アンドキデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドキデスアンドキデースギリシャ語Ἀνδοκίδης, Andokídês, 紀元前440年 - 紀元前390年)は、アッティカ十大雄弁家の一人。

生涯[編集]

ペロポネソス戦争最中の紀元前415年、アンドキデスはシチリア遠征出発前夜のヘルメー破壊事件に巻き込まれた。密告することによって命は救われたが[1]、市民権の一部喪失を宣告され、アテナイを去らざるをえなくなった。アンドキデスは商売に没頭し、紀元前403年民主主義の復活に続く恩赦でアテナイに戻った。それからいくつかの要職に就いた。紀元前391年、和平交渉のため大使の1人としてスパルタに派遣されたが、交渉は失敗した。アンドキデスの寡頭政治への親近感は、仲間に不快感を与え、民主主義者たちからは疑われた。アンドキデスはプロの雄弁家ではなかった。アンドキデスのスタイルはシンプルかつ生き生きして、自然ではあったが美的ではなかった。

現存する演説[編集]

  • 帰国について(Περὶ τῆς ἑαυτοῦ καθόδου, De Reditu) - 自身の市民権復帰と無資格の撤回を求める陳述。
  • 密儀について(Περὶ τῶν μυστηρίων, De Mysteriis) - エレウシスの秘儀参加の不敬罪の告発に対する自身の弁護演説。
  • 平和について(Περὶ τῆς πρὸς Λακεδαιμονίους εἰρήνης, De Pace) - スパルタとの和平の主張。
  • アルキビアデス告発(Κατὰ Ἀλκιβιάδου, Contra Alcibiadem) - 一般に偽作と考えられている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]