アンセルモ・モレノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンセルモ・モレノ
基本情報
本名 アンセルモ・ホエル・モレノ・オルドネス
通称 Chemito(亡霊)
El Fantasma
階級 スーパーバンタム級
身長 169cm
リーチ 177cm
国籍 パナマの旗 パナマ
誕生日 (1985-06-28) 1985年6月28日(33歳)
出身地 パナマ県サン・ミゲリート
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 43
勝ち 36
KO勝ち 12
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

アンセルモ・モレノAnselmo Moreno1985年6月28日 - )は、パナマプロボクサー。元WBA世界バンタム級スーパー王者パナマ県サン・ミゲリート出身。長身の技巧派サウスポーでL字ガードと反射神経を主体にしたディフェンスに長けた選手。

来歴[編集]

2002年3月10日、チリキ県バホ・ボケテスペイン語版でフセイン・サンチェス(パナマ)とスーパーフライ級4回戦を行い、4回3-0(3者共40-35)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2002年8月3日、ベラグアス県エル・マラニョンスペイン語版でハビエル・テージョ(パナマ)とライトフライ級4回戦を行い、4回1-1の判定で引き分けた。

2002年10月26日、ベラグアス県サンティアゴ・デ・ベラグアススペイン語版でリカルド・モリナ(パナマ)とライトフライ級4回戦を行い、プロ初黒星となる4回1-2の判定負けを喫した。

2005年1月18日、パナマ県サン・ミゲリートでリカルド・モリナ(パナマ)とWBAフェデセントロスーパーフライ級王座決定戦を行い、9回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2005年8月20日、パマナシティに舞台を移しWBAフェデセントロスーパーフライ級王者でパナマスーパーフライ級王者のリカルド・モリナ(パナマ)と再戦し、WBAフェデセントロ王座への返り咲き、パナマ王座の獲得に成功した。

2006年5月5日、パナマシティでフェリックス・マチャドベネズエラ)とWBAフェデセントロバンタム級王座決定戦並びにWBAフェデボルバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0の判定勝ちを収めWBAフェデセントロ王座の2階級制覇、WBAフェデボル王座の獲得に成功した。

2006年9月6日、ポルトープランスでフランクリン・バレラ(ベネズエラ)と対戦し、10回3-0の判定勝ちを収めWBAフェデセントロバンタム級王座の初防衛に成功した。

2007年2月3日、パナマシティでネストール・ウーゴ・パニアグア(アルゼンチン)とWBAフェデカリブバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年6月2日、パナマシティのアレナ・ロベルト・デュラントマス・ロハスメキシコ)と対戦し、10回3-0の判定勝ちを収めWBAフェデカリブ王座の初防衛に成功した。

2007年8月16日、パマナシティで自身の持つWBAフェデセントロバンタム級王座とWBA世界バンタム級王座への挑戦権を懸けWBA世界バンタム級7位のリカルド・バルガス(メキシコ)と対戦し、初回1分6秒TKO勝ちを収めWBAフェデセントロ王座の2度目の防衛、WBA王座への挑戦権獲得に成功した。

2008年5月31日、WBA世界バンタム級王者ウラジミール・シドレンコウクライナ)と対戦し、12回3-0(2者が116-112、116-113)の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2008年9月18日、WBA世界バンタム級13位のセシリオ・サントス(メキシコ)と対戦し、7回3-0(3者共に70-63)の負傷判定勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の初防衛に成功した[1]

2008年10月30日、WBA世界バンタム級7位のロリー松下フィリピン/カシミジム)と対戦し、12回3-0(120-108、119-109、118-110)の判定勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の2度目の防衛に成功した[2]

2009年5月2日、ウラジミール・シドレンコと再戦し、12回2-1(2者が115-113、113-115)の判定勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の3度目の防衛に成功した。

2009年7月4日、フランスポワチエでWBA世界バンタム級のマヤル・モンシプール(フランス)と対戦し、12回2-1(113-115、116-113、116-112)の判定勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の4度目の防衛に成功した[3]

2009年12月4日、フレデリック・パトラック(フランス)と対戦し、11回TKO勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の5度目の防衛に成功した。

2010年3月27日、暫定王者ネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)とWBA世界バンタム級王座統一戦を行い、12回2-1(114-113、115-112、112-115)の判定勝ちを収めを王座統一に成功した(記録上は正規王座の6度目の防衛)[4]

2010年8月14日、WBA世界バンタム級1位のネオマール・セルメニョと再戦し、12回2-1(117-112、115-113、113-115)の判定勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の7度目の防衛に成功[5]、WBAからスーパー王座に認定され、スーパー王者になった[6]

