アンソニー・スピネリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンソニー・スピネリ
Anthony Spinelli
本名 Samuel Weinstein
別名義 監督として
Sam Weston、
Wes Brown、
Arvid Bellar、
Leonard Burke、
Jack Armstrong、
Sybil Kidd、
Wendy Lions、
Btrambare
俳優として
George Spelvin、
M Hastings
生年月日 (1927-02-21) 1927年2月21日
没年月日 (2000-05-29) 2000年5月29日(73歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 コーカソイド
職業 映画監督
ジャンル ハードコアポルノ
配偶者 ロザリンド(Rosalind)

アンソニー・スピネリAnthony Spinelli(本名サミュエル・ウェインスタイン Samuel Weinstein)、1927年2月21日 - 2000年5月29日[1])は、アメリカ合衆国ポルノ映画監督オハイオ州クリーブランド出身。

人物[編集]

1970年代初めから1980年代中期にかけてのいわゆる「ポルノの黄金時代」から1990年代まで活躍した、ポルノ界を代表する監督の1人である。功績が認められ、AVN殿堂XRCO殿堂双方のメンバーとなった[2][3]。また作品の多くがXRCO殿堂入りしている[3]。彼は自らの監督作品や息子の監督作品の何作かにジョージ・スペルヴィンなどの変名で、俳優としてちょい役で出演している(性行為のシーンはない)[4][5]

実兄は『暗くなるまで待って』のカルリーノ役などで知られる、俳優のジャック・ウェストン (Jack Weston) である[1]。またポルノ映画監督ミッチ・スピネリと脚本家のアンソニー・スピネリ・Jr.は彼の息子である[1]

スピネリは2000年5月29日(30日とする記述もある[6])、カリフォルニア州ロサンゼルスにて肺炎による合併症で死去した[1][7]

主な監督作品[編集]

  • 1974年 - 『姦婦絶叫 (The Seduction of Lyn Carter)
  • 1976年 - 『スペシャル・ボディー (Cry for Cindy)
  • 1977年 - 『ヒップ・アップ/欲情 (Expectations)
  • 1978年 - 『女教師/ハード・バック・エロ (Easy)
  • 1978年 - 『セックス・ワールド (SexWorld)
  • 1980年 - 『いんらんパフォーマンス/咥える (Aunt Peg)
  • 1980年 - 『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty to Me)
  • 1981年 - 『スキン・オン・スキン/乱色 (Skin on Skin)
  • 1981年 - 『The Dancers
  • 1981年 - 『先天性アクメニアン (Nothing to Hide )
  • 1981年 - 『エログランプリP.T.A. (Vista Valley P.T.A.)
  • 1981年 - 『セクシャルガール/乱れた花園 (Aunt Peg's Fulfillment)
  • 1983年 - 『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜 (Dixie Ray Hollywood Star)
  • 1984年 - 『調教実験/アマチュア・スペシャル (Reel People)
  • 1987年 - 『もう一度汚い言葉を言って (Talk Dirty to Me One More Time 2)
  • 1988年 - 『ミッドナイト・エロス/奥に溺れて (Hands Off)
  • 1989年 - 『セックスと妻とエロトマニア (Adultery)
  • 1992年 - 『ハードコア・パーティ (The Party)

はXRCO殿堂入り映画[3]

受賞[編集]

  • 1980年 CAFA 最優秀監督賞 『私に汚い言葉を云って (Talk Dirty to Me)[8]
  • 1981年 AFAA 最優秀監督賞 『先天性アクメニアン (Nothing to Hide )[8]
  • 1983年 CAFA 最優秀監督賞 『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜 (Dixie Ray Hollywood Star)[8]
  • 1984年 AFAA 最優秀監督賞 『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜』[8]
  • 1985年 AVN 最優秀監督賞(映画) 『ハリウッド・スキャンダル/悦楽の昼と夜』[9]
  • 1993年 AVN 最優秀監督賞(ビデオ) 『ハードコア・パーティ (The Party)[9]アレックス・デレンジーと分けあった)

脚注[編集]

外部リンク[編集]