アンドウェレ・スロリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドウェレ・スロリー Football pictogram.svg
Andwélé Slory 007.jpg
名前
本名 アンドウェレ・セドリック・スロリー
Andwélé Cedric Slory
愛称 Andy(アンディ)
カタカナ アンドウェレ・スロリー
ラテン文字 Andwélé SLORY
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 (1982-09-27) 1982年9月27日(34歳)
出身地 スリナムの旗 スリナム パラマリボ
身長 170cm
選手情報
在籍チーム オランダの旗 FCドルトレヒト
ポジション FW
背番号 18
ユース
オランダの旗 ODIN '59オランダ語版
オランダの旗 ストルムフォーヘルスオランダ語版
オランダの旗 テルスター
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 オランダの旗 テルスター 0 (0)
2001-2005 オランダの旗 S・テルスター 77 (21)
2005-2007 オランダの旗 エクセルシオール 65 (26)
2007-2010 オランダの旗 フェイエノールト 50 (7)
2010 イングランドの旗 WBA 6 (0)
2010 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア 5 (0)
2011 オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド 11 (0)
2013 オランダの旗 バレントレヒトオランダ語版
2014 オランダの旗 マーススラウスオランダ語版
2015- オランダの旗 ドルトレヒト 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年7月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドウェレ・スロリーAndwélé Slory1982年9月27日 - )は、スリナムパラマリボ出身の元オランダ代表サッカー選手FCドルトレヒト所属。ポジションはFW(ウイング)。

概要[編集]

18歳の時にエールステ・ディヴィジ(2部)のストルムフォーヘルス・テルスターからプロデビューし、2005年にSBVエクセルシオールに移籍した。エクセルシオールではエールディヴィジ(1部)昇格を果たして同リーグでも活躍し、2007年6月にはオランダ代表デビューした。2007年夏に同じ町のフェイエノールトに引き抜かれて2010年までプレーした。2010年にはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCレフスキ・ソフィアに短期間だけ在籍し、2011年1月にアデレード・ユナイテッドFCと契約した。

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

スリナムの首都パラマリボに生まれ、7歳までそこで育った。父親はかつてスリナムのSVロビンフッドオランダ語版スリナム代表でプレーしたサッカー選手であり、攻撃的ミッドフィールダーであった。母親がオランダで学ぶことがきっかけで家族そろってオランダに渡り[1]北ホラント州ザーンダムに移り住んだ。その2ヶ月後には北ホラント州のヘームスケルクオランダ語版に移り、オランダに渡って1年ほどした頃に母親の友人のアマチュアクラブに入団した[1]

クラブ[編集]

ヘームスケルクのODIN '59というクラブの下部組織に入団したが、すぐにアマチュアでは最高峰のリーグに在籍するストルムフォーヘルスの下部組織に加わった。エールステ・ディヴィジ(2部)のAZアルクマールテルスターはともに北ホラント州に本拠地を置くクラブであり、若手有望株のスロリーに興味を示したが、フェルセン出身の友人が既にテルスターでプレーしていたことが大きな要因となって、スロリーはテルスターの下部組織に加入した[1]。15歳の時にはToon Gerrits監督によってクラブから追放させられそうになった[2]

ストルムフォーヘルス・テルスター[編集]

2000-01シーズンにテルスターのトップチームに加わったが、このシーズンは1試合も出場機会がなかった。2001年、テルスターはかつてスロリーがプレーしたアマチュアのストルムフォーヘルスと合併し、クラブ名称をストルムフォーヘルス・テルスターに変更した。2001年8月18日、ホームで行われたSBVエクセルシオール戦 (1-3) の73分にオルラント・スメークスオランダ語版との交代で途中出場し[3]、18歳でエールステディヴィジデビューを飾った。11月4日にホームで行われたHFCハールレム戦 (0-1) では初めて(そしてシーズンで唯一)先発出場した[4]。デビューシーズンとなった2001-02シーズンは9試合に出場し、得点は挙げられなかった。2002-03シーズンは失望の残るシーズンとなり、トップチームで2試合しか出場できなかった。