2011年6月17日、WBA世界バンタム級2位ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)とパナマシティアレナ・ロベルト・デュランで対戦。消極的なパーラに対しファンからは大ブーイングが起き野次まで飛ばされた。モレノ自身が両手を上げて挑戦者の奮起を促すも終始前に出ず、8回終了後パーラが拳の負傷を理由に棄権した為WBA世界バンタム級王座の8度目の防衛に成功した[7]。対戦相手のパーラはその後「全てのベネズエラ国民に謝罪したい」と話し引退を表明した。

2011年12月3日、カリフォルニア州アナハイムホンダセンターIBO世界バンタム級王者ビック・ダルチニアンと対戦、 12回3-0(116-111、117-110、120-107)と1人が13点差をつけた判定勝ちを収め完勝し、WBA世界バンタム級王座の9度目の防衛に成功した[8]

2012年4月21日、テキサス州エルパソドン・ハスキンズ・コンベンション・センター英語版でWBA7位のデビッド・デラモラと対戦し、9回TKO勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の10度目の防衛に成功した[9]

2012年11月10日、ロサンゼルスステイプルズ・センターWBC世界スーパーバンタム級王者アブネル・マレスと対戦し、5回にダウンを奪われ、11回にはモレノがマレスの頭を引っ張ったという理由で1点減点されるなど劣勢を強いられ、12回0-3(2者が110-116、106-120)の判定負けを喫し2階級制覇に失敗した[10]

2013年8月10日、パナマシティのメガポリス・コンベンションセンターでWBA世界バンタム級15位ウィリアム・ウリナ(コロンビア)と対戦し、12回3-0(116-112、2者が118-110)の判定勝ちを収めWBA世界バンタム級王座の11度目の防衛に成功と共に再起に成功した[11][12]

2014年3月22日、パナマシティのアレナ・ロベルト・デュランでWBA世界バンタム級11位のハビエル・チャコンと対戦し、この試合はハーフポイント制を採用して行われたが[13]、2回にチャコンから2度ダウンを奪うなど試合を優勢に進め、スピードと持ち前のボディーワークを駆使したモレノが12回3-0(118-108、117-108、117.5-109.5)の判定勝ち収めWBA世界バンタム級王座の12度目の防衛に成功した[14][15]

2014年9月26日、テキサス州メスキートメスキート・アリーナで、WBA世界バンタム級2位のファン・カルロス・パヤノと指名試合を行うが、2回にバッティングでパヤノが左目上を深くカットしてしまい、その傷が原因で7回開始前にドクターストップがかかり、6回0-3(55-59、2者が56-58)の負傷判定負けを喫しWBA世界バンタム級王座の13度目の防衛に失敗、6年4ヵ月保持した王座から陥落した[16][17]

2015年9月22日、大田区総合体育館でWBC世界バンタム級王者山中慎介帝拳)と対戦し、12回1-2(115-113、2者が113-115)の判定負けを喫しWBAに続く王座獲得に失敗した[18][19]

2016年4月30日、パナマシティのアレナ・ロベルト・デュランで元WBC世界スーパーフライ級王者でWBC世界バンタム級1位のスリヤン・ソー・ルンヴィサイとWBC世界バンタム級シルバー王座決定戦を行い、12回3-0(117-109、116-108、117-110)の判定勝ちを収めWBC世界バンタム級シルバー王座の獲得に成功、WBC世界バンタム級王者山中慎介への挑戦権を獲得した[20][21]

2016年9月16日、大阪府立体育会館でWBC世界バンタム級王者山中慎介と1年ぶりに再戦し初回に左フックで上述のマレス戦以来約4年ぶりのダウンを奪われるも、4回に右フックで山中をダイブさせるダウンを奪い返す。5回にはダウン寸前まで追い詰めたが、6回に左ストレートでダウンを追加され、7回にはカウンターの左ストレートとコンビネーションからの左ストレートで2度ダウンを奪われ試合終了。プロ初のKO負けとなる7回1分9秒TKO負けを喫しWBAに続く王座獲得に失敗、リングマガジン王座獲得に失敗した[22][23]。敗戦後、スーパーバンタム級に転向し、10月13日、WBC世界スーパーバンタム級6位にランクインした[24][25]

2017年5月27日、パナマシティのセントロ・デ・コンベンシオネス・フィガリで元WBC世界スーパーバンタム級王者のフリオ・セハとWBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦を行い、3回2分32秒KO負けを喫しWBC世界スーパーバンタム級王座への挑戦権獲得に失敗した[26][27]

2017年6月1日、パナマで放送されたテレビ番組「ロ・メホール・デル・ボクセオ」(ザ・ベスト・オブ・ボクシング)で「医療上の査定」を理由に現役引退を発表した[28][29]

