アンオブタニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンオブタニウム英語:Unobtainium)とは、フィクション思考実験工学で用いられる架空素材、非常に希少、または不可能を可能にする材料として引き合いに出される。その性質はフィクションや望む物によって異なる。この物質の概念は皮肉、あるいはユーモアのネタにも使われる。

この言葉は、un(否定)obtainable(入手できる)~ium(金属元素名の接尾語)から来ている。ウンウンオクチウム(Un un oct ium)のように、IUPAC元素の系統名の名づけに似た形式になるよう最初にUnが来ている。べつの綴りで中間のiを抜いたunobtaniumという言葉も使われるが、チタン(ti tanium)に引っ掛けた言葉である。


似たような概念物質[編集]

handwavium(Handwaving:大げさな言葉や仕草で誤魔化す)、buzzwordium(バズワード)のほかimpossibrium、hardtofindium、 flangiumなども用いられる。マービン・ザ・マーシャンのEludium Q-36は、eluded(すり抜ける、理解できない)から派生させた言葉である。

工学的に使われた例:wishalloy(望まれる合金)[1]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Heppenheimer, Thomas A.. “NASA SP-4221: The Space Shuttle Decision – NASA's Search for a Reusable Space Vehicle”. 2014年4月14日閲覧。 Chapter 8