アントーニオ・ムーニョス・モリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はムニョス第二姓(母方の)はモリーナです。
アントニオ・ムニョス・モリーナ
Antonio Muñoz Molina
Munoz Molina Antonio Koeln 160911.jpg
ドイツケルンにて (2016年)
誕生 (1956-01-10) 1956年1月10日(63歳)
スペインの旗 スペインハエン県ウベダ
職業 小説家
国籍 スペインの旗 スペイン
文学活動 スペイン現代文学
主な受賞歴 プラネータ賞(1991)
フェミナ賞外国小説賞(1998)
エルサレム賞(2013)
アストゥリアス皇太子賞(2013)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アントニオ・ムニョス・モリーナ(Antonio Muñoz Molina, 1956年1月10日 - )は、スペインウベダ出身の著作家。現在はアメリカ合衆国ニューヨーク在住。1995年からスペイン王立アカデミーの正会員。

ハエン県ウベダに生まれた。グラナダ大学で美術史を、マドリード・コンプルテンセ大学でジャーナリズムをそれぞれ学び、公務員として働いた後、1984年から執筆を開始し、以後多くの著名な文学賞を受賞している。2004年から2005年はニューヨークのセルバンテス文化センターのディレクターを務めた。

著書[編集]

  • El Robinsón urbano, 1984.
  • Diario de Nautilus, 1985.
  • Beatus Ille, 1986.
  • El invierno en Lisboa, 1987.
  • Las otras vidas, 1988.
  • Beltenebros, 1989.
  • El jinete polaco, 1991.
  • Los misterios de Madrid, 1992.
  • Nada del otro mundo, 1993.
  • El dueño del secreto, 1994.
  • Las apariencias, 1995.
  • Ardor guerrero, 1995.
  • La huerta del Edén, 1996.
  • Pura alegría, 1996.
  • Plenilunio, 1997.
  • Carlota Fainberg, 1999.
  • En ausencia de Blanca, 2001.
  • Sefarad, 2001.
  • La vida por delante, 2002.
  • Las ventanas de Manhattan, 2004
  • El viento de la luna, 2006
  • Días de diario, 2007
  • La noche de los tiempos, 2009.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]