コンテンツにスキップ

アンドニ・イラオラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンドニ・イラオラ
2023年のイラオラ
名前
本名 アンドニ・イラオラ・サガルナ
Andoni Iraola Sagarna
ラテン文字 Andoni Iraola
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1982-06-22) 1982年6月22日(42歳)
出身地 ウスービル
身長 181cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MFDF
利き足 右足
ユース
1998-1999 スペインの旗 アンティゴコ
1999-2000 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 スペインの旗 バスコニア 35 (4)
2001-2003 スペインの旗 ビルバオ・アスレティック 75 (15)
2003-2015 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ 406 (33)
2015-2016 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・シティFC 40 (0)
通算 556 (52)
代表歴2
2001  スペイン U-18 1 (0)
2003  スペイン U-21 1 (0)
2008-2011 スペインの旗 スペイン 7 (0)
2003-2013 バスク州の旗 バスク 8 (0)
監督歴
2018-2019 キプロスの旗 AEKラルナカ
2019-2020 スペインの旗 CDミランデス
2020-2023 スペインの旗 ラージョ・バジェカーノ
2023- イングランドの旗 AFCボーンマス
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月26日現在。
2. 2014年10月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドニ・イラオラ・サガルナAndoni Iraola Sagarna, 1982年6月22日 - )は、スペインバスク自治州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。元スペイン代表バスク代表。現役時代のポジションはミッドフィルダー(右サイドハーフ)・ディフェンダー(右サイドバック)で、アスレティック・ビルバオ在籍時はホセバ・エチェベリア2世と評された。2023年7月からAFCボーンマスの監督を務める。

クラブ経歴

[編集]

アスレティック・ビルバオの下部組織出身で、CチームにあたるCDバスコニアとBチームのビルバオ・アスレティックを経てから、2003年8月30日のFCバルセロナ戦でトップチームデビューした。デビューシーズンの2003-04シーズン以降、7シーズン連続でリーグ戦30試合以上に出場しており、必ず1得点以上を決めている。ペナルティキックやフリーキックを蹴ることもあった。2006年1月21日のレアル・ソシエダとのバスクダービーではロスタイムに同点弾を決め[1]、2007年1月28日のバスクダービーではエスタディオ・アノエタで2得点を決めている。

2014-15シーズン終了後に契約満了に伴い下部組織時代から15年間在籍したアスレティック・ビルバオを退団、2015年6月16日ニューヨーク・シティFCに移籍した。

2016年11月18日、クラブ公式Twitterを通じて現役引退を発表した。

代表経歴

[編集]

21歳以下のスペイン代表経験を持ち、2003年からはバスク代表に選ばれている。2008年8月20日、ビセンテ・デル・ボスケ監督によってスペインA代表に招集され、デンマーク代表との親善試合でデビューした。

監督経歴

[編集]

2018年6月18日、AEKラルナカで監督キャリアをスタート。

2019-20シーズンにはCDミランデスを指揮し、3部リーグからの昇格チームを2部リーグに残留させるだけでなく、コパ・デル・レイではセルタビジャレアルCFセビージャFCといった1部の強豪チームを破り、ベスト4進出の快挙を成し遂げた。

ラージョ

[編集]

2020-21シーズンは同じく2部リーグに在籍していたラージョ・バジェカーノを指揮し、プレーオフを経て1部リーグ昇格を達成した。

続く2021-22シーズンは昇格チームながらFCバルセロナに勝利するなど勝ち星を重ね、18節時点でリーグ4位の好成績を残した。その後勢いは落ちるものの、残留争いとは無縁のシーズンを過ごし12位でフィニッシュ。国王杯ではラージョを40年ぶり2回目のベスト4導き、2022年5月19日にラージョ・バジェカーノとの契約を一年延長することを発表した[2]

2023年2月、当時プレミアリーグで低迷していたリーズ・ユナイテッドFCが招聘を試みるが、ラージョサポーターはこれを許可せず[3]、イラオラはこのシーズン終了後に契約更新の打診を断る形でラージョを去った[4]

ボーンマス

[編集]

2023年6月19日、イラオラは2年契約でAFCボーンマスの監督に就任した[5]

個人成績

[編集]
シーズン クラブ リーグ カップ 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バスコニア 2000-01 35 4 - - - 35 4
通算 35 4 - - - 35 4
ビルバオ・アスレティック 2001-02 38 5 - - - 38 5
2002-03 37 10 - - - 37 10
通算 75 15 - - - 75 15
アスレティック・ビルバオ 2003-04 30 5 1 0 - - 31 5
2004-05 34 4 7 1 8 1 - 49 6
2005-06 38 3 4 0 - - 42 3
2006-07 35 5 2 0 - - 37 5
2007-08 36 1 5 1 - - 41 2
2008-09 33 6 8 0 - - 41 6
2009-10 37 2 2 0 11 0 2 0 52 2
2010-11 37 4 4 0 - - 41 4
2011-12 35 1 9 0 15 0 - 59 1
2012-13 35 0 1 0 7 1 - 43 1
2013-14 34 1 6 0 0 0 - 40 1
2014-15 22 1 6 0 5 1 - 33 2
通算 406 33 56 2 46 3 2 0 510 38
ニューヨーク・シティ 2015 9 1 0 0 - - 9 0
2016 31 0 0 0 - - 31 0
通算 40 0 0 0 - - 40 0
通算 556 52 56 2 46 3 2 0 630 57

試合数

[編集]

国際Aマッチ 7試合 0得点(2008年-2011年)


スペイン代表国際Aマッチ
出場得点
2008 2 0
2009 2 0
2011 3 0
通算 7 0

監督成績

[編集]
2023年8月7日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
ラルナカ 2018年5月23日 2019年1月14日 29 13 8 8 48 29 +19 044.83
ミランデス 2019年6月10日 2020年7月21日 49 18 17 14 73 72 +1 036.73
ラージョ 2020年8月6日 2023年6月30日 136 54 32 50 166 160 +6 039.71
ボーンマス 2023年7月1日 0 0 0 0 0 0 +0 !
合計 214 84 58 72 283 260 +23 039.25

脚注

[編集]
  1. ^ イラオラ、伝統のバスクダービーにて同点弾を叩き込むlivedoorスポーツ、2006年1月23日
  2. ^ ラージョ、イラオラ監督の続投を発表…シーズン前半戦のダークホース&国王杯ベスト4へ導く”. サッカーキング. 2022年6月26日閲覧。
  3. ^ Andoni Iraola: Leeds approach for Rayo Vallecano boss blocked, says Guillem Balague”. BBCスポーツ (2023年2月9日). 2023年6月1日閲覧。
  4. ^ Andoni Iraola se va del Rayo Vallecano” [Andoni Iraola leaves Rayo Vallecano] (スペイン語). El Desmarque (2023年5月26日). 2023年6月1日閲覧。
  5. ^ Martin, Richard (2023年6月19日). “Andoni Iraola: Who is Bournemouth's new manager?”. BBCスポーツ. 2023年6月19日閲覧。

外部リンク

[編集]