アントン・トマシゥ・リンハルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アントン・トマシゥ・リンハルト
Anton Tomaž Linhart
Anton Tomaž Linhart.png
誕生 1756年12月11日
カルニオラ地方、ラドウリツァ
死没 1795年7月14日
カルニオラ地方、リュブリャナ
職業 記録係、司書、公務員、書記官
ジャンル 詩、喜劇、悲劇
文学活動 啓蒙時代
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アントン・トマシゥ・リンハルト(Anton Tomaž Linhart、1756年12月11日 - 1795年7月14日)は、スロベニア劇作家詩人歴史家

もっとも著名な作品はスロベニアの最初の喜劇や劇である『Županova micka』(市長の娘)。

スロベニアの史料編纂の基礎を担っていたため、スロベニアの史料編纂の父と呼ばれている。リンハルトはスロベニア人のすべての歴史を書いたため、最初にスロベニア人を一つの民族として述べていた。

ほかの重要な業績は、リュブリャナ地方の教育事務官として、田舎の学校を9から18に増やしたことである。また、中心となる図書館を作った。現在はスロベニアの国立図書館となっている。

作品リスト[編集]

  • Miss Jenny Love (『ミス・ジェニー・ラブ』、悲劇、1780年)
  • Blumen aus Krain (『カルニオラの花』、詩集、1781年)
  • Versuch Einer Geshichte von Krain und den uebrigen Laendern der suedlichen Slaven Oesterreichs (『カルニオラと南オーストリアのスラブ人の国の歴史』、1788、1791年)
  • Županova Micka (『ミツカ、市長の娘』)、喜劇、1790年)
  • Ta veseli dan ali Matiček se ženi (『この幸せな日、またはマティチェクの結婚』、喜劇、1790年)