アントワーヌ・ペヴスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントワーヌ・ペヴスナー(Antoine Pevsner, Антуан Певзнер, 1886年1月18日 - 1962年4月12日)は、ロシア・アヴァンギャルド美術家画家ロシア構成主義の命名者の1人とされることがあり(ただし、メドゥニツキー(Константин Константинович Медуницкий, 1899年-1935年)とステンベルグ兄弟を命名者とする文献もある)、構成主義への初期からの参加者でもある。なお、ナウム・ガボは実弟。「ペヴスナー」は「ペヴスネル」(ロシア語風には「ペヴズネル」)とされることもある。

1909-1910年にかけてサンクトペテルブルクの「芸術アカデミー」で学ぶ。

1911年から1913年にかけてパリで美術を学ぶ。

一旦モスクワに戻ったが、1914年には第一次世界大戦の開始を受けてデンマークコペンハーゲンに移り、1915年にはナウム・ガボとともにノルウェーオスロに移る。

1917年の2月革命後、ガボとともにモスクワに戻り、モスクワで教師などをする(スヴォマスなどで)。

1920年にはガボとともに「リアリズム宣言」を発表。

1923年には、スターリンから逃れパリに移住。その後長らくパリにとどまる。

1931年には「アプストラクシオン・クレアシオン」に参加。

1948年には、ニューヨーク近代美術館において、「ガボ・ペヴスナー展」を開催。

パリ生活が長いためか、「アントワーヌ・ペヴスナー」というフランス風の呼び名が日本ではよく使われる。

名前に関して[編集]

アントワーヌ・ペヴスナーの名前については、次の点が明確ではない。

  1. ファーストネームについては、「アントワーヌ(アントゥアン)」以外にも「アントン(Anton, Антон)」、「ナタン(Natan, Натан)」が挙げられる場合があるが、これらの関係は明らかではない。
  2. 父称については、「Борисович」(ボリソヴィチ)、「Абрамович」(アブラモヴィチ)、「Беркович」(ベルコヴィチ)の3つが挙げられることがあるが、この3つの関係は明らかではない。