アンドレ・マリー・コンスタン・デュメリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
André Marie Constant Duméril
André Marie Constant Duméril.jpg
André Marie Constant Duméril
生誕 1774年1月1日
アミアン
死没 (1860-08-14) 1860年8月14日(86歳没)
パリ
国籍 フランス
研究分野 動物学
研究機関 フランス国立自然史博物館
プロジェクト:人物伝

アンドレ・マリー・コンスタン・デュメリル(フランス語:André Marie Constant Duméril、1774年1月1日 – 1860年8月14日)は、フランス動物学者である。1801年から1812年までフランス国立自然史博物館解剖学の教授を務め、その頃に魚類学爬虫両棲類学の教授となった。後年、昆虫にも興味を示した。

息子のオーギュスト・デュメリルもまた動物学者である。1853年以降は、息子に後を譲り、1957年に引退。死の2か月前にレジオンドヌール勲章コマンドゥールを授与された。ペール・ラシェーズ墓地に埋葬されている。

著書[編集]

  • Zoologie analytique (1806)
  • Catalogue méthodique de la collection des reptiles(爬虫類標本の体系的一覧、1851)- 親子の共著
  • Prodrome de la classification des reptiles ophidiens(1853)- 全7巻、蛇の分類に関する本
  • l’Erpétologie générale ou Histoire naturelle complète des reptiles (1834–1854、全9巻) - 爬虫類 1,393 種が解剖学・生理学・書誌学的に詳細に記述されている。動物学者ガブリエル・ビブロンとの共著
  • Entomologie analytique(1860年、全2巻)- 昆虫学の本

エポニム「デュメリルの名前から付けられた学名」[編集]