アンドリュー・ベースヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドリュー・J・ベースヴィッチ・シニア(Andrew J. Bacevich, Sr、1947年 - )は、アメリカ合衆国国際政治学者。専門は、アメリカ外交。

イリノイ州生まれ。陸軍士官学校卒業後、アメリカ陸軍に勤務し、ベトナム戦争に従軍。湾岸戦争後に退役。

プリンストン大学でアメリカ外交史を専攻し、博士号取得。陸軍士官学校やジョンズ・ホプキンス大学で教鞭を執り、1998年からボストン大学の国際関係論教授。

ジョージ・W・ブッシュが指示する予防戦争に対して,「不道徳的、非倫理的、無分別」であると批判した[1] 。 彼の息子も陸軍将校であったがイラク戦争で2007年5月に戦死した[1][2]

著書[編集]

単著[編集]

  • American Empire: the Realities and Consequences of U.S. Diplomacy, (Harvard University Press, 2002).
  • The New American Militarism: How Americans are Seduced by War, (Oxford University Press, 2005).
  • The Limits of Power: the End of American Exceptionalism, (Metropolitan Books, 2008).
菅原秀訳『アメリカ・力の限界』(同友館、2009年)
  • Washington Rules: America's Path to Permanent War (Macmillan, USA, 2010)

編著[編集]

  • The Imperial Tense: Prospects and Problems of American Empire, (Ivan R. Dee, 2003).
  • The Long War: A New History of U.S. National Security Policy since World War II, (Columbia University Press, 2007).

共編著[編集]

  • War over Kosovo: Politics and Strategy in a Global Age, co-edited with Eliot A. Cohen, (Columbia University Press, 2001).
  • The Gulf War of 1991 Reconsidered, co-edited with Efraim Inbar, (Frank Cass, 2003).

参考文献[編集]