アントニオ・チェスティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『黄金のりんご』の舞台

マルカントニオ・チェスティMarc' Antonio Cesti, 1623年8月5日 - 1669年10月14日)はイタリアバロック音楽オペラ作曲家

アレッツォに生まれ、ローマジャコモ・カリッシミに師事した後、フィレンツェで活動した。フィレンツェではサルヴァトル・ローザと知り合い、ローザの台本を基にカンタータ作曲した。1652年からインスブルックフェルディナント・カール大公宮廷楽長に就任し、1655年に前スウェーデン女王クリスティーナがインスブルックでカトリックに改宗した際には、オペラ『アルゲイア』を上演した。1660年教皇庁に地位を得た。1666年ウィーン宮廷副楽長に就任し、1669年に同地で没した。

チェスティは専らオペラ作曲家として知られており、最も著名なのが《ラ・ドンLa Don》(ヴェネツィア1663年)と黄金のりんごIl Pomo d'oroウィーン1668年)であり、後者は1666年神聖ローマ皇帝レオポルト1世マルガリータ・テレーザの結婚式で披露された。チェスティは室内カンタータも作曲しており、それらのアリアの純粋で繊細な調べは、舞台よりも小さな空間にふさわしい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]