2003-04シーズンに飛躍的な成長を遂げた。2003年9月5日にホームで行われたヘラクレス・アルメロ戦 (2-1) では、44分にルシアーノ・ファン・カレンとの交代で途中出場すると、プロ初得点を含む2得点を挙げた[5]。リーグ戦35試合に出場して12得点を挙げ、クラブの中心選手に育った。2004-05シーズンは31試合に出場して9得点を挙げたが、スロリーは新たなチャレンジを欲していた[6]。2005年2月21日、SBVエクセルシオールがスロリーの獲得を発表した。ロッテルダム第3のクラブであるSBVエクセルシオールとは2年契約を結んだ[7]。ロッテルダム最大のクラブであるフェイエノールトもスロリーの契約に関わっており、フェイエノールトは選手の獲得優先権を有していた[8]

エクセルシオール[編集]

2005年夏に正式な契約を結ぶと、すぐにSBVエクセルシオールのレギュラーとなり、2005-06シーズンは成功のシーズンとなった。9月12日にアウェーで行われたSCカンブール・レーワルデン戦 (0-1) でデビューし[9]、1週間後の9月19日、ホームで行われたFCエメン戦 (3-0) で移籍後初得点を挙げた[10]マリオ・ベーン監督の下、SBVエクセルシオールは予期せぬエールステディヴィジ優勝争いに加わった。2006年3月31日にホームで行われた優勝候補のVVVフェンロー戦では同点弾を決め、3-1で勝利して2005-06シーズンのエールステディヴィジ優勝を決めた[11]。スロリーは36試合に出場して14得点・19アシストの大活躍で、優勝とエールディヴィジ(1部)昇格の立役者となった[12]

クラブとしても驚きのエールディヴィジ昇格であったため、2006-07シーズンはシーズンが始まる前からエールステディヴィジ降格の有力候補であった。エールディヴィジ経験者はほとんどおらず、クラブの予算は参加クラブ中最低額だった。2006年8月19日にホームで行われたローダJC戦 (0-1) でエールディヴィジデビューすると[13]、8月26日にアウェーで行われたRKCヴァールヴァイク戦 (1-1) でエールディヴィジ初得点を決めた[14]。スロリーはシーズン序盤から印象的な活躍を見せ、最初の10試合で5得点4アシストを決めたため[15]、国内外問わず多くのクラブのスカウトの注目を集めた[15]。しかし10月27日には、フェイエノールトが獲得オプションを行使してスロリーをチームに加える意思を固め[16]、12月21日にはシーズン終了後にフェイエノールトと2年契約を結ぶ予定であることが発表された[17]

ウィンターブレークまでに7得点していたが[18]、移籍が決まった後も印象的なプレーを続け、フェイエノールトのライバルであるAFCアヤックス戦 (2-2) では1-1の同点となる得点を決めた[19]。ホームで大勝したヘラクレス・アルメロ戦 (6-1) でも得点し[20]、アウェーで行われたADOデン・ハーグ戦 (2-2) では2得点を挙げた[21]。この2クラブはシーズン終了後にともに降格している。2007年4月29日、シーズン最終節はリーグ首位のAZアルクマール戦であったが、スロリーは20分に素晴らしいドリブルでボイ・ヴァーテルマンのファールを誘い、PK獲得とヴァーテルマンの退場をもたらした。PKはLuigi Bruinsが決め、SBVエクセルシオールが3-2で勝利したため、AZアルクマールは優勝を逃し、PSVアイントホーフェンがチャンピオンとなった[22]。SBVエクセルシオールは16位でシーズンを終えて昇降格プレーオフに臨んだが、エールステディヴィジ8位のBVフェーンダムとの対戦ではセカンドレグに2得点し、エールステディヴィジ3位のRBCローゼンダールとの対戦ではセカンドレグで決勝点を奪う活躍を見せ、エールディヴィジ残留に貢献した[23]

フェイエノールト[編集]

フェイエノールトでの初練習(2007年)