戦績[編集]

  • プロボクシング:43戦 36勝(12KO)6敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2002年3月10日 勝利 4R 判定3-0 フセイン・サンチェス パナマの旗 パナマ プロデビュー戦
2 2002年3月16日 勝利 4R 判定3-0 ハロルド・アロセメナ パナマの旗 パナマ
3 2002年3月23日 勝利 3R 1:44 TKO フベンシオ・カバレロ パナマの旗 パナマ
4 2002年5月11日 勝利 1R 2:46 TKO アネル・ミトレ パナマの旗 パナマ
5 2002年5月18日 勝利 4R 判定 フセイン・サンチェス パナマの旗 パナマ
6 2002年8月3日 引分 4R 判定1-1 ハビエル・テージョ パナマの旗 パナマ
7 2002年9月14日 勝利 4R 判定 フベンシオ・カバレロ パナマの旗 パナマ
8 2002年10月26日 敗北 4R 判定1-2 リカルド・モリナ パナマの旗 パナマ
9 2003年5月3日 勝利 6R 判定3-0 サトゥニオ・カマチョ パナマの旗 パナマ
10 2003年5月16日 勝利 2R 1:17 TKO アレクサンダー・ムリーリョ パナマの旗 パナマ
11 2004年4月30日 勝利 8R 判定3-0 サトゥニオ・カマチョ パナマの旗 パナマ
12 2004年11月13日 勝利 6R 判定3-0 デービス・アルセメナ パナマの旗 パナマ
13 2005年1月28日 勝利 9R 2:59 TKO リカルド・モリナ パナマの旗 パナマ WBAフェデセントロスーパーフライ級王座決定戦
14 2005年8月20日 勝利 10R 判定3-0 リカルド・モリナ パナマの旗 パナマ WBAフェデセントロスーパーフライ級タイトルマッチ
パナマスーパーフライ級タイトルマッチ
15 2006年3月21日 勝利 10R 判定3-0 ヨグリ・エレラ  コロンビア
16 2006年5月5日 勝利 10R 判定3-0 フェリックス・マチャド ベネズエラの旗 ベネズエラ WBAフェデセントロバンタム級王座決定戦
WBAフェデボルバンタム級王座決定戦
17 2006年8月5日 勝利 5R TKO ホセ・デ・ヘスス・ロペス ベネズエラの旗 ベネズエラ
18 2006年9月2日 勝利 10R 判定3-0 フランクリン・バレラ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBAフェデセントロ防衛1
19 2006年12月7日 勝利 4R 1:03 TKO エドゥアルド・パチェコ  コロンビア
20 2007年2月3日 勝利 10R 判定3-0 ネストール・ウーゴ・パニアグア アルゼンチンの旗 アルゼンチン WBAフェデカリブバンタム級王座決定戦
21 2007年3月24日 勝利 2R 2:44 KO ルイス・ベナビデス  コロンビア
22 2007年6月2日 勝利 10R 判定3-0 トマス・ロハス メキシコの旗 メキシコ WBAフェデカリブ防衛1
23 2007年8月16日 勝利 1R 1:06 TKO リカルド・バルガス メキシコの旗 メキシコ WBAフェデセントロ防衛2
WBA世界バンタム級挑戦者決定戦
24 2008年5月31日 勝利 12R 判定3-0 ウラジミール・シドレンコ  ウクライナ WBA世界バンタム級タイトルマッチ
25 2008年9月18日 勝利 7R 負傷判定
3-0
セシリオ・サントス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1
26 2008年10月30日 勝利 12R 判定3-0 ロリー松下(カシミ) フィリピンの旗 フィリピン WBA防衛2
27 2009年5月2日 勝利 12R 判定2-1 ウラジミール・シドレンコ  ウクライナ WBA防衛3
28 2009年7月4日 勝利 12R 判定2-1 マヤル・モンシプール フランスの旗 フランス WBA防衛4
29 2009年10月9日 勝利 6R 2:13 TKO ホルヘ・オテロ  コロンビア
30 2009年12月4日 勝利 11R 2:56 TKO フレデリック・パトラック フランスの旗 フランス WBA防衛5
31 2010年3月27日 勝利 12R 判定2-1 ネオマール・セルメニョ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA世界バンタム級王座統一戦/WBA防衛6
32 2010年8月14日 勝利 12R 判定2-1 ネオマール・セルメニョ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA防衛7→スーパー王座認定
33 2011年6月17日 勝利 8R終了 TKO ロレンソ・パーラ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBA防衛8
34 2011年12月3日 勝利 12R 判定3-0 ビック・ダルチニアン オーストラリアの旗 オーストラリア WBA防衛9
35 2012年4月21日 勝利 9R 0:10 TKO デビッド・デラモラ メキシコの旗 メキシコ WBA防衛10
36 2012年11月10日 敗北 12R 判定0-3 アブネル・マレス メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
37 2013年8月10日 勝利 12R 判定3-0 ウィリアム・ウリナ  コロンビア WBA防衛11
38 2014年3月22日 勝利 12R 判定3-0 ハビエル・チャコン アルゼンチンの旗 アルゼンチン WBA防衛12
39 2014年9月26日 敗北 6R終了 負傷判定0-3 ファン・カルロス・パヤノ ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 WBA王座陥落
40 2015年9月22日 敗北 12R 判定1-2 山中慎介帝拳 日本の旗 日本 WBC世界バンタム級タイトルマッチ
41 2016年4月30日 勝利 12R 判定3-0 スリヤン・ソー・ルンヴィサイ タイ王国の旗 タイ WBC世界バンタム級シルバー王座決定戦
WBC世界バンタム級指名挑戦者決定戦
