アングランド (メーヌ=エ=ロワール県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ingrandes
Blason ville fr Ingrandes (Maine-et-Loire).svg
Ingrandes49.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) メーヌ=エ=ロワール県Blason département fr Maine-et-Loire.svg
(arrondissement) アンジェ郡
小郡 (canton) シャロンヌ=シュル=ロワール小郡
INSEEコード 49160
郵便番号 49123
市長任期 ティエリー・ミヨン[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C.C. Loire-Layon
人口動態
人口 1 656人
2012年
人口密度 249人/km2
住民の呼称 Ingrandais, Ingrandaise
地理
座標 北緯47度24分11秒 西経0度55分20秒 / 北緯47.4030555556度 西経0.922222222222度 / 47.4030555556; -0.922222222222座標: 北緯47度24分11秒 西経0度55分20秒 / 北緯47.4030555556度 西経0.922222222222度 / 47.4030555556; -0.922222222222
標高 平均:m
最低:7m
最高:69m
面積 6.65km2
Ingrandesの位置(フランス内)
Ingrandes
Ingrandes
公式サイト Site d'Ingrandes
テンプレートを表示

アングランドIngrande)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県にかつて存在したコミューン

アングランドが正式名称だが、アングランド=シュル=ロワール(Ingrandes-sur-Loire)と呼ばれることもある[2][3]

地理[編集]

県の西端にあり、ロワール川の北岸(右岸)に位置している。ロワール=アトランティック県にあるル・フレンヌ=シュル=ロワールに隣接する。町の中心部と西部はどちらもロワール川に沿っている。そしてボワル・ド・シャントセと呼ばれる三日月湖は、町の東部にある。

ロワール川から眺めたアングランド

由来[編集]

Ingrandeはガリア語のequoranda(境界の端)[4]からきた地名である[5]。それはこの地が国境または国境線上にあったことを示している。ガリア時代のアングランドは、ナムネティ族とアンデカウィ族の領土の境界線にあたり、その後(アングランドを含む)ナント司教座とアンジェ司教座の境界となり、ブルターニュアンジューの境界となった。1790年以降は、ロワール=アンフェリウール県(現在のロワール=アトランティック県)とメーヌ=エ=ロワール県の境界となった。

アングランドの名前が初めてIngrandiaとして記されるのは、1052年の公文書においてである。

アングランドの古名は以下のようになる。Ingrandia(1052年)、Ingranda(1095年)、Ingirandum castrumまたはIngrannus(1107年)、Inguirandia(1110年)[6]、Ingrande(1793年、1801年)そしてその後Ingrandesとなった[7]

1343年、塩税を確立したフィリップ6世の命令によって、塩が国家の独占業となった。アングランドを含むアンジューは塩税の高い地方の1つであり、特別裁判所と塩蔵を持っていた。アングランドに税関が置かれたのは、ナントより上流で生産されるワインに課税するためであった。このためワイン品質の向上が進み価格が上がった。ナントのブドウ畑から生産されるワインと比べ、上流のワインは品質で勝たねばならなかったのである[8].。

sが除かれた地名のIngrandeは、ブルターニュの東の端であることがブルターニュ歴史地理辞典(Dictionnaire historique et géographique de la Bretagne)の1843年版に記されている[9]

1932年11月20日、ブルトン人民兵集団Gwenn ha Duは、ブルターニュ辺境地方のアングランドとシャントセ=シュル=ロワールの間で鉄道を攻撃した。Gwen ha Duによるレンヌ襲撃の3ヶ月後[10] · [11]、首相エドゥアール・エリオが、ブルターニュのフランス併合400年祝典のためナントに向かうのを狙ったのである。

2015年、4月に開催された交渉や住民集会の数ヵ月後[12] · [13]、アングランドとル・フレンヌ=シュル=ロワールは合併してコミューン・ヌーヴェル(frサルコジ政権時代に成立したフランス国家領土改革法によって、合併して誕生したコミューンの名称)となることに同意した。合併によって、新設後の数年間、国がコミューンに交付する行政広域補助金が計画的に削減されるのを相殺することができる。メーヌ=エ=ロワール県に含まれることになるコミューン・ヌーヴェルは、2016年1月1日に誕生する[14] · [15]。旧ル・フレンヌ=シュル=ロワールは権限委任コミューンとなり、一方でアングランドはコミューン・ヌーヴェルの行政中心地となって権限委任コミューンの権利を放棄する[16]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1323 1429 1517 1450 1410 1418 1552 1656

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[17]、2004年以降INSEE[18][19]

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Réélection 2014 : « Liste des maires élus en 2014 », sur le site de la préfecture du département de Maine-et-Loire (consulté le 19 avril 2014).
  2. ^ Insee, Code officiel géographique, consulté le 8 mars 2013
  3. ^ « Site de la Mairie », sur Ingrandes sur Loire (consulté le 8 mars 2013).
  4. ^ Ernest Nègre, Toponymie générale de la France : étymologie de 35,000 noms de lieux, vol. 1 : Formations préceltiques, celtiques, romanes, Genève, Librairie Droz, coll. « Publications romanes et françaises » (no 193),‎ , 1869 p. (ISBN 978-2-600-02884-4, lire en ligne) § 3076, p. 196.
  5. ^ Cf. Charles Rostaing, Les Noms de lieux, PUF, 1969, coll. Que sais-je ?, p. 40. Il s'agit d'un terme reconstitué, d'où la marque *
  6. ^ Célestin Port, Dictionnaire historique géographique et biographique de Maine-et-Loire, 1874-1878, Édition révisée de 1978 par J. Levron P. d'Herbécourt R. Favreau et C. Souchon, t. 2 p. 294.
  7. ^ École des hautes études en sciences sociales, Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui, Notice communale de Ingrandes, consultée le 8 mars 2013 - Nom de la municipalité en 1793 (an II), selon le recensement réalisé sur l’ensemble du territoire français de l’époque, et en 1801, selon les « Arrêtés de réduction des justices de paix » (actes publiés au Bulletin des lois) constituant la première nomenclature officielle des circonscriptions administratives de la France contemporaine.
  8. ^ Guy Saindrenan, La vigne et le vin en Bretagne, Coop Breizh,‎
  9. ^ Ogée、Marteville および Varin, Dictionnaire historique et géographique de la Bretagne, Rennes, Molliex libraire-éditeur,‎ (lire en ligne), p. 5 du discours préliminaire
  10. ^ Pierrick Baudais, « Le 7 août 1932, la statue du roi explose », sur rennes.maville.com,‎
  11. ^ « Kanaouenn neveez war sujet torfed Roazon - 7 vet a viz Eost 1932 - (Chanson nouvelle au sujet du forfait de Rennes) », sur follenn.chez.com
  12. ^ « Le projet commune nouvelle a été présenté », Le Courrier de l'Ouest, 7 mai 2015
  13. ^ « Commune nouvelle : et l'impact financier ? », Le Courrier de l'Ouest, 3 juin 2015
  14. ^ « Ingrandes et Le Fresne bientôt regroupées », sur ouest-france.fr,‎
  15. ^ « Une commune de Loire Atlantique devrait rejoindre le Maine-et-Loire », sur my-angers.info,‎
  16. ^ {{{1}}} (PDF) « Charte fondatrice commune nouvelle Ingrandes-le-Fresne-sur-Loire », sur lefresnesurloire.fr,‎ , p. 13
  17. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=17566
  18. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  19. ^ http://www.insee.fr