アンドラニク・マルカリャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンドラニク・マルカリャンアルメニア語: Անդրանիկ Մարգարյան英語: Andranik Markaryan1951年6月12日 - 2007年3月25日)は、アルメニア政治家首相エレバン出身。アルメニア共和党所属。

1999年10月27日ワスゲン・サルキシャン首相が国会議事堂で暗殺され、アラム・サルキシャン英語版が首相に就任する。その後2000年5月2日にサルキシャンが罷免されたため、10日後の5月12日よりマルカリャンが首相に就任した。2007年3月25日、心臓発作により55歳で死去。