アンドロメダ座51番星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドロメダ座51番星
51 Andromedae
Andromeda constellation map.png
アンドロメダ座51番星の位置
星座 アンドロメダ座
視等級 (V) 3.57[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 01h 37m 59.55699s[1]
赤緯 (Dec, δ) +48° 37′ 41.5695″[1]
赤方偏移 0.000054[1]
視線速度 (Rv) 16.15km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 61.95 ミリ秒/年[1]
赤緯: -112.15 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 18.41 ± 0.18ミリ秒[1]
距離 177.16 ± 1.75光年[注 1]
(54.32 ± 0.53パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -0.105 等[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 K3III[1]
色指数 (B-V) 1.275[2]
色指数 (U-B) 1.230[2]
別名称
別名称
ネンブス,
ペルセウス座ウプシロン星,
υ Per, BD+47 467,
FK5 52, HD 9927,
HIP 7607, HR 464,
SAO 37375[1]
■Project ■Template

アンドロメダ座51番星(アンドロメダざごじゅういちばんせい、51 And)はアンドロメダ座の4等星である。

概要[編集]

オレンジ色の巨星で、太陽系からの距離は約177光年

この星は、「プトレマイオスの星表」や「ティコの星表」などでは、もともとアンドロメダ座に属するものとされており、ペルセウス座φ星とともにアンドロメダ姫の右足とされていた。ところが、バイエルによって、ペルセウス座φ星ともども隣接するペルセウスの持つ剣とされ、ペルセウス座υ星とされた。この星がアンドロメダ座では5番目に明るいのにもかかわらず、アンドロメダ座としてのバイエル符号を持たないのはそのためである。

その後、ヘヴェリウスによってペルセウス座からアンドロメダ座に戻され、フラムスティードもこれを踏襲して 51 Andromedae とした。その後もアルゲランダーハイスはペルセウス座の星としていたが、国際天文学連合により1930年に88星座の境界線が定められた際にアンドロメダ座に所属するものと確定した。

名称[編集]

学名は51 Andromedae (略称は51 And) 。バイエルの『ウラノメトリア』やボーデの『ウラノグラフィア』にはネンブス (Nembus) という固有名が見られるが、日本では用いられていない。Nembus の意味としてバイエルは剣や鎌のようなものとしているが、アラビア語ラテン語にも nembus という言葉はなく、語源は不明である[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k SIMBAD Astronomical Database”. 51 Andromedae. 2014年8月16日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版
  3. ^ Richard Hinckley Allen (1899). Star Names - Their Lore and Meaning. http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Gazetteer/Topics/astronomy/_Texts/secondary/ALLSTA/Perseus*.html 2014年8月16日閲覧。.