42 2016年9月16日 敗北 7R 1:09 TKO 山中慎介帝拳 日本の旗 日本 WBC世界バンタム級タイトルマッチ
リングマガジン世界バンタム級王座決定戦
43 2017年5月27日 敗北 3R 2:32 KO フリオ・セハ メキシコの旗 メキシコ WBC世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パナマ3選手が勝利 WBAのトリプル戦 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年9月21日[リンク切れ]
  2. ^ ロリー松下、大差の判定負け ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年10月31日
  3. ^ モレノ、2-1判定で前王者撃退 WBAバンタム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月7日
  4. ^ バンタム級統一戦はモレノが2-1の勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年3月29日
  5. ^ モレノ、セルメーニョを2-1撃退 ゴロフキン初回戴冠 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年8月15日
  6. ^ 3階級制覇に挑む亀田興毅…背景には世界王座「乱立」も 朝日新聞 2010年12月23日
  7. ^ モレノ、ゴロフキンともTKO防衛 パナマ ボクシングニュース「Box-on!」 2011年6月18日
  8. ^ ダルチニアンが勝利すればWBAスーパー王座とIBO王座の統一王者となり、モレノが勝利したらIBO王座は空位となる変則的な統一王座決定戦だった為、IBO王座は空位となった。
  9. ^ モレノV10 デラモラをストップ ボクシングニュース「Box-on!」 2012年4月22日
  10. ^ マレスがモレノ撃退 サンタクルスKO防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月12日
  11. ^ Moreno retains WBA bantamweight title for 11th time; Cermeno edges Escandon for WBA interim super bantam belt; Ramos upsets Vazquez Fightnews.com 2013年8月11日
  12. ^ モレノV11 ウリナに3-0判定勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月11日
  13. ^ Half point will be used in Moreno vs Chacón WBA公式サイト 2014年3月20日
  14. ^ モレノV12 チャコンに大差の勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年3月23日
  15. ^ Moreno retains WBA belt in Panama WBA公式サイト 2014年3月23日
  16. ^ Payano dethrones longtime bantamweight champ Moreno WBA公式サイト 2014年9月27日
  17. ^ モレノ落城 パヤノ負傷判定で新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月27日
  18. ^ YAMANAKA DEFEATS CHEMITO IN TOKYO WBC公式サイト 2015年9月22日
  19. ^ 山中慎介が薄氷のV9、難敵モレノに2-1判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月22日
  20. ^ Moreno beats Suriyan, sets up Yamanaka rematch Fightnews.com 2016年5月1日
  21. ^ モレノがスリヤンに勝利、山中慎介への挑戦権獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月1日
  22. ^ Yamanaka halts Moreno in see-saw fiasco Fightnews.com 2016年9月16日
  23. ^ 山中慎介がV11、モレノを4度倒して完全決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月16日
  24. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年10月13日
  25. ^ 丸田陽七太らWBCランク入り、陥落のクアドラス1位 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月14日
  26. ^ Ceja destroys Moreno in three, Estrada outpoints Juarez in WBC eliminators Fightnews.com 2017年5月28日
  27. ^ モレノKO負け、WBC・S・バンタム級挑戦権はセハに Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月28日
  28. ^ Chemito Moreno Announces His Retirement From Boxing Boxing Scene.com 2017年6月2日
  29. ^ 元世界王者モレノが引退、山中慎介と2度対戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ウラジミール・シドレンコ
WBA世界バンタム級王者

2008年5月31日 - 2010年11月19日

空位
次タイトル獲得者
亀田興毅
前スーパー王者
N/A
WBA世界バンタム級スーパー王者
2010年11月19日 - 2014年9月26日
次スーパー王者
ファン・カルロス・パヤノ