フェイエノールトでは背番号11を受け取った。プレシーズンにはAFCアヤックスからオファーがあったが、スロリーはベルト・ファン・マルワイク監督のチームに残った[24]。プレシーズンにはリヴァプールFCから得点を奪うなどそのスキルを存分に示し、8月19日、2007-08シーズン開幕戦のFCユトレヒト戦 (0-3) に先発出場したが、このアウェー戦は残念なデビュー戦となった。17分に相手GKフランク・グランデルフランス語版と激突し、中足骨を骨折して途中交代した[25]。ほぼ2ヶ月を棒に振ることになったが、リハビリ期間中にフェイエノールトはスロリーとの新契約を用意した。10月4日、クラブとの契約を1年間延長して2010年夏までとし、1年間の延長オプションが付けられた[26]。11月11日、ホームで行われたAFCアヤックスとのデ・クラシケルで復帰し、69分に途中出場したが、ロスタイムに訪れたGKマールテン・ステケレンブルフと1対1となった決定機を2度も逃し[27]、2-2の引き分けに終わった。彼の家には「次は決めろ、さもないとクラブにはいられない」という内容の脅迫状まで届き、警察に届ける事態に発展した[28]。12月2日、ホームで行われたヘラクレス・アルメロ戦 (6-0) で移籍後初得点を決めた[29]SCヘーレンフェーン戦でも得点し、レギュラーに定着していったが、負傷や個人的な問題などもあり、2007-08シーズンは17試合の出場にとどまった。同シーズンのKNVBカップでは優勝を果たしたが、1試合にも出場していないことからトロフィーを頭上に掲げることを拒否した。

2008-09シーズンにも同様の問題に苦しめられた。ハムストリングの負傷で2008年のプレシーズンを完全に逃し[30]、シーズン開幕戦では別の箇所の筋肉を痛めて6週間離脱した[31]。2008-09シーズンはリーグ戦20試合に出場したが、わずか1得点に終わった。

2009年夏にはSBVエクセルシオール時代の恩師であるベーン監督がフェイエノールト監督に就任した。移籍して丸2シーズンを失望の結果に終わらせており、2009-10シーズンが最後のチャンスであった[32]。2009年7月17日、ポルトガルのオビドスポルトガル語版で行われたプレシーズンの練習でチームメイトのカリム・エル・アフマディと喧嘩し[33]、翌日には首脳陣、すべてのチームメイト、テクニカルスタッフに謝罪した[34]。シーズンが始まるとすぐにレギュラーポジションを獲得し、13試合で4得点を決めて期待以上の働きを見せた。好調なスタートを切ったものの、小さな負傷は続いており、徐々に先発メンバー落ちする機会も増えていった。10月25日にホームで行われたVVVフェンロー戦 (1-0) ではデニー・ランツァートと言い争いし、戦術的な理由からハーフタイムに途中交代させられた[35]。11月22日には体調が悪くて練習に参加できなかったことから、練習の代わりにバレンドレヒトオランダ語版の学校でサイン会を開くという罰を与えられた[36]。2010年1月に契約が満了し、自由に移籍先を探すことが可能になった。

ウェスト・ブロムウィッチ[編集]

2010年2月1日、イングランド・FLチャンピオンシップ(2部)のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに自由移籍した。2月3日、アウェーのブラックプールFC戦 (3-2) で52分に途中出場してデビューし、2月9日のスカンソープ・ユナイテッドFC戦 (2-0) でホーム初出場を果たした。2月16日のカーディフ・シティFC戦 (1-1) では初めて先発出場した。2009-10シーズンは6試合しか出場機会がなく、先発出場はカーディフ・シティFC戦の1試合に終わった。チームは2位でプレミアリーグ昇格を果たしたが、契約満了でクラブを離れた。

レフスキ・ソフィア[編集]

2010年8月31日、ブルガリアプロサッカーリーグレフスキ・ソフィアと2年契約を結んだ。しかし、レフスキ・ソフィアではレギュラーとしての地位を確立させることができず、結局双方合意の上で契約を解除した。

アデレード・ユナイテッドFC[編集]

