アンドレ・ギュトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンドレ・ギュトン(André Gutton, 1904年 - 1980年)は、フランス都市計画家建築家

略歴[編集]

1927年から1936年にかけて、フランス政府都市計画の担当官として奉職。その後1943年から1969年まで、フランス学士院でチーフを務める。

1948年から1968年の間エコール・デ・ボザール在職。さらに1946年から1963年パリ大学都市計画研究所在職、1950年から1954年にはパリのオペラ座修復主務担当。シリア独立後の1952年、アレッポの都市改善を担当し、現代交通に対応した近代的街路網を策定。

参考文献[編集]

  • アンドレ・ギュトン(佐々木隆文訳)『住居 その本質とプラン』(鹿島出版会 1982年)