アンダー・ファイア (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンダー・ファイア
ガトー・バルビエリスタジオ・アルバム
リリース
録音 1971年
New York
ジャンル Jazz
時間
レーベル Flying Dutchman
FD 10156
プロデュース Bob Thiele
チャート最高順位
Billboard: Jazz Album #15 [1]
ガトー・バルビエリ 年表
El Pampero
(1971)
Under Fire
(1971)
Last Tango in Paris
(1972)
『アンダー・ファイア』収録のシングル
  1. 「El Sertao/Antonico (Flying Dutchman FD 26022)」
テンプレートを表示

『アンダー・ファイア』("Under Fire") はアルゼンチン人ジャズ作曲者兼サクソフォーン奏者ガトー・バルビエリのアルバムである。1971年ニューヨークでの演奏を収録し、1973年にフライング・ダッチマン・レーベルからリリースされた。[2][3]

評価[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 3/5stars[4]

オールミュージックのサイトでは、「『アンダー・ファイア』は、ガトー・バルビエリの70年代初期の最も重要な作品である。アルゼンチン人テナーマンがその音楽性をアバンギャルドから南米大陸のルーツの探求へと回帰させる過渡期にあたり、まだ軌道を逸して弛緩したフュージョンに堕してもいない。」 として、3つ星評価を与えている。[4]

収録曲[編集]

  1. "El Parana" (Gato Barbieri) - 8:58
  2. "Yo le Canto a la Luna" (Atahualpa Yupanqui) - 4:49
  3. "Antonico" (Ismael Silva) - 3:48
  4. "Maria Domingas" (Jorge Ben) - 9:28
  5. "El Sertao" (Gato Barbieri, Sérgio Ricardo) - 8:16

パーソネル[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Gato Barbieri Awards”. AllMusic. All Media Network. 2016年6月18日閲覧。
  2. ^ Flying Dutchman Label Discography 2016年6月18日閲覧。
  3. ^ Gato Barbieri discography 2016年6月18日閲覧。
  4. ^ a b Snowden, Don. アンダー・ファイア - オールミュージック. 2016年6月18日閲覧。.