アンドレアス・ザイミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレアス・ザイミス
Ανδρέας Ζαΐμης
AνδρέαςΖαΐμης.jpg
第4代ギリシャ臨時執政
任期
1826年4月26日 – 1827年4月14日
前任者 ゲオルギオス・クンドゥリオティス英語版
後任者 イオアニス・カポディストリアス
個人情報
生誕 1791年
オスマン帝国 オスマン帝国カラブリタ英語版
死没 1840年5月4日
ギリシャ ギリシャ王国アテネ
配偶者 エレニ・デリギャーニΕλένη Δεληγιάννη
宗教 ギリシャ正教会

アンドレアス・ザイミスギリシア語: Ανδρέας Ζαΐμης1791年 - 1840年5月4日[1])は、ギリシャの革命家。ギリシャ独立戦争中に臨時執政を務めた(在任:1826年4月26日 - 1827年4月14日)。

生涯[編集]

ザイミスはペロポネソス半島北部のカラブリタ英語版で生まれ、ギリシャ独立戦争で軍人としてオスマン帝国に対抗、最終的にはギリシャの独立を確保した。

1826年、ザイミスはギリシャ臨時政府の元首に選ばれた。息子のトラシヴロス・ザイミスと孫のアレクサンドロス・ザイミス英語版は後にギリシャの首相を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ Ιστορικά, τ. 12, 2001, Ελευυθεροτυπία.
公職
先代:
ゲオルギオス・クンドゥリオティス英語版
ギリシャ臨時執政
1826年4月26日 - 1827年4月14日
次代:
イオアニス・カポディストリアス
ギリシャ大統領として