アローン・アゲイン (ナチュラリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Alone Again (Naturally)
ギルバート・オサリバンシングル
初出アルバム『Himself featuring Alone Again (Naturally) (アメリカ)
Back To Front(邦題:アローン・アゲイン)(日本)
Greatest Hits(1976年)(イギリス)』
B面 セイヴ・イット
リリース
規格 7"
録音 1971年
ジャンル ポップ
レーベル MAM
作詞・作曲 ギルバート・オサリバン
プロデュース ギルバート・オサリバン
ギルバート・オサリバン シングル 年表
さよならがいえない
(1971年)
アローン・アゲイン
(1972年)
結婚の歌(マトリモニー)
ウー・ワカ・ドゥ・ワカ・デイ
(1972年)
テンプレートを表示

アローン・アゲイン (ナチュラリー) 」は、アイルランド人シンガーソングライターギルバート・オサリバンの楽曲。

1972年にリリースされると、アメリカ合衆国Billboard Hot 100シングルチャートイージー・リスニング・チャートで計6週1位を獲得した[1]。また、ケイシー・ケイサムのチャート番組『American Top 40』が集計した1970年代のベスト50曲では5位(デビー・ブーンの「恋するデビー」が1位)となった。イギリスでは、全英シングルチャートで3位を獲得した[2]。日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1972年10月23日付から5週連続1位を獲得した[3]

曲の特徴[編集]

この曲は内省的なバラッドであり、歌手が祭壇に取り残された後で彼の自殺の企てを語ることから始まり、その後彼の両親の死について語る。オサリバンは「僕は父(オサリバンが11歳の時に死去した)をよく知らないし、それに父は母を虐待したので、この曲は自叙伝ではない」と発言している[4]。 「アローン・アゲイン (ナチュラリー) 」はマネージャーのゴードン・ミルズが設立したMAMレーベルより、英デッカ配給でシングルとしてリリースされるが、アメリカでは「Himself featuring Along Again (Naturally)」として、イギリスで先にリリースされていたアルバム「ヒムセルフ(発売当時の邦題:ギルバート・オサリヴァンの肖像)」Himself[5]の収録曲2曲をこの曲ともう一曲の英国盤アルバム未収録シングルに差し替え、ジャケットを変えてリリース。その後、1976年の『Greatest Hits』でイギリスにおいて初めてアルバム収録された。CD時代となってからは『The Berry Vest of Gilbert O'Sullivan』(2004年)になどに収録されている。なお、ビッグ・ジム・サリヴァンがこの曲のオリジナルの録音版でギターを弾いている。

著作権事件[編集]

ラッパーのビズ・マーキーは「アローン・アゲイン (ナチュラリー)」をサンプリングで使用したが、その使用許可を得なかったとして1991年にGrand Upright Music, Ltd. v. Warner Bros. Records Inc.が訴訟を起こした。

メディアでの使用[編集]

この曲は、『スチュアート・リトル2』、『The Virgin Suicides』、『ふたりにクギづけ』といった映画とTV番組でも使用された。『ザ・シンプソンズ』シーズン17のエピソード「はらぺこで語る海の冒険」で、登場人物であるコミック・ブック・ガイの登場時に使用された。また、イギリスのテレビドラマ『ライフ・オン・マーズ』セカンドシリーズにおいて、1エピソードの主題歌として主人公サム・タイラーの絶望を表現するために使用された。日本では1986年に映画『めぞん一刻』の主題歌およびテレビアニメ『めぞん一刻』第24話のオープニング・テーマとして使用された。

カバー[編集]

日本人では布施明が原曲そのままにカバーしており、ベストアルバムなどに収録されている。そのほか1971年に九重佑三子なかにし礼の訳詞(原詩とはかけ離れた内容)で歌唱した「また一人」が知られている。また、俳優の草刈正雄も「アローン・アゲイン」のタイトルで日本語でカバーしており、現在はコンピレーションCDで聞くことが出来る。さらに1990年には有頂天がアルバム『カラフルメリィが降った街』において、ケラによる訳詞によってカバーしている。

1972年、オランダの喜劇2人組Van Kooten en De Bieはこの曲のオランダ語バージョン「1948」を書いた。歌詞の内容は第二次世界大戦の終戦からちょうど3年後の、地味であるが幸福な1948年の幼年時代の懐旧の情を扱ったものである。

Dame Shirley Basseyは1976年のアルバム『Love, Life, and Feelings』でこの曲をカバーした[6]

ブルー・ミッチェルは1993年のアルバム『Graffiti Blues』でこの曲をカバーした。

2004年、Ehud Manorはこの曲のヘブライ語バージョン「VeShuv Levad」(ヘブライ語: "ושוב לבד"‎, "Alone Again"の意味)を書き、イスラエルの女優Tiki Dayanが歌った。ヘブライ語バージョンは2007年にイスラエルのドラマシリーズ『Matay Nitnashek』主題歌として使用された。

2000年5月、モトリー・クルーのニッキー・シックスによるサイドプロジェクトである58の『ダイエット・フォー・ア・ニュー・アメリカ』にこの曲のカバーが収録された。

2005年、エルトン・ジョンペット・ショップ・ボーイズがプロモ盤でカバーしたが、商品化はされていない。

キャス・エリオットはこの曲をライブでカバーした。

アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの』で使用され、その歌詞はもっとユーモラスにロマンチックになるよう変更された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Whitburn, Joel (2002年). Top Adult Contemporary: 1961-2001. Record Research. p. 187. 
  2. ^ Roberts, David (2006年). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 411. ISBN 1-904994-10-5. 
  3. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン70s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  4. ^ "Alone Again (Naturally)"
  5. ^ このシングルのジャケットはこのアルバムと同様のイラストを使用
  6. ^ Love, Life, and Feelings track list
先代:
ビル・ウィザース
リーン・オン・ミー
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1972年7月29日(4週)
1972年11月2日(2週)
次代:
ルッキング・グラス
「ブランディー」
先代:
ロバータ・フラックダニー・ハサウェイ
恋人は何処に
Easy Listening ナンバーワンシングル
1972年7月29日 - 9月2日(6週)
次代:
ブレッド
「ギター・マン」