アンドレ・ヴァンデルノート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アンドレ・ヴァンデルノートAndré Vandernoot, 1927年6月2日 - 1991年11月6日[1][2]は、ベルギー指揮者

ブリュッセルに生まれ、ブリュッセル王立音楽院で学んだ後、1951年ブザンソン国際指揮者コンクールで8位[3]入賞する。1952年からウィーン音楽院で学び、1954年からベルギー国立管弦楽団の指揮台に上がるようになった。1958年アントウェルペンの歌劇場でコレペティトール(練習指揮者)を務めた後は、1960年モネ劇場の音楽監督になり、1974年から翌年までベルギー国立管弦楽団の音楽監督を務めた。

1978年からはブラバント管弦楽団の音楽監督になる一方、1976年から1982年までアントワープ・フィルハーモニー管弦楽団(現ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団)の首席客演指揮者となり、1987年から1991年までRTBF交響楽団の首席指揮者を務めた。

1991年ブリュッセルで死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]