アンデッドライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンデッドライン
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 MSX2
開発元 T&E SOFT
発売元 T&E SOFT
ディレクター 内藤時浩
デザイナー 内藤時浩
プログラマー 山本風太郎
音楽 長谷川和伯
美術 蜂谷孝宏
新村英明
鈴木英津子
人数 1人
メディア 3.5インチ2DDフロッピーディスク
発売日 日本 198907221989年7月22日
デバイス MSX-MUSIC(YM2413)対応
テンプレートを表示

アンデッドライン』 (UNDEADLINE) は、1989年7月22日に日本のT&E SOFTから発売されたMSX2縦スクロールシューティングゲーム

主人公のFighter、Wizard、Ninjaのいずれかを選択し、ジタン王国を舞台に破られそうになったモンスターの封印を阻止する事を目的としている。ライフ+残機制。ボタン1は攻撃、ボタン2は防御となっている。ステージは6つから任意の順番で選択してプレイ可能。武器の種類が多い点、及び、マップ上のある点に弾を撃ち込むことで出現する妖精を拾う事で、ステージ間にパワーアップが行える点が特徴である。

開発はT&E SOFTが行い、ゲーム・デザインおよびディレクターは内藤時浩、音楽は『遥かなるオーガスタ』(1989年)を手掛けた長谷川和伯が担当している。MSX2版は128KBのVRAMフロッピーディスクドライブが必要となっており、またMSX-MUSIC(YM2413)に対応している。

1990年X68000用ソフトとして『幻獣鬼 アンデッドライン』のタイトルで移植された他、1991年にはメガドライブに移植されパルソフトより発売された。X68000版は2004年Windows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて、MSX2版は2019年にプロジェクトEGGにて配信された。

ゲーム内容[編集]

武器[編集]

宝箱を開ける事で入手可能である。 武器は同種の物を取り続けるか、パワーアップアイテムを取る事により段階的にパワーアップする。 ゲームランクがNormal/Hardではステージクリアごとに武器がリセットされるが、Easyであれば継続して使用できる。

関連パラメータはST。前方にを投げる。斧は一定距離を進むとブーメランの様に帰ってくる。パワーアップすると連射数と射程距離が伸びる。
投げナイフ
関連パラメータはST。最初は3WAYが1発だが、パワーアップを繰り返すと、最終的に前方に3WAY*3発、後方に3発のナイフを発射できる。ただし攻撃力が低い上、パワーアップするまではとにかく連射が効かないので注意が必要である。
アイス
関連パラメータはMP。グラディウス方式のレーザーで、ワインディング可能。パワーアップすると自機の左右から1本ずつ交互に発射されるが、真正面に発射する事が不可能になり、一部のマップでは非常に不利になる。
ファイアー
関連パラメータはMP。前方に暫く燃え続ける炎を投射する。パワーアップするごとに連射数が増え、最終的には火炎放射器のような事態になる。攻撃力は高いが射程は短い。
エッグ
関連パラメータはMP。自機の動きを遅れてトレースする、グラディウス方式のオプションが付く。前方にしか攻撃できないが速射能力、射程に優れ、使い勝手がいい。
ブーメラン
関連パラメータはDX。文字通りブーメランである。斧と似ているが、こちらはレバーを入れた方向に発射することが可能。だが、ヘタに斧より射程が長いため、初期段階では非常に弱い。しかしながら、最高までパワーアップすると誘導弾となり、攻撃力は弱いものの、最強兵器候補となる。

アイテム[編集]

基本的に宝箱を開ける事で入手可能である。武器にしてもそうなのだが、プレイヤーの不利になるアイテムが非常に多いため、注意が必要である。

妖精
マップ上の特定の場所に弾を撃ち込むと出現。ステージ終了後に自機のステータスを向上させることができる。
青い薬
体力回復。
赤い薬
体力減少。
黄色い薬
一定時間無敵。
黒い薬
武器がパワーダウンする。
ダイナマイト
画面内の敵を瞬時に殲滅。
敵の攻撃を何発か無効化できる。
赤いブーツ
自機の足が速くなる。
灰色のブーツ
自機の足が遅くなる。
P
武器が最強ランクまでパワーアップする。
ダイヤモンド
得点を得られる。
?
中に入っているアイテムはランダム。たまに1UPアイテムになることもある。

ストーリー[編集]

ジタン王国で、モンスターに施した封印が破られそうになっていた。3人の勇者がその脅威を排除する。

キャラクター[編集]

