アントワーヌ・フォルクレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アントワーヌ・フォルクレ
Antoine Forqueray
Antoine Forqueray.jpg
基本情報
生誕 1671年頃
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死没 1745年
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国マント=ラ=ジョリー
職業 作曲家
活動期間 盛期バロック音楽

アントワーヌ・フォルクレ(Antoine Forqueray, 1671年頃1745年)はフランス盛期バロック音楽作曲家マラン・マレとともにフランス・ヴィオール界のヴィルトゥオーゾの双璧と呼ばれた。優雅で暖かな美音を特色とするマラン・マレが「天使のようなマレ」と呼ばれたのに対して、フォルクレは表現衝動に富んだ鬼気迫る演奏から「悪魔のようなフォルクレ」と呼ばれた。このような評価は、フォルクレの気性の激しさをも暗示している。

パリ音楽家の家系に生まれ、弟ミシェル(1681年1757年)、息子ジャン=バティスト(1699年1782年)とニコラ・ジル(1703年1761年)はいずれも作曲家になった。1689年ルイ14世の宮廷室内楽団員に選ばれ、ヴェルサイユ宮殿で演奏に携わる。1710年まで夫人のクラヴサン伴奏によって独演を続け、1730年にマント=ラ=ジョリに隠退し、その地で臨終を迎えた。

フォルクレは自分の神秘的なイメージを好んで、自作を出版しなかった。また長男ジャン=バティストに対して(おそらく嫉妬から)冷たく酷い仕打ちをしたが、ジャン=バティストは父親の作品が世に埋もれることを惜しんで、父親の死後2年の1747年に、そのヴィオール曲集、及びそのクラヴサン独奏用の編曲版を出版した。

外部リンク[編集]