アロンソ・カーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アロンソ・カーノ
Alonso Cano
Alonso cano.JPG
作者不詳の肖像画
生誕1601年2月19日
グラナダ
死没1667年9月3日
グラナダ

アロンソ・カーノ(Alonso Cano Almansa、1601年2月19日 - 1667年9月3日)はスペイン画家、彫刻家、建築家である。スペインのバロック絵画の進展において重要な人物である。

略歴[編集]

グラナダで生まれた[1]。父親のミゲル・カーノはカスティーリャ・ラ・マンチャ出身の彫刻家、建築家で父親から美術を学んだ。グラナダを1614年に訪れた画家のフアン・デル・カスティーリョ(Juan del Castillo: 1593-1657)がカーノの才能に驚き、父親にセビリアで学ばせることを勧めたとされる。1614年か1615年に家族とセビリアに移り、当時セビリアで最も有力な画家のフランシスコ・パチェーコの工房に入った。パチェーコの工房にはディエゴ・ベラスケスが学んでいて、生涯を通じて友人となった。また、彫刻家のフアン・マルティネス・モンタニェース(Juan Martínez Montañés:1568–1649)に彫刻を学んだとされてきた。修行の一方、父親との祭壇画の制作を続けていた。1627年に最初の結婚した妻が産褥で亡くなった後、1631年に画家、フアン・デ・ウセーダ(Juan de Uceda: 1570-1631)の姪と再婚した。

1683年にフェリペ4世の寵臣、ガスパール・デ・グスマンに招かれマドリードに移り宰相付きの画家になり、皇太子バルタサール・カルロス・デ・アウストリアの絵の教師も務めた[1]。マドリードの王宮に集められた16世紀のベネチア派の絵画や、ベラスケスの作品に影響を受け、鮮やかな色使いの人物画を描くようになった。

1644 年に彼の妻が殺害され、アロンソは殺人罪で告発され、拷問も受けたとされるが、有罪は証明されなかった。この事件の後、バレンシアに移り、1年間滞在し、修道院(Convento de San Francisco)で過ごした。

1647年にマドリードの戻り、修道会(Hermandad de Nuestra Señora de los Siete Dolores)の修道士(mayordomo)になった。1651年にグラナダに戻り、聖職の資格を取るための修行をし、1652年に律修司祭(Canónigo)になった。グラナダの多くの修道院、教会の装飾画を描いた。1660年にマドリード、サラマンカに滞在し、司祭に叙階され、グラナダに戻った。亡くなるまで聖職者として働いた。

作品[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Alonso Cano. Arte e iconografía. Catálogo de exposición. Granada: Arzobispado de Granada. 2002. ISBN 84-607-4488-4.
  • GÓMEZ MORENO, Manuel. Alonso Cano, escultor. Archivo Español de Arte y Arqueología. Madrid: 1926, N.º 2.p. 195.
  • GÓMEZ MORENO, Mª Elena. Alonso Cano. Granada: 1954. pp. 34-35 y 66-67.
  • MARTÍNEZ CHUMILLAS, Manuel. Alonso Cano. Pintor, escultor y arquitecto. Madrid: 1949
  • PALOMINO, Antonio (1988). El museo pictórico y escala óptica III. El parnaso español pintoresco laureado. Madrid : Aguilar S.A. de Ediciones. ISBN 84-03-88005-7.
  • PÉREZ SÁNCHEZ, Alonso E. (1992), Pintura Barroca en España, 1600-1750. Madrid: Cátedra, ISBN 9788437609942
  • SÁNCHEZ-MESA MARTÍN, Domingo. El arte del barroco: escultura-pintura y artes decorativas. En: PAREJA LÓPEZ, Enrique. Historia del Arte en Andalucía, t. VII. Sevilla: 1991. p. 211.
  • VÉLIZ, Zahira; CERÓN, Mercedes (2011), Alonso Cano (1601-1667), dibujos: catálogo razonado, Santander: Fundación Botín, ISBN 9788496655775
  • WETHEY, Harold E. (1983), Alonso Cano: pintor, escultor y arquitecto, Madrid: Alianza Editorial, 1983, ISBN 9788420670355