アンカラ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンカラ
1457 Ankara
仮符号・別名 1937 PA · 1933 SA
1934 XG · 1936 FL1
1943 YD · 1966 BG
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1937年8月3日[1]
発見者 カール・ラインムート[1]
軌道要素と性質
元期:2017年2月16日 (JD 2,457,800.5)[1]
軌道長半径 (a) 2.6968 AU
近日点距離 (q) 2.2802 AU
遠日点距離 (Q) 3.1134 AU
離心率 (e) 0.1545
公転周期 (P) 4.43 (1,618 日)
軌道傾斜角 (i) 6.0913
近日点引数 (ω) 296.31 度
昇交点黄経 (Ω) 296.31 度
平均近点角 (M) 63.234 度
物理的性質
直径 17.834±0.207 km[2]
18.495±0.068 km[3]
18.95±0.63 km[4]
19.82±0.26 km[5]
29.08 km (calculated)[6]
自転周期 31.8±0.6 時間[7]
スペクトル分類 S[6]
絶対等級 (H) 10.60[5][3] · 10.70[4] · 10.8[1][6]
Template (ノート 解説) ■Project
光学曲線からモデル化した形態

アンカラ(1457 Ankara)は、小惑星帯中央部にある岩石質の小惑星で、直径は約18kmである。1937年8月3日に、ドイツ南西部のケーニッヒシュトゥール天文台で、ドイツの天文学者カール・ラインムートが発見し、後にトルコの首都アンカラに因んで命名された[8][9]

軌道と分類[編集]

アンカラは、小惑星帯中央部、太陽から2.3-3.1天文単位の軌道を4年5か月(1618日)かけて公転している。軌道離心率は0.15、黄道に対する軌道傾斜角は6°である[1]。1933 SAとして1933年にベルギー王立天文台で初めて観測され、ハイデルベルクでの発見よりも、w:Observation arcが4年間遡って延長された[9]

物理的性質[編集]

自転周期[編集]

アンカラの光学曲線は、2004年9月にフランスのアマチュア天文学者ルネ・ロイによる測光観測から得られた。光学曲線の分析により、自転周期は31.8時間で、光度の振れ幅は0.21等級であることが明らかとなった[7]。自転速度は、多くの小惑星は自転周期が20時間以内であり、これらとと比べると遅い。

直径とアルベド[編集]

あかり広視野赤外線探査機(WISE)及びこの後継のNEOWISEによる探査により、直径は17.834km及び19.82km、表面のアルベドは0.258及び0.320と測定された[2][3][4][5]

Collaborative Asteroid Lightcurve Linkは、軌道長半径が2.6-2.7天文単位の小惑星族に属さない全ての小惑星に対して、S型小惑星(0.20)とC型小惑星(0.057)の間の値である0.1という低めのアルベドを仮定しており、絶対等級10.8を元に直径を29.08kmと大きめに計算している。天体の直径とアルベドは、互いに反比例の関係にあるためである[6]

命名[編集]

トルコの首都アンカラに因んで命名された。公式には、ユダヤ人の祖父を持つために1933年にナチス・ドイツヴロツワフ天文台を解雇された後、トルコに移住したドイツ人の太陽天文学者ヴォルフガング・グライスバーグにより提案され、1955年のポール・ハーゲットの著作The Names of the Minor Planetsの中で初めて言及された[8][10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e JPL Small-Body Database Browser: 1457 Ankara (1937 PA)”. Jet Propulsion Laboratory. 2017年4月27日閲覧。
  2. ^ a b Masiero, Joseph R.; Grav, T.; Mainzer, A. K.; Nugent, C. R.; Bauer, J. M.; Stevenson, R. et al. (August 2014). “Main-belt Asteroids with WISE/NEOWISE: Near-infrared Albedos”. The Astrophysical Journal 791 (2): 11. arXiv:1406.6645. Bibcode2014ApJ...791..121M. doi:10.1088/0004-637X/791/2/121. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2014ApJ...791..121M 2017年4月27日閲覧。. 
  3. ^ a b c Mainzer, A.; Grav, T.; Masiero, J.; Hand, E.; Bauer, J.; Tholen, D. et al. (November 2011). “NEOWISE Studies of Spectrophotometrically Classified Asteroids: Preliminary Results”. The Astrophysical Journal 741 (2): 25. arXiv:1109.6407. Bibcode2011ApJ...741...90M. doi:10.1088/0004-637X/741/2/90. 
  4. ^ a b c Masiero, Joseph R.; Mainzer, A. K.; Grav, T.; Bauer, J. M.; Cutri, R. M.; Nugent, C. et al. (November 2012). “Preliminary Analysis of WISE/NEOWISE 3-Band Cryogenic and Post-cryogenic Observations of Main Belt Asteroids”. The Astrophysical Journal Letters 759 (1): 5. arXiv:1209.5794. Bibcode2012ApJ...759L...8M. doi:10.1088/2041-8205/759/1/L8. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/bib_query?bibcode=2012ApJ...759L...8M 2017年4月27日閲覧。. 
  5. ^ a b c Usui, Fumihiko; Kuroda, Daisuke; Müller, Thomas G.; Hasegawa, Sunao; Ishiguro, Masateru; Ootsubo, Takafumi et al. (October 2011). “Asteroid Catalog Using Akari: AKARI/IRC Mid-Infrared Asteroid Survey”. Publications of the Astronomical Society of Japan 63 (5): 1117–1138. Bibcode2011PASJ...63.1117U. doi:10.1093/pasj/63.5.1117.  (online, 臼井文彦『Mid-Infrared Asteroid Survey with AKARI / 「あかり」衛星による小惑星の中間赤外線サーベイ』(論文)、東京大学 博士論文〈乙第17829号〉、2013年、153(p.1-178)。doi:10.15083/00007191)
  6. ^ a b c d LCDB Data for (1457) Ankara”. Asteroid Lightcurve Database (LCDB). 2017年4月27日閲覧。
  7. ^ a b Behrend, Raoul. “Asteroids and comets rotation curves – (1457) Ankara”. Geneva Observatory. 2017年4月27日閲覧。
  8. ^ a b Schmadel, Lutz D. (2007). “(1457) Ankara”. Dictionary of Minor Planet Names – (1457) Ankara. Springer Berlin Heidelberg. p. 117. doi:10.1007/978-3-540-29925-7_1458. ISBN 978-3-540-00238-3 
  9. ^ a b 1457 Ankara (1937 PA)”. Minor Planet Center. 2017年4月27日閲覧。
  10. ^ Angelika Rieber. “Wolfgang Gleissberg – Refuge in Turkey”. Project Jewish Life in Frankfurt. 2017年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]