人総合2位
  • 2006年
    • ワールドカップシリーズ ロープ、クラブ、リボン 1位
    • ヨーロッパ選手権 個人総合3位
    • イオンカップ2006 シニアの部 個人4位
  • 2007年
    • 世界新体操選手権 個人総合1位
    • 第24回ユニバーシアード 個人総合1位
    • イオンカップ2007 シニアの部 個人3位
  • 2008年
    • ヨーロッパ選手権 個人総合2位
    • 北京オリンピック 個人総合3位(銅メダル)
    • イオンカップ2008 シニアの部 個人2位
  • 2009年
    • 世界新体操選手権 個人種目別(ロープ)3位
    • 世界新体操選手権 個人種目別(ボール)3位
    • 世界新体操選手権 個人種目別(リボン)2位
    • 世界新体操選手権 個人総合3位

TV出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Анна Володимирівна Безсоноваと書かれている場合もある。
  2. ^ ベズソーノヴァアンナとも。

参考文献[編集]

  • 「飛ぶアリーナ―川津英夫×川津悦子」日本写真企画 (2007/05) 新体操の名門デルギナスクールの練習風景が中心の写真集

外部リンク[編集]