アントワープ王立芸術アカデミーファッション学科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アントワープ王立芸術アカデミーファッション学科(英:Antwerp Fashion Department)は1963年にアントワープ王立芸術アカデミーに設立されたファッションデザインを専攻する学科である[1]

概要[編集]

ファッション科は1963年、メリー・プライオット(英:Mary Prijot)らを中心に設立された。ロンドンのセントラル・セント・マーティンズ(英:Central Saint Martins)、ニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザイン(英:Parsons School of Design)と並び、世界で最も権威があるファッションの教育機関として知られている[2]

ファッション科のキャンパスはアントワープ市内のモード美術館(英:Mode Museum)の上階に位置する。現在は改装の為移転しており、一時的にハンデルスミュージアムで授業が行われている。

歴史[編集]

1963年の設立当初はプライオットとマーサ・ヴァン・リームプット(英:Marthe Van Leemput)の二人が指導にあたっていたが、学科自体は小規模なものであり、数人の学生と二人の教員で構成されていた。

学科にとって大きな転換点となったのは1980年代前半に卒業した6人の卒業生である。彼らは「アントワープの6人(英:Antwerp Six)」と名乗りロンドンコレクションでショーを行った。ドリス・ヴァン・ノッテンウォルター・ヴァン・ベイレンドンクアン・ドゥムルメステール、ダーク・ヴァン・セーン、ダーク・ビッケンバーク、マリナ・イーらで構成されるアントワープの6人はたちまち話題をさらい、出身校のみならず、アントワープを現代ファッションの一つの中心地として印象付けることとなった。その後、マリナ・イーを除くメンバーらは独立し自らのメゾンのデザイナーとして活躍し、現在もドリス、アン(アン自身はデザイナー業を引退したがブランドは継続)、ウォルターはパリコレクションの正式日程でショーを実施している。

80年代後半には学科長がプライオットから上記の6人を指導したリンダ・ロッパ(英:Linda Loppa)に交代し、学科の国際化が図られた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ About – Antwerp Fashion Department” (英語). antwerp-fashion.be. 2018年10月10日閲覧。
  2. ^ Royal Academy of Fine Arts Antwerp Ranks 3 in Global Fashion School Rankings 2017” (英語). The Business of Fashion. 2018年10月10日閲覧。