アンナ・エミーリエ・フォン・アンハルト=ケーテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンナ・エミーリエ・フォン・アンハルト=ケーテン=プレスAnna Emilie von Anhalt-Köthen-Pleß, 1770年5月20日 プレス - 1830年2月1日 フュルステンシュタイン城ヴァウブジフ郊外)は、ドイツの諸侯アンハルト=ケーテン家の分家プレス侯爵家の公女。

アンハルト=ケーテン=プレス侯フリードリヒ・エルトマンとその妻でシュトルベルク=ヴェルニゲローデハインリヒ・エルンストの娘ルイーゼ(1744年 - 1784年)の間の第3子、長女として生まれた。1791年5月21日にプレス(現在のポーランドシロンスク県プシュチナ郡プシュチナ)において、ハンス・ハインリヒ6世・フォン・ホッホベルク伯爵(Graf Hans Heinrich VI. von Hochberg, 1768年 - 1833年)と結婚した。アンナの男兄弟はいずれも子供が無く、1847年にアンナの弟ハインリヒが死去すると、アンハルト=ケーテン家は断絶した。この際、女系相続が認められているシレジアのプレス侯領は、アンナの長男ハンス・ハインリヒ10世が相続した。

哲学者フリードリヒ・シュライアマハーの姉妹シャルロッテ・シュライアマハー(Charlotte Schleiermacher)の親友であり、シュライアマハー家を経済的に支援していた[1]。またハルツ狭軌鉄道Harzer Schmalspurbahnen)の通過地点で、ヴェルニゲローデ郊外のドライ・アンネン・ホーネ(Drei Annen Hohne)は、母方の伯父のシュトルベルク=ヴェルニゲローデ伯クリスティアン・フリードリヒがアンナ・エミーリエを含む自分の娘や姪たちの洗礼名に因んで付けた地名である。

子女[編集]

  • ルイーゼ(1804年 - 1851年) - 1827年、エドゥアルト・フォン・クライスト伯爵と結婚
  • ハンス・ハインリヒ10世(1806年 - 1855年) - プレス侯

参考文献[編集]

  • W. John Koch: Schloss Fürstenstein: Erinnerungen an einen schlesischen Adelssitz, 2006, S. 18
  • Alexander von Daniels: Handbuch der deutschen Reichs- und Staatenrechtsgeschichte: 2, Deutsche Zeit; Bd. 3, S. 538

脚注[編集]

  1. ^ Andreas Arndt, Wolfgang Virmond, Hermann Fischer (Hrsg): Friedrich Schleiermacher: Kritische Gesamtausgabe: Briefwechsel und biographische Dokumente. Briefwechsel 1802-1803 : (Briefe 1246-1540), Teil 5, Band 6, Walter de Gruyter, 2005, S. 37