アンダーカバー・じーさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンダーカバー・じーさん
Undercover Grandpa
監督 Eric Canuel
製作 Ronald J. Gilbert
Arnie Zipursky
出演者
撮影 Pierre Gill
製作会社 CCI Entertainment
Grandpa Productions Ltd.
Productions de Grand-Pere
Corus Entertainment
配給 Tajj Media
Elevation Pictures
ヴァーティカル・エンターテインメント
公開 2017年7月7日
上映時間 99分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
テンプレートを表示

『アンダーカバー・じーさん』は、2017年に公開されたカナダのアクションコメディ映画で、監督はエリック・カニュエル、出演はジェームズ・カーンジェシカ・ウォルタールイス・ゴセット・ジュニア、ディラン・エヴェレット、ポール・ソルヴィノケネス・ウェルシュ

あらすじ[編集]

ジェイクウェンダルは、ジェイクにアンジーとのデートをさせようとしている高校時代の友人同士。彼女は今度のパーティーのためのデートに同意するが、ジェイクの両親はジェイクがおじいちゃんとの夕食のために家にいるようにと強く言う。ジェイクは憧れの女性との初デートを逃してしまうし、ましてやクレイジーなおじいちゃんの怪しげな戦争話をまた聞かなければならない。おじいちゃんは被害妄想が強く、どこにいても敵がいると思っている。

アンジーはロシアのコメンチョ将軍に誘拐されてしまう。おじいちゃんは元諜報部員だが、政府関係者の助けを得られない。孫の信頼を得たルーおじいちゃんは、自分たちの手でアンジーを救出することを決意する。おじいちゃんは、ウルフ、ハリー、マザー、ジョバニの昔のグループ、通称 "悪魔のクズ "をまとめる。ジェイクは友人のウェンダルにコンピューターや携帯電話の知識を提供してもらう。若者と年配者の間には、コミカルな状況やおかしなセリフがたくさん繰り広げられる。

おじいちゃんの部隊がロシア人を倒し、アンジーは解放される。政府のエージェントであるマディ・ハーコートが現場にやってくると、おじいちゃんは胸をつかんで病院に運ばれていく姿が映る。次のシーンでは、ルーおじいちゃんの墓場での葬儀が行われる。孫のジェイクが泣いている一方で、家族や友人は敬意を表していた。旧友たちがルーのドッグタグをジェイクにプレゼントする。

1か月後、ジェイクの家の前に一台の車が停まった。降りてきたおじいちゃんは、ジェイクに、自分の死は、最初の退職時のときの老人の気違いじみた行為のように、偽装に過ぎないと告げる。おじいちゃんとマディは、メキシコでの生活のために車を走らせる。

キャスト[編集]

評価[編集]

Common Sense MediaのSandie Angulo-Chen氏は、この映画に5つ星のうち3つ星の評価を与えた [1]ハリウッド・リポーターフランク・シェックは、「スリルも面白さもない」、「面白くない」と酷評している[2]Film Journal Internationalのエドワード・ダグラス氏は、この映画に否定的なレビューを与え、「『アンダーカバー・じーさん』を”コメディ”と呼ぶのは難しい、なぜなら特に面白いところがないから」と書いている [3]。 本作は2017年11月1日にNetflixのストリーミングで公開された[4]

出典[編集]

  1. ^ Angulo-Chen. “Undercover Grandpa”. Common Sense Media. 2017年12月25日閲覧。
  2. ^ Scheck (2017年7月11日). “'Undercover Grandpa': Film Review”. The Hollywood Reporter. 2017年12月25日閲覧。
  3. ^ Douglas, Edward (6 July 2017). “Film Review: Undercover Grandpa”. Film Journal International. http://www.filmjournal.com/reviews/film-review-undercover-grandpa 2017年12月25日閲覧。. 出典が入力されていません。 (説明)
  4. ^ instantwatcher.com

 

外部リンク[編集]