アンナ・エリーザベト・ルイーゼ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンナ・エリーザベト・ルイーゼ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート
Anna Elisabeth Luise von Brandenburg-Schwedt
AnnaLuiseBraSchwedtPreussen.jpg
出生 (1738-04-22) 1738年4月22日
死去 (1820-02-10) 1820年2月10日(81歳没)
埋葬  
Flag of the German Confederation (war).svg ドイツ連邦ベルリン大聖堂
配偶者 プロイセン王子フェルディナント
子女 一覧参照
父親 ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルム
母親 ゾフィー・ドロテア・フォン・プロイセン
テンプレートを表示

アンナ・エリーザベト・ルイーゼ・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート(Anna Elisabeth Luise von Brandenburg-Schwedt, 1738年4月22日 - 1820年2月10日)は、プロイセン王子フェルディナントの妃。ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムと、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の娘ゾフィー・ドロテアの間の次女。

1755年9月27日、ルイーゼはシャルロッテンブルク宮殿で母方の叔父フェルディナント王子と結婚した。ルイーゼは美人で機転がよく利いたという。フェルディナント王子は1801年、妻のためにベルヴュー宮殿を購入している。ルイーゼは長生きをし、王族の中では伯父のフリードリヒ2世大王の時代を知る最後の生き証人として亡くなり、ベルリン大聖堂に葬られた。

子女[編集]

夫フェルディナント王子との間に五男二女をもうけたが、第一子フリーデリケの実の父親は軍人・地理学者のシュメッタウ伯爵フリードリヒ(1743年 - 1806年)とされる。