2010年12月20日、招待選手としてオーストラリア・Aリーグアデレード・ユナイテッドFCと契約した。この契約では最大10試合までの出場が許されるが、2011年1月の移籍市場が開くまではプレーする資格を持たない。アデレード・ユナイテッドFCはまた、スロリーが2010-11シーズン閉幕以後もクラブに残留する可能性も残していた。スロリーは2011-12シーズン終了まで契約を延長する意思をメディアに明らかにしたが、それは確定事項ではない[37]。2月2日、移籍後初めての公式戦出場を果たした。2011年11月22日、現役引退する意向を表明した。

現役復帰[編集]

2015年1月9日、以前からトレーニングを行っていたFCドルトレヒトと1年半の契約を結びプロとして現役に復帰した[38]

代表[編集]

スロリーはかつてオランダの植民地であったスリナムに生まれ、スリナム代表オランダ代表のどちらかを選ぶことができたが、エドガー・ダーヴィッツクラレンス・セードルフジミー・フロイド・ハッセルバインクなどのスリナム出身選手と同様にオランダ代表を選んだ。2006-07シーズンにSBVエクセルシオールで素晴らしいプレーを見せたため、マルコ・ファン・バステン監督からオランダ代表に招集され、2007年のプレシーズンのアジア遠征に加わった。2007年6月2日にソウルで行われた韓国との親善試合 (2-0) で代表デビューし、32分にはスロリーが得たPKをラファエル・ファン・デル・ファールトが決めて先制した[39]。この試合ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。6月6日にはバンコクで行われたタイとの親善試合 (3-1) に出場した[40]。オランダ代表での出場はこの2試合のみであり、UEFA EURO 2008予選などの公式戦には出場していない。

タイトル[編集]

オランダの旗 エクセルシオール
オランダの旗 フェイエノールト

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ KNVB杯 ヨーロッパ 通算
2000-01 テルスター エールステディヴィジ 0 0 0 0 - 0 0
2001-02 S・テルスター エールステディヴィジ 9 0 0 0 - 9 0
2002-03 2 0 0 0 - 2 0
2003-04 35 12 0 0 - 35 12
2004-05 31 9 0 0 - 31 9
2005-06 エクセルシオール エールステディヴィジ 36 14 2 0 - 38 14
2006-07 エールディヴィジ 29 12 1 1 - 30 13
2007-08 フェイエノールト エールディヴィジ 17 2 0 0 - 17 2
2008-09 20 1 0 0 1 0 21 1
2009-10 13 4 1 0 - 14 4
イングランド リーグ FAカップ ヨーロッパ 通算
2009-10 WBA FLチャンピオンシップ 6 0 0 0 - 6 0
ブルガリア リーグ カップ ヨーロッパ 通算
2010-11 レフスキ・ソフィア ブルガリアリーグ 5 0 0 0 0 5 0
オーストラリア リーグ カップ オセアニア/アジア 通算
2010-11 アデレード・ユナイテッドFC Aリーグ 0 0 0 0 0 0 0
通算 オランダ 201 54 4 1 1 0 206 55
イングランド 6 0 0 0 0 0 6 0
ブルガリア 5 0 0 0 0 0 5 0
オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 206 54 4 1 1 0 211 55

脚注[編集]

