アンドレアス・フォーレンヴァイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレアス・フォーレンヴァイダー
Andreas Vollenweider.jpg
基本情報
生誕 1953年10月4日
出身地 スイスの旗 スイス チューリッヒ
ジャンル ワールドミュージック
クラシック
ジャズ
ニューエイジ・ミュージック
レーベル Edel Records
Kin-Kou Music
Content Records
CBSレコード
コロムビアCBSレコード
ソニー・クラシカルSMEレコード
SBKレコードEMI
公式サイト http://www.vollenweider.com
著名使用楽器
エレクトリック・ハープ

アンドレアス・フォーレンヴァイダー(Andreas Vollenweider、1953年10月4日 - )はスイス音楽家である。彼の音楽はワールドミュージックジャズニューエイジクラシックなど幅広いジャンルに分類されている。実際、彼のアルバムのうち2枚はビルボードチャートでクラシック、ジャズ、ポップスクロスオーバーの4部門で同時に11週間以上1位の座にあった。彼のメイン楽器は自作のエレクトリック・ハープであるが、その他にも中国古筝など世界の様々な楽器を演奏する。彼のアルバムでは単純なソロ曲からオーケストラや独奏者向けの組曲まで、彼の作曲した様々な楽曲で多数のミュージシャンが競演している。曲はほとんどがインストゥルメンタルだが、まれにヴォーカル曲もある。

過去の共演者にはボビー・マクファーリンカーリー・サイモンジヴァン・ガスパリアンエリザ・ギルクソンルチアーノ・パヴァロッティレディスミス・ブラック・マンバーゾカルロス・ヌニェスレイ・アンダーソンミルトン・ナシメントなどがいる。

フォーレンヴァイダーは政治的には積極的な平和主義者であり、マハトマ・ガンディーの非暴力抵抗主義を踏襲している。公式ウェブサイト[1]において、彼は他のものとともにガンディーの言葉を引用し、アメリカによるイラク戦争についての認識を喚起するため、紛争によって生じたアメリカとイラク双方の犠牲者数を反映するカウンタを設置した。

経歴[編集]

生い立ちとキャリア[編集]

フォーレンヴァイダーは1953年10月4日、チューリッヒにおいて作曲家でありオルガン奏者でもあるハンス・フォーレンヴァイダーの子として生まれた。[2]様々な楽器への習熟と独学を通してフォーレンヴァイダーは1975年にハープと出会う。[3]この楽器、特に彼が独自に改造したエレクトリック・アコースティック・ハープは彼の音楽を特徴づける音色を生み出した。この頃からフォーレンヴァイダーは映画や劇場、テレビなどの音楽製作も手がけるようになる。

彼の最初のアルバムは1979年にスイスでリリースされたEine Art Suite in XIII Teilenである。このアルバムに収録された曲のいくつかは1981年モントルー・ジャズ・フェスティバルで演奏された。この初のコンサートに続きフォーレンヴァイダーは2作目のアルバムとなるBehind the Garden - Behind the Wall - Under the Treeを同年の秋に世界リリースする。

次のアルバムCaverna Magica1982年にリリースされた。シングル曲Pace Verde(「緑の平和」の意)はこのアルバムからのカット曲であり、環境平和運動への献曲として1983年にリリースされた。同年彼はCaverna Magicaオランダアムステルダムにてオランダの音楽賞であるエディソン賞を受賞する[3]

1980年代中盤から90年代初頭[編集]

アルバムWhite Winds1984年にリリースされ、アメリカの3つの音楽チャートに載った。ほどなくして1985年にはアメリカツアーが行われ、ケネディ・センター(ワシントンD.C.)、ニューヨークカーネギー・ホールラジオシティ・ミュージックホールユニバーサル・アンフィシアターロサンゼルス)での公演を実現した。[2]4作目のアルバムとなるDown To The Moon1986年)でフォーレンヴァイダーはグラミー賞を獲得し、ヨーロッパ日本カナダ、アメリカ、オーストラリアでツアーを行う。

5枚目のアルバムDancing With The Lion1989年)でフォーレンヴァイダーは彼の音楽製作の手法を大きく変える。従来のアルバムではある程度の固定メンバーで収録を行っていたが、Dancing With The Lionでは様々な音楽ジャンルから多数のゲストミュージシャンを呼んでいる。またこのアルバムでフォーレンヴァイダーは2本のミュージックビデオを自ら監督製作し、そのなかで彼はストーリー製作、振り付け、セットや衣装のデザインにも深く携わった。[3]1991年には従来のアルバムに比べてより交響楽的な音作りがみられるBook of Rosesをリリースした。[3]

