アロンアルフア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アロンアルフア (Aron Alpha) は東亞合成が製造・販売(家庭用はコニシが販売総代理店、高度医療管理機器[1]として第一三共が販売を担当)しているシアノアクリレート瞬間接着剤で、同社の登録商標(日本第748367号)である。

1963年に誕生し、1971年一般家庭用に発売開始。トップブランドであると同時に日本では瞬間接着剤の代名詞となっている。現在は「ボンド アロンアルフアシリーズ」として発売している。

海外輸出も行っており、アジア、北米(ブランド名はKrazy Glue)を中心に世界30カ国以上で発売している。

商品の概要[編集]

(シアノアクリレート系接着剤の一般的性質については、瞬間接着剤の記事を参照のこと)

  • 「一般用」「ゼリー状」「ハイスピード」「プチペン」などシリーズ化されている。
  • アロンとは、前身の矢作工業設立当初、主要製品の商標に弓矢をイメージしたマークを採用していたため、その弓矢を意味する「アロー」と、代表的な合成樹脂のナイロンやテフロンなどの「ロン」と、主成分「アルファシアノアクリレート」の「アルファ」から製品名とした[2]。子会社「アロン化成」も東亞合成からアロンの商標権を使用できるように許諾を得た。
  • 商品名の最後の「ア」は小文字ではない(“アロンアルフ”ではなく“アロンアルフ”)が、読みは『フア』ではなく『ファ』である。

歴代コマーシャル[編集]

奇抜な発想によるコマーシャルが数多く製作され、ACC全日本CMフェスティバルカンヌ国際広告祭クリオ賞などで数々の賞を受賞している。これらのCMでは、映像上の演出なので、一般人は真似を絶対にしないよう呼びかけている[3]

  • ハンマー投の部品をくっつけ試合と同様に回転させて投げる。投げて着地してもその衝撃では外れない。
  • 割れたレコードの破片をくっつけ、再び聞けるようにする。
  • ジープ2台のウインチ先端に付けた金属部品同士を接着剤でくっつけ、瓦礫の斜面から引っぱり上げる。
  • ゴルフボールの上に乗って回っている独楽の軸の接地面にアロンアルフアを垂らし、その後スーパーセットの瞬間液を垂らして瞬時に独楽の回転を止める。
  • 前輪を持ち上げたオートバイ(ウィリー走行)が、アロンアルフアを塗った柱に前輪を当てて停止。すると前輪が柱に接着されてしまい、ライダーが降りてもオートバイは倒れずそのまま立っている(1985年)。
  • 鉄棒にパワーショベルをくっつけて懸垂させる。
  • 風船にアロンアルフアを塗り、ダーツを当てる。風船は割れず、矢がくっついてしまう。
  • 人形アイスホッケーのパックやジェットコースターの先頭車両にくっつけてその耐久性を調べる。
  • 自転車の上に自動車を乗せて走る。
  • 雑技団のメンバーが出演し、公園のシーソーを傾けさせ、そこにアロンアルファを塗ってバク転をする。
  • 同じく雑技団のメンバーが家庭のテーブルでアイロンを接着させ、そこでアイロンを取っ手に逆立ちをする。
  • 近年(1999年製作)のCMでは、日本人が日常的に考える「壊れたら捨てる」(いわゆる「使い捨て」)主義を考え直して、壊れたら直すことを訴える内容のCMが放送された。それにはロボットの人形(フィギュア)や電気スタンド、ハイヒール、挙句には人間自動車までもが捨てられるという社会風刺を取り入れていた。
  • 2010年新作で、ロンドンの2階建てバスの天井をクレーン車で上げて外すというもの。この際画面右下に「これは実験CMです。」という断り書きを入れた。

コマーシャル以外での性能実験[編集]

  • テレビ番組「ほこ×たて」において、アロンアルフアは永久磁石の中で一番反発力の強いネオジム磁石を接着できるのかを実験した。磁石の磁場が働くように、軸にアロンアルフアを塗る方のネオジム磁石を入れた後に接着する磁石をもう一つ入れ、入れておいたネオジム磁石にアロンアルフアを塗り、後から入れたネオジム磁石を接着して30秒間待ち、留め具を外す。留め具を外しても離れなければアロンアルフアの勝ち、離れたらネオジム磁石の勝ちと決めて行われた。結果は全く離れず、ネオジム磁石を完全に接着していた。この事からアロンアルフアは、ネオジム磁石をも接着できる強力接着剤であると改めて証明された。

類似商品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/md/PDF/480011/480011_20600BZZ01301000_1_01_01.pdf
  2. ^ カオスだもんね!PLUS4巻43ページ
  3. ^ 特に、この種の接着剤の特性として、固化すると固いが、そのためにかえって強い衝撃に対してもろい、という性質があり、接着箇所が強い衝撃に耐える必要がある場合は他の補強方法を考慮する必要がある。

参考文献[編集]

  • 読売新聞 2017年7月19日 13面 「ロングセラーの理由」。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]