ST/MP/DXは各種武器の攻撃力に影響する。AGは足の速さである。 ステージ終了後、ステージで拾った妖精の数だけ、各種能力を向上させる事ができる。

Leon (Fighter) ST 4/MP 1/DX 2/AG 4
防御手段は盾。前方からの敵弾を無効化できる。
Dino (Wizard) ST 1/MP 4/DX 2/AG 3
防御手段は透明化。敵弾をすり抜ける事ができるが、透明化中は移動不可。最も足が遅く、マップによっては初期状態では非常に苦戦する。
Ruika (Ninja) ST 2/MP 1/DX 4/AG 5
防御手段はジャンプ。敵弾だけでなく敵そのもの、ひいては取りたくないアイテムまで飛び越える事ができるため、非常に便利。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 幻獣鬼 アンデッドライン 日本 199009271990年9月27日
X68000 T&E SOFT T&E SOFT 5インチ2HDフロッピーディスク3枚組 -
2 アンデッドライン 日本 199112201991年12月20日
メガドライブ T&E SOFT パルソフト 8メガビットロムカセット[1] T-74013
3 幻獣鬼 アンデッドライン 日本 2004年3月26日[2][3]
Windows T&E SOFT ボーステック ダウンロード
プロジェクトEGG
- X68000版の移植
4 アンデッドライン 日本 2019年4月23日[4][5]
Windows T&E SOFT D4エンタープライズ ダウンロード
(プロジェクトEGG)
- MSX2版の移植
X68000版

副題は幻獣鬼。選択できるステージが8つに増え、武器の種類等に変更が加えられている。MSX2と比較してかなりの上位機種に対する移植であり、かなりアレンジされているため、本稿のキャラクター、武器、アイテムの説明はあまり参考にしてはならない。

メガドライブ版

武器の種類等に変更が加えられている他、様々なアレンジがなされているが、自機がレオンしかいないと言うのが最も大きな変更点である。

スタッフ[編集]

MSX2版
  • ゲーム・ディレクター:内藤時浩
  • メイン・プログラム:山本風太郎
  • サブルーチン:もりざねかつし、富田茂
  • ゲーム・デザイン:内藤時浩
  • オリジナル・デザイン:はっとりゆうじ
  • モンスター・デザイン:蜂谷孝宏、新村英明、鈴木英津子
  • マップ・デザイン:中島健二、はっとりゆうじ
  • デモ・デザイン:早瀬孝子、三浦かよ子
  • 音楽・効果音:長谷川和伯
  • アレンジ:塩塚博ポリスター
  • スペシャル・サンクス:小倉正、萩原英世、西脇健太郎、小田芳郁、青山悟、吉川泰生、倉石政範、佐藤直樹、吉田のぶゆき、HAKAITANTEI NAKASHIMA、スタジオシップ、ポリスター、マイクロハウス、YAMACO PRINTING、インクポット、イーディーコントライブ
  • プロダクション・スーパーバイザー:横山俊朗、横山英二
X68000版
  • プログラム:山本風太郎、萩原英世
  • マップデザイン:服部豊和
  • グラフィックデザイン:鈴木英津子、蜂谷孝宏、新村英明、青山悟
  • 作画監督:中島健二
  • システム設定:内藤時浩
  • 作曲・効果音:長谷川和伯
  • 協力:小倉正、小田芳郁、吉川泰生、倉石政範、早瀬孝子
  • 監修:横山英二
  • 製作:横山俊朗
メガドライブ版
  • ディレクター:山本風太郎
  • メイン・デザイナー:服部豊和
  • エフェクト&サブ・ディレクター:青山悟
  • プログラマー:山本風太郎
  • マップ・デザイナー:服部豊和
  • キャラクター・デザイナー:青山悟
  • 音楽:長谷川和伯
  • 音楽プログラマー:西脇健太郎
  • アドバイザー:H.KOTANI
  • スペシャル・サンクス:MSX UNDEADLINE TEAM
  • デバッガー:内藤時浩、J.OGURA、蜂谷孝宏、Y.GOTO、K.WATANABE、H.KOUNO、S.MATSUHISA、CHERRY

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通21/40点 (MD)[6]
メガドライブFAN18.08/30点 (MD)[1]
Aktueller Software Markt6/12点 (MD)[7]
メガドライブ大全否定的 (MD)[8]
メガドライブ版
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.08点(満30点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.17 3.09 3.09 3.04 2.78 2.91 18.08
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、移植時の変更点に関して「原作ファンをのけぞらせる改変がされている」と指摘した他、ステージ終了時の経験値振り分けのシステムがRPG的であると指摘したが、「弱い武器を取ると意味がなくなる」と否定的に評価している[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 51頁。
  2. ^ T&Eやテレネット,KSKの名作群がEGGで復活!” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2004年3月27日). 2019年11月3日閲覧。
  3. ^ 北村孝和 (2004年3月29日). “Project EGG、新作3タイトルを販売開始。X68K「幻獣鬼」、「デスブリンガー」、PC88「DUEL」” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年11月3日閲覧。
  4. ^ 『アンデッドライン(MSX2版)』プロジェクトEGGにて配信開始”. D4エンタープライズ (2019年4月23日). 2019年4月25日閲覧。
  5. ^ 「アンデッドライン(MSX2版)」が「プロジェクトEGG」にて配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2019年4月23日). 2019年11月3日閲覧。
  6. ^ a b アンデッドライン まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2016年2月20日閲覧。
  7. ^ Undead Line for Genesis (1991)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年8月5日閲覧。
  8. ^ a b 「Chapter 04 1991年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、101頁。ISBN 9784872338805

参考文献[編集]

外部リンク[編集]