1992年にはモナコワールド・ミュージック・アワードを受賞し、モスクワ赤の広場で行われたチェルノブイリ原発事故の犠牲となった子供のためのチャリティー公演に参加した。

90年代中盤から後半[編集]

1994年にリリースされたアルバムEolian Minstrelではフォーレンヴァイダーの音楽に新たな変化がみられた。それまでのアルバムはインストゥルメンタルが主体であり、時々歌詞なしのソロや歌詞付きのコーラスが挿入されるのみだったが、Eolian Minstrelではほとんどの曲にフォーレンヴァイダーが作詞した歌詞がつけられ、カーリー・サイモンエリザ・ギルクソンによって歌われている。ヴォーカルに重点を置いたアルバムはこれ以降11年間現れることはなかったものの、詞はその後のフォーレンヴァイダーの音楽で重要な位置を占めるようになる。

1994年から1997年の間には数々のコンサートを行っている。特筆すべきものとしてPavarotti and Friendsをフィーチャーしてイタリアモデナで行ったもの、ズッケロと共演した南アルプスブルーニコでの標高2500mコンサートやランサローテ島の火山性洞窟で行われるFestival Musica Visualでの演奏など変わった場所でのライブがある。[3]

1998年には世界中からアーティストを集めた交響楽的色彩の強いKryptosがリリースされる。同年夏には彼の次なる交響楽プロジェクトWolkensteinを手がける。彼自身が「シンフォニック・マインド・ムービー」と呼ぶこの作品の初演はチューリッヒの150周年を祝うために行われた。

1999年Cosmopolyはワールドミュージック指向への回帰を鮮明にし、カーリー・サイモンやピアニストのアブダラ・イブラヒム、歌手・作詞としてミルトン・ナシメント, ボビー・マクファーリンドゥドゥク奏者のジヴァン・ガスパリアンそしてトロンボーン奏者のレイ・アンダーソンらが参加した。Cosmopolyツアーは右記のアーティストから多くを特別ゲストとして呼んで行われた。

2000年以降[編集]

フォーレンヴァイダーの「交響小説」Tales of Kira Kutan2002年ワルシャワ映画音楽祭でプレミア上映される。同年彼はロッド・スタイガーソクラテスを演じた舞台ソクラテス — 文明の黎明の音楽製作と演奏を手がけた。[4]

2002年から現在までフォーレンヴァイダーは様々な音楽祭での演奏やコンピレーション・アルバムDVDの製作に没頭する。ヴォーカルを主体とした2つ目の作品は2005年にフォーレンヴァイダー自身がほとんどのヴォーカルを担当したVOXとして結実した。2006年にはMidnight Clearを、続いて2009年には最新のフルアルバムA I Rをリリースする。[2]

ディスコグラフィー[編集]

  • Eine Art Suite in XIII Teilen(1979年)
  • Behind the Garden - Behind the Wall - Under the Tree(1981年)
  • Caverna Magica(1983年)
  • Pace Verdeグリーンピースのためのシングル、1983年)
  • White Winds (Seeker's Journey)(1984年)
  • Down to the Moon(1986年)
  • Dancing with the Lion(1989年)
  • Traumgarten(父でありオルガン奏者のハンス・フォーレンヴァイダーとのコラボレーション、1990年)
  • The TrilogyBehind the GardensCaverna MagicaWhite WindsPace VerdeそしてEine Art Suiteからの選曲を含むコンピレーション、1990年)
  • Book of Roses(1991年)
  • Eolian Minstrel(1993年)
  • Andreas Vollenweider & Friends - Live 1982-1994(1994年)
  • Kryptos(1997年)
  • NANS N 50 - 50 (1998年)
  • Cosmopoly(1999年)
  • Vox(CD+DVD、2004年)
  • The Essential Andreas Vollenweider(コンピレーション、2005年)
  • The Storyteller(コンピレーション、2005年)
  • Magic Harp(コンピレーション、CD+DVD、2005年)
  • The Magical Journeys of Andreas Vollenweider(DVDアンドレアス・フォーレンヴァイダーの魔法の旅サウンドトラック、2006年)
  • Midnight Clear(feat.カーリー・サイモン、2006年)
  • A I R(feat.クサヴィア・ナイドー、2009年)

脚注[編集]