アンタレス A-ONE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンタレス A-ONE
Antares 110 rocket for A-ONE mission.jpg
ワロップスの水平統合施設で組み立てられたアンタレス A-ONE ロケット
任務種別 技術実証
運用者 オービタル・サイエンシズ
COSPAR ID 2013-016D
SATCAT № 39145
任務期間 603 秒[1]
特性
宇宙機 シグナス重量シミュレータ
製造者 オービタル・サイエンシズ
打ち上げ時重量 3,800 kg (8,400 lb)
寸法 直径2.9 m (114 in)
全長5.061 m (199.25 in)
任務開始
打ち上げ日 2013年4月21日 21:00:02.2 UTC[2][3]
ロケット アンタレス 110[4]
打上げ場所 中部大西洋地域宇宙基地 LP-0A
打ち上げ請負者 オービタル・サイエンシズ
任務終了
廃棄種別 軌道離脱
減衰日 2013年5月10日 UTC
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
近点高度 241 km (150 mi)[5]
遠点高度 260 km (162 mi)[5]
傾斜角 51.64°[5]
元期 2013年4月21日

アンタレス A-ONE (Antares A-ONE) はオービタル・サイエンシズ社のアンタレスロケットの初飛行であり、シグナス重量シミュレータを積載して2013年4月21日に打ち上げられた[6]。射点はワロップス島中部大西洋地域宇宙基地(MARS)の0A射点であった[5]。ペイロードはシグナス宇宙船の重量を模擬したものであり[5]、近地点高度240km、遠地点高度260km、軌道傾斜角 51.6°の軌道に投入された[6]

また、Spaceflight Industriesが委託を受けたCubeSat 4基がダミーペイロードから放出された[7]

この打ち上げは、ここに至るまでのさまざまな取り組みと共にNASAの商業軌道輸送サービスプログラムにおいて大きなマイルストーンとなった[8]

ペイロード[編集]

主要なペイロードは直径2.9メートル(114インチ)、高さ5.0メートル(199.25インチ)で重量3,800キログラム(8,400ポンド)のシグナス重量シミュレータ(Cygnus Mass Simulator、CMS)であった[9]。22個の加速度計と2個のマイクロフォン、12個のディジタル温度計、24個の熱電対、12個の歪みゲージが取り付けられていた[9]

さらに、CMSから放出される4機のCubeSatが搭載されていた[9]。そのうち3台はNASAのエイムズ研究センターが製作した1Uサイズ(10cm角の立方体)の PhoneSat英語版 であり[9]電話の発明者にちなんでそれぞれアレクサンダー、グラハム、ベルと名付けられていた[9]。この衛星はスマートフォンをCubeSatのアビオニクスとして利用する技術実証が目的であり、いずれも重量1.124キログラム(2.48ポンド)でリチウム電池で駆動されていた[9]。もう1機は Cosmogia Inc. が製作した3Uサイズ(10cm×10cm×34cm)の地表画像取得実験機 Dove-1 で、高度制御に地球の磁場を利用していた[9][10]

ミッション・タイムライン[編集]

  • T-002:第一段エンジン点火
  • T+000:リフトオフ
  • T+228:第一段エンジンカットオフ
  • T+233:第一段エンジン分離
  • T+317:ペイロードフェアリング分離
  • T+326:第二段エンジン点火
  • T+481:第二段エンジンカットオフ
  • T+601: シグナス重量シミュレータを分離[5]

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NASA/OSC 飛行前記者会見
  2. ^ Antares A-ONE Mission Coverage”. Spaceflight 101 (2013年4月21日). 2016年1月6日閲覧。
  3. ^ Clark, Stephen (2013年4月20日). “Antares A-One Mission Status Center”. Spaceflight Now. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ Bergin, Chris (2012年2月22日). “Space industry giants Orbital upbeat ahead of Antares debut”. NASA Spaceflight. 2012年3月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Antares A-ONE Test Launch Mission Overview”. Orbital Sciences (2013年). 2013年4月11日閲覧。
  6. ^ a b “Orbital Successfully Launches First Antares Rocket” (プレスリリース), Orbital Sciences, (2013年4月21日), http://www.orbital.com/NewsInfo/release.asp?prid=852 
  7. ^ Lindsey, Clark (2013年3月21日). “Spaceflight Services installs four nanosats on Antares rocket”. NewSpace Watch. 2013年3月21日閲覧。
  8. ^ Space Act Agreement Amendment Seven between NASA and Orbital Sciences Corporation for COTS”. NASA (2012年3月). 2013年3月16日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g Antares Test Launch "A-ONE Mission" Overview Briefing”. Orbital Sciences (2013年4月17日). 2013年4月18日閲覧。
  10. ^ Cosmogia Dove - 1 Orbital Debris Assessment Report”. Cosmogia (2012年1月1日). 2013年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]