  1. ^ a b c “Andwélé Slory” (Dutch). Kameraadjes. http://www.feyenoord.nl/content/asp/kameraadjes/website/feyenoord.asp?speler=10010000030652 2009年10月9日閲覧。 
  2. ^ “Andwélé Slory: 'Feyenoord altijd al mijn club'” (Dutch). Noordhollands Dagblad. (2005年2月23日). http://feyenoord.netwerk.to/forums/HTML/forum8/271.php&nummer=8687#post8687 2009年10月10日閲覧。 
  3. ^ “Stormvogels Telstar – Excelsior (18-08-2001)” (Dutch). VI. (2001年8月18日). オリジナル2013年2月23日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2CFLd 2009年10月9日閲覧。 
  4. ^ “Stormvogels Telstar – Haarlem (04-11-2001)” (Dutch). VI. (2001年11月4日). オリジナル2013年2月22日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/C4CHj 2009年10月9日閲覧。 
  5. ^ “Stormvogels Telstar – Heracles Almelo (05-09-2003)” (Dutch). VI. (2003年9月5日). オリジナル2012年9月19日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/D9LI 2009年10月9日閲覧。 
  6. ^ “Juist Slory is scherprechter over Telstar” (Dutch). Noordhollands Dagblad. (2005年11月11日). http://www.noordhollandsdagblad.nl/nieuws/sport/telstar/article315737.ece 2009年10月10日閲覧。 
  7. ^ “Excelsior legt Slory van Telstar voor 2 jaar vast” (Dutch). Excelsior For Life. (2005年2月21日). http://www.xs4all.nl/~aaouwens/excelsior/nieuwsfeb05.asp 2009年10月10日閲覧。 
  8. ^ “S. Kelder: Slory, een speler zoals velen bij Excelsior” (Dutch). Excelsior For Life. (2005年2月22日). http://www.xs4all.nl/~aaouwens/excelsior/nieuwsfeb05.asp 2009年10月10日閲覧。 
  9. ^ “Cambuur Leeuwarden – Excelsior (12-08-2005)” (Dutch). VI. (2005年9月12日). オリジナル2013年1月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Hx6OA 2009年10月10日閲覧。 
  10. ^ “Excelsior – FC Emmen (19-08-2005)” (Dutch). VI. (2005年9月19日). オリジナル2012年9月15日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2ndG 2009年10月10日閲覧。 
  11. ^ “KAMPIOENEN!!!” (Dutch). ERFC. (2006年3月31日). http://www.erfc.nl/nieuws520/kampioenen.html 2009年10月10日閲覧。 
  12. ^ UEFA.com (2006年12月21日). “フェイエノールトに来季から新戦力”. 2009年8月30日閲覧。
  13. ^ “Excelsior – Roda JC (19-08-2006)” (Dutch). VI. (2005年8月19日). オリジナル2013年1月12日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/qx4JB 2009年10月12日閲覧。 
  14. ^ “RKC Waalwijk – Excelsior (26-08-2006)” (Dutch). VI. (2005年8月26日). オリジナル2012年9月19日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/wZhc 2009年10月12日閲覧。 
  15. ^ a b “Slory on City radar”. Sky Sports. (2006年11月6日). http://www.skysports.com/story/0,19528,11679_2395226,00.html 2009年10月12日閲覧。 
  16. ^ “Six weeks out for Slory”. Sky Sports. (2006年10月27日). http://www.skysports.com/story/0,19528,11916_2393416,00.html 2009年10月12日閲覧。 
  17. ^ “Feyenoord licht optie op Slory” (Dutch). Feyenoord.nl. (2006年12月21日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20061221slory.aspx 2009年10月12日閲覧。 
  18. ^ UEFA.com (2006年12月21日). “フェイエノールトに来季から新戦力”. 2009年8月30日閲覧。
  19. ^ “Ajax – Excelsior (18-02-2007)” (Dutch). VI. (2007年2月18日). http://www.vi.nl/Wedstrijden/Wedstrijd.htm?dbid=151778&typeofpage=84140 2009年10月12日閲覧。 
  20. ^ “Excelsior – Heracles Almelo (25-11-2006)” (Dutch). VI. (2006年11月25日). http://www.vi.nl/Wedstrijden/Wedstrijd.htm?dbid=151675&typeofpage=84140 2009年10月12日閲覧。 
  21. ^ “ADO Den Haag – Excelsior (04-11-2006)” (Dutch). VI. (2006年11月4日). http://www.vi.nl/Wedstrijden/Wedstrijd.htm?dbid=151648&typeofpage=84140 2009年10月12日閲覧。 
  22. ^ “Excelsior – AZ (29-04-2007)” (Dutch). VI. (2007年4月29日). http://www.vi.nl/Wedstrijden/Wedstrijd.htm?dbid=151854&typeofpage=84140 2009年10月12日閲覧。 
