アントニオ・ヴェッリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントニオ・ヴェッリオ
Antonio Verrio
Antonio Verrio by Antonio Verrio.jpg
自画像
生誕1636年ごろ
ナポリ王国,レッチェ
死没1707年6月15日
イギリス,ロンドン

アントニオ・ヴェッリオ(Antonio Verrio、1636年ごろ - 1707年6月15日)は17世紀にイタリアで生まれた画家で、イギリスで宮廷画家として働き、多くの建物の装飾壁画を描いた。

生涯[編集]

ナポリ王国レッチェで生まれた。自らの記述によれば、ヴェネツィアで学び、ナポリやフランスのトゥールーズで働いた後、1671年か1672年にイギリスに移ってきたとしている。イギリスで、壁画、天井画の画家として評価を高め、1676年頃か国王チャールズ2世の注文で、ホワイトホール宮殿や、ウィンザー城の一部の建物に装飾画を描いた。

1684年にチャールズ2世によって、ジョン・ライリーの後任として主席宮廷画家に任じられた。1685年に王位を継いだジェームズ2世はヴェッリオを重用せず、王室の庭師職で働かなければならなかった[1]。1688年に名誉革命ウィリアム3世が国王になっても、用いられず、主席宮廷画家の職にはゴドフリー・ネラーが就任した。ヴェッリオは1890年からデヴォンシャー公爵の住宅チャッツワース・ハウスの装飾画を描いた。

1694年から1697年の間は、エクセター伯爵のバーリー・ハウス(Burghley House)の装飾画を描き、1699年になって国王のために、ウィンザー城やハンプトン・コート宮殿の仕事をした。1705年に眼病を患い引退した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Historic Royal Palaces: Antonio Verrio, Artist". 2014年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月6日閲覧

参考文献[編集]

  • Ellis Kirkham Waterhouse: Painting in Britain, 1530 to 1790. Yale University press, New Haven 1994. ISBN 0-300-05832-2, S. 125–126
  • The Oxford Dictionary of Art and Artists. Oxford University Press, Oxford 2009. ISBN 978-0-19-953294-0, S. 656
  • Raffaele De Giorgi, "Couleur, couleur!". Antonio Verrio: un pittore in Europa tra Seicento e Settecento. Edifir, Firenze 2009, ISBN 978-88-7970-449-6