アントーニオ・バルボーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アントーニオ・ゲデス・バルボーザ(Antônio Guedes Barbosa, 1943年12月9日 - 1993年9月2日)は、ブラジルピアノ奏者[1][2]

パライバ州ジョアンペソアの生まれ。

クラウディオ・アラウピアノを師事し、ヴラディミール・ホロヴィッツにその才能を激賞される。 フレデリック・ショパンの作品を中心に録音活動を展開し、将来を嘱望されたが、心臓発作のためにサンパウロで急逝した。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ imdb.com