  23. ^ “Slory houdt Excelsior in eredivisie” (Dutch). KNVB. (2007年5月24日). http://www.knvb.nl/archief/clubs/knvb.nl_clubs__competities/excelsior_blijft_in_eredivisie 2009年10月12日閲覧。 
  24. ^ “Feyenoord wijst Ajax de deur voor Slory” (Dutch). Trouw. (2007年6月15日). http://www.trouw.nl/nieuws/laatstenieuws/article1572708.ece 2009年10月12日閲覧。 
  25. ^ “Solide start in Utrecht: 0–3” (Dutch). Feyenoord.nl. (2007年8月19日). http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000030669 2009年10月12日閲覧。 
  26. ^ “Andwélé Slory tekent nieuwe contract” (Dutch). Feyenoord.nl. (2007年10月4日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20071004slory_contract.aspx 2009年10月12日閲覧。 
  27. ^ “Vermakelijke klassieker onbeslist: 2–2” (Dutch). Feyenoord.nl. (2007年11月11日). http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000030679 2009年10月12日閲覧。 
  28. ^ “Slory doet aangifte van bedreiging” (Dutch). AD. (2007年11月11日). http://www.ad.nl/ad/nl/1001/AD-Sportwereld/article/detail/149049/2007/11/11/Slory-doet-aangifte-van-bedreiging.dhtml 2009年10月12日閲覧。 
  29. ^ “Swingend en glibberend voorbij Heracles: 6–0” (Dutch). Feyenoord.nl. (2007年12月2日). http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000030681 2009年10月12日閲覧。 
  30. ^ “Andwélé Slory loopt hamstringblessure op” (Dutch). Feyenoord.nl. (2008年7月24日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20080724_slory_hamstringblessure.aspx 2009年10月12日閲覧。 
  31. ^ “Spierscheuring houdt Slory zes weken aan de kant” (Dutch). Feyenoord.nl. (2008年9月15日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20080915spierscheur_slory.aspx 2009年10月12日閲覧。 
  32. ^ “Herboren Slory: Iedereen lacht weer in de Kuip” (Dutch). AD. (2009年10月5日). http://www.ad.nl/ad/nl/1429/Feyenoord/article/detail/434982/2009/10/05/Herboren-Slory-Iedereen-lacht-weer-in-de-Kuip.dhtml 2009年10月12日閲覧。 
  33. ^ “Knokpartij op training Feyenoord” (Dutch). AD. (2009年7月17日). http://www.ad.nl/ad/nl/1016/Nederlands-voetbal/article/detail/408842/2009/07/17/Knokpartij-op-training-Feyenoord.dhtml 2009年10月15日閲覧。 
  34. ^ “Vriendschap in één klap over” (Dutch). AD. (2009年7月20日). http://www.ad.nl/ad/nl/1046/Eredivisie/article/detail/422747/2009/07/20/Vriendschap-in-een-klap-over.dhtml 2009年10月15日閲覧。 
  35. ^ “Landzaat: Leermoment Slory” (Dutch). De Telegraaf. (2009年10月26日). http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/5162031/__Landzaat__Leermoment_Slory__.html?cid=rss 2010年2月1日閲覧。 
  36. ^ “Slory 'hoofdsponsor' boetepot Feyenoord” (Dutch). De Telegraaf. (2009年10月26日). http://www.telegraaf.nl/telesport/voetbal/5390544/__Slory__hoofdsponsor__boetepot__.html 2010年2月1日閲覧。 
  37. ^ “Dutch connection brings former international to Reds”. Adelaide United FC (A-League). (2010年12月20日). http://www.adelaideunited.com.au/default.aspx?s=newsdisplay&id=37642 2010年12月21日閲覧。 
  38. ^ KNVB geeft Slory vrij voor Dordrecht, Turnhout grijpt mis”. Algemeen Dagblad (2015年1月9日). 2015年7月13日閲覧。
  39. ^ “Zuid-Korea 0–2 Nederland” (Dutch). Wereld van Oranje. (2007年6月2日). http://www.wereldvanoranje.nl/nedelftal/resultaten.php?wid=653 2009年10月12日閲覧。 
  40. ^ “Thailand 1–3 Nederland” (Dutch). Wereld van Oranje. (2007年6月6日). http://www.wereldvanoranje.nl/nedelftal/resultaten.php?wid=654 2009年10月12日閲覧。 

外部リンク[編集]