アンカリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンカリング: Anchoring)とは、認知バイアスの一種であり[1]、先行する何らかの数値(アンカー)によって後の数値の判断が歪められ、判断された数値がアンカーに近づく傾向のことをさす[2]係留[3]または焦点化: Focalism[要出典]とも呼ばれる。

例えば、「国連加盟国のうちアフリカの国の割合はいくらか」という質問をしたときに、質問の前に「65%よりも大きいか小さいか」と尋ねた場合(中央値45%)、「10%よりも大きいか小さいか」と尋ねた場合(中央値25%)よりも、大きい数値の回答が得られるという[1]

また、数値を明確に提示しなくてもバイアスは生じる。「8×7×6×5×4×3×2×1」または「1×2×3×4×5×6×7×8」という計算の結果を、5秒以内に推測してもらった場合、前者(中央値2,250)のほうが後者(中央値512)よりも大きい推測の値が得られたという(正答は40,320)[1]

メカニズム[編集]

「不十分な調整」説[編集]

エイモス・トベルスキーダニエル・カーネマンは、ヒューリスティックおよび認知バイアスの観点からアンカリングの説明を試みた。この「不十分な調整」説[4]によれば、アンカーの数値を始点とし、そこから数値の調整を行なう結果、最終的な予測値がアンカーに歪むという。

国連加盟国以外の例として、1998年から2008年までMITで教鞭を執った経験のあるダン・アリエリーによって提案されたものがある。聴衆に彼らの社会保障番号の最後の2桁をまず書いてもらい、次にワインやチョコレートなどの品物に擬似的に入札してもらう。最初に書いた数字が大きい人々は、高い値段で入札する傾向がある。最初に数字を強く考えた単純な行為が、論理的には何の関係もない次の行為に影響を与える[5]

選択的アクセシビリティ[編集]

アンカーが提示されたとき、その数値の根拠となるような情報へのアクセスが増加するために、アンカリングが生じる、とする説[6]。例えば、先ほどの国連加盟国の例であれば、65%という高いアンカーが提示された場合は、「アフリカ大陸は非常に大きい」というような、高いアンカーの根拠となるような情報を集めてしまう。

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c Tversky A, Kahneman D (1974). “Judgment under Uncertainty: Heuristics and Biases”. Science 185 (4157): 1124-1131. ASIN 0521284147. ISBN 9780521284141. OCLC 7578020. NCID BA04267946. ASIN B00D2WQFP2 (Kindle). 
  2. ^ 杉本崇、高野陽太郎「対象に関する知識量が少ない場合のアンカリング効果:意味的過程説と数的過程説の比較」、『認知心理学研究』第8巻第2号、2011年、 145-151頁、 NAID 130000784378
  3. ^ 遠藤由美「自己紹介場面での緊張と透明性錯覚」、『実験社会心理学研究』第46巻第1号、2007年、 53-62頁、 NAID 130000303315
  4. ^ 杉本崇、高野陽太郎「アンカリング効果のメカニズムにおける「カバー効果」の検討」、『認知心理学研究』第12巻第1号、2014年、 51-60頁、 NAID 130004697083
  5. ^ Edward Teach (17 June 2004). “Avoiding Decision Traps”. CFO Magazine. http://www.cfo.com/article.cfm/3014027 2007年5月29日閲覧。. 
  6. ^ Mussweiler T, Strack F (March 1999). “Hypothesis-consistent testing and semantic priming in the anchoring paradigm: A selective accessibility model”. Journal of Experimental Social Psychology 35 (2): 136-164. doi:10.1006/jesp.1998.1364. 

参考文献[編集]